コーヒー

コーヒーの賞味期限はいつまでか?賞味期限切れるとどうなる

スポンサーリンク
コーヒー 賞味期限コーヒー

コーヒーの賞味期限はいつまでなのか、ご存知でしょうか。

また、賞味期限が切れたコーヒーは、飲めないのでしょうか。

コーヒーの賞味期限について、解説します。

 

 

スポンサーリンク

コーヒー 賞味期限はいつまでか?賞味期限が切れるとどうなるでしょう。

コーヒー 賞味期限 (1)

ついうっかりコーヒーの賞味期限を忘れてしまうことがあります。

開封前のインスタントコーヒーならば、容器に記載されている賞味期限が目安になります。

開封してしまうと、容器に記載されている賞味期限は、参考にならなくなります。

 

また、コーヒーショップから買ってきたコーヒー豆の場合は、どうでしょう。

焙煎した豆のままなのか、既に粉に挽いているマメなのかによっても異なります。

 

 

 

コーヒー豆の賞味期限切れは いつまでか?

コーヒーの賞味期限は、状態によって異なります。

賞味期限は、焙煎した豆の状態なら、約30〜90日(保存状態で違います)。

豆を挽いて、粉の状態なら、豆を挽いてから約2週間以内が賞味期限になります。

コーヒー豆は、真空包装や、冷凍保存されていると、もう少し長く保存することができます。

しかし、基本的には、コーヒーは、思っているよりもかなり速いスピードで、酸化してしまうことを覚えておくと良いです。

 

 

コーヒーの袋に書いてる賞味期限1年?2年?

コーヒーを購入してくると、豆を挽いて袋に入っている状態のもので、賞味期限が1年の日付が記載されています。

しかし、買った経験のある方なら、分かると思いますが、袋にはガスを抜き為の小さい穴があります。

つまり、真空包装などの密封状態ではないことになります。

この場合、コーヒーの酸化は進んでいると考えた方がいいです。

 

実際、コーヒーの粉のはいった袋に記載された日付よりも、半年以上前であったのに、購入してから3ヶ月ほど経過した時点で、飲まれたコーヒーは、完全に酸化していたとの情報もあります。

 

一方で、豆の状態で、真空包装などで密封されている状態なら、賞味期限は、焙煎してから2年は大丈夫とされています。

 

 

コーヒーの挽いた豆=粉なら賞味期限切れは、約2週間と考えるべき

焙煎した豆を挽いてから、2週間を目安に、飲みきるのがおすすめです。

なるべく空気に触れさせないで、冷暗所に保存すれば、もう少し日にちを伸ばせると思います。

1番良いのは、小分けで、冷凍することです。

 

 

コーヒーの生豆の場合は

最近は、自宅で焙煎をするコーヒー好きの人も増えているようです。

焙煎する前の生豆の状態で、コーヒー豆を購入して、焙煎機で焙煎するのです。

生豆の状態での賞味期限は、一般的に、2年ほどは大丈夫といわれています。

ただ、この期間は、生豆を買ってからではなく、収穫をしてからの期間です。

 

 

賞味期限切れのコーヒーはどうする

賞味期限切れのコーヒーは、どうしているでしょうか。

恐らく、そのまま捨ててしまう人が多いかも知れません。

 

期限切れになってしまうのは、コーヒー豆を挽いた後の粉の場合が多いと思います。

その場合、そのまま捨ててしまうのではなく、再利用に役立ててください。

最も有効なのは、消臭剤として使う方法です。

袋や容器に入れて、靴箱やトイレ、冷蔵庫に入れて消臭剤として利用可能です。

コーヒーを飲んだ後の出がらし状態のコーヒー粉も同様に、消臭剤として利用できます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーは、状態(豆か粉)によって、賞味期限が異なります。

ご注意ください。

賞味期限を過ぎたコーヒーは、酸化しています。

酸味がして、コーヒーの風味はなくなり、人によって、腹痛になったり、してしまいます。

 

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーの役立つ知識|知っておいて損はない!
  3. コーヒーの酸味が苦手の人にとっては意外な話かも?
  4. コーヒーは腐るのか?白い粉や黒い塊の正体は!?
  5. コーヒーかすの消臭剤の作り方|レンジで簡単に!靴や下駄箱に!
  6. コーヒー豆には苦い種類がある!焙煎によっても変わります
  7. コーヒー粉は冷凍庫で保存がベスト!冷凍なら保存期間は2週間OK!
  8. コーヒー豆の人気ランキング!酸味少ない豆5選!酸味苦手という人へおすすめ
  9. コーヒーの賞味期限はいつまでか?賞味期限切れるとどうなる *当記事
タイトルとURLをコピーしました