コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じるのは、いくつかの原因が考えられます。

「いつもは平気なのに、今日はなんだか気持ち悪い」

「おいしいコーヒーを飲みたいけど、気分が悪くなるから飲めない」

 

本当は楽しくコーヒーを飲みたいのに、

飲んだ後の気持ち悪さが気になって、飲むことができないのは悲しいですよね。

しかし、原因と対策を理解すれば、おいしいコーヒーを飲むことを諦めずにすむかもしれませんよ。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じる原因と対策」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

コーヒーを飲んだら気持ち悪い!なぜ?

コーヒー 気持ち悪い (2)
コーヒー

 

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じる原因は大きく3つ考えられます。

1.酸化したコーヒーを飲んだ

2.コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸の働き

3.体調や体質によるもの

 

それでは、それぞれ解説していきます。

 

酸化したコーヒーを飲んだ

焙煎後のコーヒー豆は時間とともに、

味や香りなどの品質が劣化していきます。

 

これは一般的に、コーヒー豆に含まれる油脂成分の酸化によるもの。

この酸化が進んだ油脂が体内に吸収されると、

気持ち悪いと感じたり、胸やけの症状を引き起こすことがあるといわれています。

 

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸の働き

コーヒーには中枢神経興奮作用や利尿作用、

血圧上昇などの急性作用があります。

主に、こうした急性作用の原因は、

カフェインによるものと考えられています。

 

このカフェインの作用には、胃液の分泌を促進するというものがあり、

それによって胃が荒れてしまい気持ち悪いと感じることがあります。

 

また同様に、

コーヒーに含まれるクロロゲン酸にも胃液の分泌を促進する作用があるといわれています。

 

 

体調や体質

肝機能が弱っていると、

カフェインによって引き起こされる作用が強く表れ、気持ち悪いと感じる可能性があります。

 

これは、肝臓によるカフェインの分解機能を弱めてしまうため。

 

また、カフェイン過敏体質という

カフェインの影響をうけやすい人もごくまれにいるといわれています。

 

この体質の原因は、

体調などいろいろな要素が関係するといわれていますが、はっきりとその仕組みは判っていません。

 

 

 

カフェインの利尿作用で口臭の原因にも

また、カフェインの利尿作用は、身体の水分を減少させる事に繋がる可能性もあります。

その結果、口内の唾液分泌量の減少を起こす可能性があります。

口内の唾液分泌量が減少すると、口臭の原因にもなってしまいます。

 

コーヒーを飲んだ後は、ガムを噛むなどして、唾液の分泌を促してあげると、口臭を発生する予防にもなります。

 

 

 

コーヒーを飲んで気持ち悪い時の治し方

コーヒー 気持ち悪い (3)
コーヒー

 

コーヒーを飲んだ後に、

気持ち悪いと感じないための対策を紹介していきます。

 

コーヒーを飲んだ後に水を飲む

水を飲むと、

胃の中のコーヒー成分が希釈されて、症状が起きにくくなることが予想されます。

 

また、胃酸が過剰に分泌されている場合、

水分によって胃酸の刺激を減らす効果も期待できるでしょう。

 

しかし、冷たい水は胃の負担を増やしてしまう可能性があります。

気持ち悪いと感じる前に、

氷の入っていない水を飲むと予防になるでしょう。

 

 

新鮮な豆で淹れたコーヒーを飲む

コーヒー豆の新鮮さを見た目で判断するのは、非常に難しいです。

新鮮さを判断する目安としては、

コーヒー豆の焙煎日からどのくらい経過しているかで、ある程度判断できます。

 

しかし、レギュラーコーヒーやインスタントコーヒーには

製造日の記載は義務付けられていません。

 

たとえ賞味期限内であっても、

豆の保存環境によっては、気持ち悪いと感じる原因になってしまう可能性があります。

 

焙煎した日が記載されているコーヒー豆は、

自家焙煎したコーヒー豆を量り売りしてくれるようなお店で購入することができます。

 

最近ではインターネット上で、

焙煎直後の豆を送ってくれるようなお店も増えてきていますので、

近くにお店がなくても購入することが可能です。

 

また、抽出したコーヒーも、少しずつ酸化が進んでいきます。

せっかく新鮮な豆をつかって淹れても、

飲み残して時間が経ったコーヒーは、味にえぐみが出て気持ち悪いと感じてしまう原因にもなります。

抽出したコーヒーは、

味が落ちる前に飲み切るようにしましょう。

 

 

ミルクを入れたり食事と一緒にコーヒーを飲む

コーヒーにミルクを入れて飲むと、ミルクが胃の粘膜を保護してくれます。

胃酸による刺激を減らし、急激なカフェインの吸収を抑えてくれるため、気持ち悪いと感じるのを軽減する効果が期待できます。

 

どうしてもブラックで飲みたい!という人は、食事と一緒にコーヒーを飲むとよいでしょう。

食事と一緒に飲むことで、胃酸の分泌促進が消化を助け、胃への刺激を和らげてくれます。

 

 

体調不良の時は飲まない

体調が悪い時には、コーヒーを控えた方がいいでしょう。

そんなのあたりまえ、と感じるかもしれません。

 

しかし、コーヒーによる覚醒作用を目的として、

疲れているときや、寝不足の時に飲むという方は、めずらしくないのではないでしょうか。

疲労やストレスは、免疫力や、臓器本来の機能を低下させてしまいます。

 

気持ち悪いと感じてしまわないためにも、コーヒーを飲むのは体調の良いときにしましょう。

 

 

まとめ

 

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じる原因は、

・酸化したコーヒーを飲んだ

・コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸の働き

・体調や体質

などが考えられます。

 

 

気持ち悪いと感じないための対策は、

・水を飲む

・新鮮なコーヒーを飲む

・ミルクや食事と一緒に飲む

・体調不良の時は飲まない

になります。