コーヒー

コーヒーは太る?太らない正しい飲み方とは

コーヒー 太るコーヒー

 

コーヒーはみなさんがよく知っている飲み物だと思います。

 

コーヒーは、飲んでいると太ると思いますか?

それとも痩せると思いますか?

 

コーヒーダイエットというダイエット方法まである一方、太ってしまったという話も聞きます。

今回は、コーヒーは飲むと太るか痩せるか、本当の話をしてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーは太る飲み方をすると太る

コーヒー 太る (1)

ただコーヒーを飲む、というだけでは太ることもなければ、痩せることもありません。

どうやって、どのタイミングにコーヒーを飲んでいるかが、太るかどうかの分け目になります。

 

例えば、お昼の休憩に甘いお菓子と一緒にお砂糖をたっぷり入れたコーヒーを楽しむとします。

この場合、コーヒーに入れる砂糖であったり、甘いお菓子のカロリーであったり、コーヒーとは別の部分が原因で太る可能性があります。

このように、コーヒーをどうやって飲んでいるかが、太るか痩せるかの分け目になります。

 

 

バターコーヒーは太るの?バターコーヒーダイエットの嘘と本当

ダイエットに興味がある方は、バターコーヒーダイエットもご存じでしょうか。

バターコーヒーというのは、シリコンバレーの起業家さんが開発をした、バターを入れた特別なコーヒーです。

かなりのダイエット効果ありといわれる一方、太ってしまったという方もいます。

 

その違いは何かというと、使用する材料と飲む方法です。

使用する材料は、コーヒー、グラスフェッドバター、MCTオイルです。

この、グラスフェッドバターとMCTオイルが重要で、材料を間違えてしまうと逆に太ってしまう可能性があります。

 

また、飲み方にも注意が必要です。

バターコーヒーダイエットは、いわゆる「置き換えダイエット」の一種。

そのため、朝食の代わりにバターコーヒーを飲む必要があります。

 

バターコーヒーはただ飲めば痩せる、というわけではなく、きちんとした材料を使い、正しい飲み方をすれば、ダイエットの効果が得られるというわけです。

ただバターを入れたコーヒーではない、という点をしっかり理解しておきましょう。

 

 

カフェインのせいで太るって本当?

カフェインを含む飲み物を飲んだから太る、ということはありません。

逆に、カフェインは脂肪燃焼の手助けをしてくれます。

そのため、カフェインを多く含んでいるコーヒーを、ダイエットとして飲む方もいます。

 

しかし、カフェインは飲み方や量を間違えると、ダイエット効果を打ち消してしまう可能性があります。

カフェインの適切な摂取量は、コーヒーで例えると1日2~3杯ほどといわれています。

それ以上の量を飲んでしまうと、むくみの原因や体に糖質をため込みやすい体質になる可能性も。

 

また、カフェインの脂肪燃焼作用も、飲んだら脂肪を燃焼してくれるわけではありません。

可能であれば、朝食中から朝食後にコーヒーなどでカフェインをとり、その後少しでいいので運動をしましょう。

運動といっても、散歩程度で問題ありません。

この時に、カフェインの脂肪燃焼作用が働き、普段よりも脂肪を燃焼しやすくしてくれるというわけです。

 

 

スティックコーヒーは太る要素満載?

今は自宅でも手軽にコーヒーが飲めるようになり、スティックタイプのコーヒーも充実しています。

カップに粉とお湯をいれるだけで、本格コーヒーやカフェオレなどが飲めるのでお手軽です。

 

しかし、スティックコーヒーには糖分が含まれているものもあります。

特にカフェオレなどはミルクや砂糖がたっぷり含まれていて、血糖値が上がりやすくなってしまいます。

これが頻繁に続いてしまうと、太る要因になりかねません。

甘いスティックコーヒーの飲みすぎは要注意です。

 

 

朝にコーヒーを飲むと太るの?

朝はまず一杯のコーヒーから。

なんて方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、寝起きでコーヒーを飲んでしまうと、太りやすい体質になってしまう可能性があります。

 

朝、起きてから何も食べていない状態でコーヒーを飲むと、血糖値が急激に上がってしまう可能性があります。

これが続くと、脂肪をためやすい体質になってしまい、結果、太る要因になります。

 

また、コーヒーに入っているカフェインは、胃酸を出しやすくする効果も持っています。

そのため、寝起きで空っぽの胃にコーヒーを入れてしまうと、胃酸が出すぎて胃を傷付けてしまう可能性まで考えられます。

起きてから朝食をとり、空腹を満たしてからコーヒーを飲むようにしましょう。

 

 

豆乳をコーヒーに入れると太るのか?

最近はソイラテなどもよく見かけます。

豆乳は、牛乳と同じくらいのタンパク質を含んでいるのにカロリーは半分以下。

そのため、牛乳の代わりにコーヒーに入れて飲む方が増えています。

 

ブラックコーヒーと比べるとカロリーは高くなってしまいますが、だからといってこれだけで太るということはありません。

さらに、豆乳に含まれるイソフラボンという成分は、女性にとっては嬉しい効果をもっています。

女性ホルモンを活性化してくれるので、美容にもアンチエイジングにもいいという、美容効果バツグンの飲み物です。

 

しかし、少ないとはいえ豆乳にもカロリーは存在します。

また、豆乳もいろいろあり、成分が調整されていて飲みやすいものは、砂糖なども加えられています。

飲みすぎてしまうと、逆にカロリーをとりすぎて太ってしまう結果になりかねません。

飲む量には十分気を付けましょう。

 

 

コーヒーを飲みすぎると太る可能性もあり

いろいろなコーヒーの飲み方を紹介してきましたが、改めていうとコーヒーを飲むだけで太る、ということはありません。

しかし、飲みすぎている人は要注意です。

 

コーヒーに含まれているカフェインが、脂肪燃焼に効果があることは説明しました。

そして、カフェインはこれ以上摂取するとよくない、という量があります。

成人男性だと、約200mg~300mgが限度です。

 

と、数値で表されてもピンとこないかもしれませんが、コーヒーでいうと1日に3杯程度です。

ただし、カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。

紅茶に緑茶、ほうじ茶にウーロン茶など、ふだんからよく飲む物にも含まれています。

 

そのため、コーヒーを1日3杯、ウーロン茶2杯、紅茶を…と飲んでしまうと、すぐに限度を超えてしまいます。

もし限度を超えてしまうと、体の中の塩分バランスが崩れてしまい、むくみやすい体質になってしまいます。

コーヒーは飲んでも太らない、ではなく、コーヒーは適切な量なら飲んでも太らない、と覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーにまつわる「太る」と「痩せる」の話題をご紹介してきました。

どの飲み方も、適切な方法で、正しい量を飲めば太ることはない、という点が共通しています。

 

そのため、コーヒーは飲み方によって痩せることもできるし、太ってしまうこともあります。

コーヒーはダイエットによいからと、ただ飲むのではなく、飲み方や方法をしっかりと調べてから飲むようにしてみてください。

 

 

 

  1. 風邪をひいてしまったらコーヒーは飲まない方がいいのでしょうか?
  2. コーヒー飲んだ後の口臭を消すには何が良い?予防対策には?
  3. コーヒーにもアレルギーがあるってご存知でしたか?
  4. コーヒー飲んだら気持ち悪い…頭痛がする。原因と対策を解説!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミュウズ Cafe
タイトルとURLをコピーしました