注目キーワード

コーヒーの脱臭剤の作り方|レンジで簡単に!靴や下駄箱に!

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・コーヒー粉の残りかすを脱臭剤にする方法

・コーヒー豆の消臭、脱臭効果について

ペーパーフィルターに残ったコーヒーかすは脱臭剤として有効活用出来ます。

こちらの記事を読んでくださいますと、

「コーヒー粉の残りかすを脱臭に使う方法」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

コーヒーの脱臭剤の作り方!レンジで簡単に出来る!

コーヒー 脱臭剤 作り方

 

とても簡単です。

ドリップした後のペーパーフィルターに残ったコーヒー粉の残りかすを、

粗熱が取れたら小皿等に移します。

そのままでも脱臭剤として使えます。

 

コーヒーの脱臭剤の作り方|湿ったままでも乾燥させても脱臭剤になります

湿ったままであれば、トイレ冷蔵庫の中で使うのがおすすめです。

カビが生えてしまう恐れもあるので、2日で取り換える必要があります。

 

乾燥させて使う場合は1週間~1ヶ月使う事が出来ます。

臭いだけでなく湿気も吸うので、湿気ってきたら交換してください。

 

 

コーヒーの脱臭剤の作り方|乾燥させて使う場合、乾燥の仕方=レンジを使う

・天日干し

・電子レンジ

・フライパンで炒る

関連記事

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じるのは、いくつかの原因が考えられます。「いつもは平気なのに、今日はなんだか気持ち悪い」「おいしいコーヒーを飲みたいけど、気分が悪くなるから飲めない」 本当は楽しくコー[…]

コーヒー 気持ち悪い

 

 

コーヒー脱臭剤は靴に、下駄箱にも置くのも良い。その他、気になる場所へ

 

では、どういった場所であればコーヒーかすの脱臭剤を使えるのでしょうか。

コーヒーかすを置けない場所は特にありませんが、湿ったままのコーヒーかすの方が

良い場所と、乾燥しているコーヒーかすの方が良い場所があるので、解説していきます。

 

コーヒーの脱臭剤|靴の中に入れれば脱臭効果

靴の中に入れるときは、乾いたコーヒー脱臭剤が良いです。

ストッキングに入れて、外でシッカリ乾かす。

カラカラになったら、好きな布で包んで、靴の中へ。

 

コーヒーの脱臭剤|脱臭効果が発揮される置き方

 

コーヒーの脱臭剤|トイレ

コーヒーかすは、湿ったままのものを使うと良いです。

特に消臭、脱臭には気を使うトイレですが、コーヒーかすはそんなトイレの脱臭効果を

発揮してくれます。

 

トイレ内に置いておくだけでも良いですし、サニタリーエリアの脱臭も出来ます。

また、掃除のときに洗剤ではなくコーヒーかすを撒いてから磨いても良いです。

 

コーヒーの脱臭剤|冷蔵庫

ペーパーフィルターからコーヒーかすを出さずに小瓶などに入れて、そのまま

冷蔵庫内に置くと良いです。

冷蔵庫は食材が置かれているので、臭いが強いものを入れている場合は

その食べ物の近くに置きましょう。

 

ちなみにキッチンのシンク下に置いておくと虫よけにもなります。

 

コーヒーの脱臭剤|下駄箱

乾燥させたコーヒーかすを使うと良いです。

脱臭だけでなく、除湿効果や防カビ効果も発揮されます。

 

乾燥させたコーヒーかすをストッキングやお茶のパックなどに入れて靴の中に

入れておけば、靴の中の消臭、脱臭も出来るので、特に冬に履くブーツに有効活用出来ます。

 

コーヒーの脱臭剤|三角コーナーや排水溝

乾燥させたコーヒーかすが良いです。

生ごみを捨てる為、臭いが付きやすい三角コーナーや排水溝は特に臭いが気になります。

感想したコーヒーかすを入れておけば除湿しながら脱臭もしてくれます。コーヒーかすが

流れるので、そのまま排水溝のぬめり取りの役割も果たしてくれます。

 

 

コーヒーの脱臭剤|コーヒーかすには活性炭の5倍の脱臭効果!期間は2〜3日

コーヒー 脱臭剤 作り方

 

多くの人は、コーヒーをドリップした後ペーパーフィルターに

残ったコーヒーの残りかすをフィルターごと捨てていると思いますが、

実はこのコーヒーかすには脱臭効果があるのです。

コーヒーの脱臭剤|活性炭の5倍の脱臭力

コーヒー粉には無数の穴が開いており、そこに水分が加わると

脱臭効果を発揮します。

無数の穴は臭いの成分を吸収しやすい状態となっており、そこに水分が

加わると脱臭の効果を高めてくれます。

 

その効果は、なんと活性炭の約5倍ともなると言われています。

コーヒー粉は酸性なので、アルカリ性の嫌な臭いをどんどん吸収してくれるので、

脱臭剤として適しているのです。

 

コーヒーの脱臭剤|コーヒーのかすの脱臭効果が持つ期間は2〜3日

効果はあまり長くは持ちません。

だいたい2〜3日が期間の目安です。

コーヒーの香りがしなくなってきたら、脱臭効果は薄らぎます。

 

2〜3日したら交換時です。

関連記事

コーヒーを自宅で淹れるには、いくつかの方法があります。そのなかで、初心者でも簡単にコーヒーを淹れることができるといわれているのが「フレンチプレス」です。今回は、そのフレンチプレスの特徴や使い方について解説していきます。[…]

コーヒー フレンチ

 

 

まとめ

コーヒーかすは脱臭効果があるので捨ててしまう事は勿体ない事なのです。

湿ったまま使う場合は、脱臭をメインとしていますのでトイレや冷蔵庫に。

乾燥させて使う場合は、脱臭だけでなく除湿効果や防カビ効果、ぬめり取りにも

使えるので、下駄箱や三角コーナー、排水溝等に使うのが効果的です。

関連記事

焙煎後のコーヒー豆は、空気、温度、湿度、光などの条件によって風味や香りがどんどん劣化していきます。 この条件を適切に管理して保存することで、おいしく飲める期間を延ばすことができます。&nbs[…]

コーヒーの保存
コーヒー 脱臭剤 作り方
最新情報をチェックしよう!