犬にコーヒー豆は毒!コーヒーの粉もなめたら大変!

犬がコーヒー飲むと大変、特に粉と豆

犬を飼ってる人は、食べ物には気をつかってると思います。

とくに室内で飼ってる場合だと、人間の食べ物にも触れやすくなります。

犬は人間の食べ物にも興味津々なので、見てない間に口にするかもしれません。

その中には、犬にとって良くない物も当然あることでしょう。

その口にしたのがコーヒーだったら?

犬にとってコーヒーはどう作用するのか?

今回は、コーヒーの犬への影響をまとめました。

目次

犬にコーヒー豆は毒!コーヒーの粉もなめたら大変!

犬にコーヒーは毒です

コーヒーをよく飲む人なら、飲みかけのコーヒーを、放ったらかしにしてたなんてあると思います。

もし、それを犬が飲んでしまったら、犬は大丈夫なんでしょうか?

犬がコーヒーを舐めるのはダメ

コーヒーは人にとっては、健康にいい飲み物です。

でも、それが犬や他の生き物にも良いとは限りません。同じく、猫にとってもカフェインは毒でしかありません。十分すぎるほどに、注意をしておかないと、後悔しても仕切れないことが起きてしまいます。

コーヒーには、言わずと知れたカフェインが含まれています。

カフェインは、覚醒や鎮痛の作用があります。

同時に、飲み過ぎると吐き気や頭痛、精神が不安定になったりもします。

人でさえ、そんな作用があるのですから、体の小さな犬には、より少ない量でも症状が現れます。

微量で影響があるものではありませんが、犬には与えないようにして下さい。

犬がコーヒーを飲んだら、まずは様子を見て

犬がコーヒーを飲んでしまったら、まずは様子を見てください。

人の場合、血中のカフェイン濃度が最大になるのは、30分〜1時間程です。

体の小さな犬なら、その巡りはもう少し速いと思われます。

少量なら、普通にしてて変わりなければ大丈夫です。

もし、吐いたり痙攣、興奮、具合が悪そうなら動物病院へ連れて行きましょう。

コーヒーフレッシュは犬に大丈夫なのか

ご存知かと思いますが、コーヒーに入れるミルは、コーヒーフレッシュと言います。

コーヒーフレッシュは、実は牛乳ではなく、「油」で出来ています。

油に、乳化剤を入れてミルクのようになっています。

添加物も多く含んでいますので、基本的には、あげない方がいいものです。

実際に危ないのは、コーヒーフレッシュの容器ごと食べてしまうことです。

プラスチックの容器は、消化するはずもありません。

吐いてくれれば良いですが、最悪の場合、手術になりますので、ご注意ください。

犬がコーヒー牛乳を舐めた場合は大丈夫なのか

犬がコーヒー牛乳を舐めた場合、犬の体重や飲んだ量にもよりますが、中毒症状を引き起こす可能性があります。

犬がコーヒー牛乳を舐めた場合は、すぐに水を飲ませ、吐かせるようにしてください。

甘く考えるのは、やはり危険です。また、犬が下痢や嘔吐などの症状を起こした場合は、すぐに動物病院に連れて行ってください。

犬にカフェインレスコーヒー・デカフェなら大丈夫か?

カフェインが苦手な人は、カフェインレスやデカフェを飲んでいると思います。

では、犬も大丈夫なのか、といえば、実はダメです。

カフェインレスコーヒーとは、90%以上カフェインを除去したものです。

注意が必要なのは、ゼロでは無いということで、わずかながらにカフェインを含んでいます。

デカフェは、カフェインレスと同じようにカフェイン除去したもののフランス語です。

ノンカフェインは、元々全く入っていないものです。

ですので犬が身近にいる環境で安心してコーヒーを飲むのなら、カフェインレスでもデカフェでもNGということです。念のためと考えるなら、ノンカフェインコーヒーにしておくことです。

