コーヒー

コーヒーに油膜?|汚れ(洗い残し)ではありません!大事なもの

スポンサーリンク
コーヒーの油膜コーヒー

コーヒーをいれた時、コーヒーに油膜が浮いてるのを見たことありませんか?

あれ?カップに油汚れでも残ってたかな?

なんか汚いからティッシュでとって捨てよっと…

ちょっと待ってください!

その油膜は汚れじゃないんです!

実はそれ、コーヒーにとって大事なものなんです。

今回は、コーヒーに浮いてる油膜が何なのか。飲んでも大丈夫なのか?

調べてみたので紹介します。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの油膜は汚れじゃない

コーヒーの油膜

 

コーヒーに浮いてる油膜、もしかして、カップやコーヒーメーカーについた、洗い残しの油汚れって思ってません?

そう思っていくらカップを洗っても、いつも油膜が浮いてきますよね。

だって、その油膜は汚れではなくて、コーヒー豆の持ってる油ですから。

 

コーヒーの油膜はコーヒー豆の持つ油

コーヒーに浮かんでる油膜は、コーヒー豆自身が持ってる油が浮き出たものです。

なたね油とか、ごま油、ピーナッツオイルとかいいますよね。

それと同じで、種や豆って油膜をつくる油を持ってるんです。

 

他の種や豆だとあえてそれを取り出して、食用油として使ってるくらいなので、コーヒーに浮いてる油膜も、汚いものではないし、飲んでも全然安全です。

 

コーヒーの油膜を汚れと思ってる人は多い

一度知ってしまえば、コーヒーに浮いてる油膜を汚れと間違うことはありませんが、知らないと、ちょっと汚いものに見えますよね。

コーヒーに浮かぶ油膜は、水に浮かぶ石油みたいに虹色でギラギラしていて、食器の洗い残しじゃないかって疑ってしまいます。

 

実際、知らないと、友達の家でコーヒーを出された時とか、「あっ、コップちゃんと洗えてない」なんて勝手に思って、内心嫌な気持ちになってしまったりします。

カフェの店員さんなんかもコーヒーの油膜を汚れと勘違いしたお客さんに、クレームを言われることってけっこうあるみたいです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの油膜は何で出るの?

コーヒーの油膜

 

コーヒーの油膜が汚れでないとしても、コーヒーをいれた時、油膜が多いのと少ないのってありますよね。

この違いってなんなのでしょう?

 

コーヒーの油膜の量|豆の焙煎度合い

コーヒーの油膜の多さは、コーヒー豆の焙煎の度合いで変わってきます。

コーヒー豆が生の時から油分はあるんですけど、それを煎ることで水分が飛ばされて、浅煎りから深煎りになるほど、油分が比率的に増えます。

あと、熱を加えて煎ることで、コーヒー豆に傷やき裂ができて、中の油分が出てくるんですよ。

だから、煎った直後のコーヒー豆や深煎りの豆ってテカテカしてるんですよね。

そういうコーヒー豆を使うと、入れた時に油膜も多くなります。

 

コーヒー豆の油膜の量|フィルターの違い

コーヒーの油膜の量は、コーヒーを抽出するときのフィルターでも変わってきます。

紙のフィルターだったら、油膜になってた油が紙に吸収されちゃいます。

コーヒーメーカーで使われてるメッシュのフィルターや金属のものだと、吸収されないで伝って落ちてくるので、油膜は紙より増えますね。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの油膜|あるとい何がいいの?

コーヒーの油膜

 

汚れかと間違うコーヒーの油膜ですが、見た目的にあれでも油膜って、あった方がいいんでしょうか。

健康面だとどうなんだろって、気にならないですか?

 

コーヒーの油膜はアロマ

コーヒーの油膜って実はけっこう大事なもので、この油膜が香りとか風味を引き立ててるんです。

いわゆるアロマみたいな効果があって、コーヒー屋さんだと、あえてこの油膜を沢山引き出そうとしてるとこもあるくらいなんですって。

油膜が多いと、甘みとかコクが感じられて、むしろ、コーヒーに油膜はなくてはならないものくらいな感じです。

 

コーヒーの油膜は健康にいいの?

コーヒーの油膜は健康面だとどんな効果があるんでしょうか?

実はとくに取り立てる程のものはありません。

油膜が健康によかったとしても、コーヒー一杯にたいして、表面をわずかに漂う程度の量、摂取するにも気にしなくていい量です。

それよりも、コーヒーの油膜が酸化してダメになってた方が問題です。

コーヒーの油膜が酸化しちゃうと、香りや風味が悪くなっちゃうので、飲んでておいしくないですからね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーの油膜がどういうもか分かりましたか?

コーヒーの油膜はコップについた洗い残しの汚れではありません。

その可能性がないとはいえませんけど(笑)

でも、基本的にはコーヒーに油膜はあるものなので、嫌な気分で飲む必要はないですね。

ただ、お家でお客さんにコーヒーを出す時は、もしかしたら相手がそう思ってるかもしれないので、うんちくついでに、油膜の話でもしてみるといいかもしれませんね。

コーヒーの油膜はコーヒーにはかかせない、香りと風味を引き出すアロマなんですよって。

 

 

タイトルとURLをコピーしました