犬がコーヒーで死んだ事例もある

犬がコーヒーで死んだ事例はいくつかあります。例えば、2018年には、アメリカのミシガン州で、1歳の犬がコーヒーを飲んで死亡しました。犬は、飼い主が淹れたコーヒーの残りを飲んでしまったとのことです。犬は、コーヒーを飲んだ後、吐き気や下痢などの症状を起こし、死亡しました。

また、2019年には、オーストラリアで、2歳の犬がコーヒーを飲んで死亡しました。犬は、飼い主が飲もうとしていたコーヒーを飲んでしまったとのことです。犬は、コーヒーを飲んだ後、興奮や痙攣などの症状を起こし、死亡しました。

犬にとってコーヒー豆の致死量は?

カフェインによる中毒は人にもあり、その量は個人差があるものの、おおよそ目安があります。

犬においてもその目安が分かっています。

犬がコーヒー誤飲|どれくらい飲んでたら危険?

犬にとってのカフェイン量は、1kgあたり20mgのカフェインで、下痢や嘔吐をします。

40~50mgで循環器感に影響が出ることがあります。

致死量は1kgあたり約140mg程と言われています。

小型犬のトイプードルやミニチュアダックスフンド、チワワなどは、体重が1.5〜5kg程です。

その範囲の体重だと、下痢や嘔吐は30〜100mgほどになります。。

致死量は210〜700mg程になります。

コーヒーは一杯150mlあたりで通常90mgのカフェインがあります。

小型犬が半分〜一杯のコーヒーを飲むと、嘔吐や下痢の危険性があります。

2〜8杯で致死量という計算になります。

体重10kg程の柴犬で、致死量は15杯程になります。

それ以上の中型犬や大型犬になると、人ですら途方もない量になります。

犬がコーヒーカップ内のコーヒーを舐めた! 危険値は低めです

繰り返しになりますが、犬がコーヒーを飲んで致死量に達するには、体の割に相当な量を飲むことになります。

そのためコーヒーを舐めた程度の場合なら危険値は低いはずです。しかし人間の場合でもカフェインの耐性は個人差が大きいです。実際少量のコーヒーでも、合わないという人はいます。

犬の場合も可能性が無いとはいいきれません。

つまり致死量に至るほどのカフェイン量を飲んでしまうことは、現実には起きる可能性はとても低いのですが、それはあくまでも一般的なデータからの予測ということです。

犬の場合でも個体差の可能性があります。コーヒー一杯までの量を飲んでいないとしても、ある程度の量を飲んでしまうと、体調不良やカフェイン中毒の症状になる可能性はあるのです。飼い主の対策としては、飲みかけのコーヒーを置いたまま席を離れることはしないことが大事です。

人間の場合でも体が小さい子どもの場合や、妊婦が飲むコーヒー(カフェイン)が胎児に及ぼす影響もあり得ます。

犬がコーヒー豆や粉を食べたら危険!

液体のコーヒーならカフェインも薄まってますが、豆や粉は大変です。

インスタントコーヒーを考えれば分かりますが、一杯のコーヒーはスプーン1〜2杯分です。

また、コーヒー豆を挽くときに、コーヒー豆が一粒うっかりとこぼれて、フードと間違えた犬が食べてしまうことって日常的にありそうではないですか。

カフェインは、深煎りよりも浅煎りの方が多く含んでいます。焙煎具合によりますが、大まかな目安としては、豆一粒の重さが、0.2gくらいと思います。

その一粒に含まれるカフェイン量は、推定ですが1〜2mgとなります。ですので、一粒食べて中毒になることは、そうそうないことだとは思いますが、人間と同様に個人差・個体差があります。

豆や粉をペロペロと食べてしまった場合は、様子をよく観察して、病院に行くことも考えておきましょう。

犬がコーヒー豆を一粒食べた場合

犬がコーヒー豆を一粒食べたとしても、すぐに病院に行く必要はありません。しかし、犬の様子を注意深く観察し、異常がある場合はすぐに病院に行く必要があります。

繰り返しですが、コーヒー豆は犬にとって有毒だからです。

コーヒー豆に含まれるカフェインは、犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。カフェインは、犬の心臓や呼吸を速め、吐き気や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。また、カフェインは犬の神経系にも悪影響を及ぼし、震えやけいれんなどの症状を引き起こす可能性があります。

犬がコーヒー豆を食べた場合は、できるだけ早く吐かせるようにしてください。吐かせることができない場合は、動物病院に連れて行く必要があります。動物病院では、犬の様子を観察し、必要に応じて治療を行うことができます。

犬がコーヒー豆を食べないようにするためには、コーヒー豆を犬の手が届かないところに保管してください。また、コーヒー豆を淹れる際には、犬をキッチンから遠ざけてください。

犬はコーヒーが好きか嫌いか?

そもそも、犬はコーヒーが好きか嫌いか?この点については、一般論としては、犬はコーヒーを嫌う傾向にあると言われます。

しかし個体差がありますので、甘く考えるのは危険です。

あくまで一般論としては、コーヒーには犬が苦手とするカフェインやタンニンが含まれていることやコーヒーの香りを不快に感じるという説があります。

しかし飼い主の匂いがついている可能性もあり、食べたり飲んだりしてしまう可能性がないとは言えません。万が一食べたり飲んだりすることは、防がなくてはなりません。

コーヒーかすを庭にまくと犬には危険|犬よけとしてまくのは

よく電柱におしっこされないように、犬よけでコーヒーが有効なので言われます。それが本当なら犬はコーヒーが嫌いとなります。

しかし一方で「ブリーダーナビ」のサイトでは、犬にとってコーヒーの匂いは嫌いじゃないとあります。犬がコーヒーを避けることは、絶対ではないと考えたほうが良さそうなのです。

コーヒーかすは犬にとって危険です。コーヒーかすにはカフェインが含まれていて、犬はカフェインに耐えることができません。

カフェインを摂取すると、犬は吐き気、下痢、震え、興奮、痙攣などの症状を引き起こす可能性があります。また、心臓発作や死亡に至ることもあります。

犬はコーヒーの匂いより、カフェオレのミルクが好き?

犬がコーヒーを飲んでしまう要因として、カフェオレにミルクが入ってるからかもしれません。

普段飲んでるミルクなら、匂いにつられて、コーヒーが入ってても飲んでしまうかもしれません。

そもそも、人の口にしてるものには好奇心旺盛です。

コーヒーですら気になって飲んでしまうので、飲みかけやコーヒー粉の保管には注意しましょう。

まとめ

コーヒーは犬にとって、命の危険に関わる有害なものだと分かりました。

具体的には、コーヒーのカフェインです。

致死量には、相当な量を飲まなければ大丈夫ですが、個人差があるので安心も出来ません。

なにより、コーヒー粉や豆は少量で、多量のカフェイン摂取につながってしまいます。

くれぐれも犬にコーヒーは近づけないようにしましょう。

関連記事一覧

  1. 健康
  2. コーヒーで体調不良とされてきた大きな誤解
  3. 生理中にコーヒーは?痛みが和らぐが貧血が心配?
  4. 授乳中のコーヒーはやめておいた方がいい!デメリットしかない
  5. コーヒーは妊婦さんに悪影響?でも2〜3杯ならOK
  6. 子供がコーヒーを飲むと害のある影響があります
  7. 犬にコーヒー豆は毒!コーヒーの粉もなめたら大変!(当記事)
  8. 猫にコーヒーは絶対だめ!舐めてしまったら病院へ直行
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

管理人のmyu221です。コーヒー好き40数年の管理人がコーヒー関連の記事を書いています。コーヒーの種類や飲み方、それに健康に関すコーヒーの作用や影響などです。

目次