コーヒー

薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?

スポンサーリンク
薬 飲んだ後 コーヒーコーヒー

薬を飲む時は、水やぬるま湯で飲むようにと言われています。

水以外じゃダメなんでしょうか?

たまたま水がなくて、お茶やコーヒーしかない…なんて時ありますよね。

 

または、薬を飲んだ後に、コーヒーを口にしていいのかも気になるとこです。

飲薬後のコーヒーは、何かお腹の中で起きてしまうのか?

今回は、そのあたりをまとめました。

 

スポンサーリンク

薬を飲んだ後にコーヒーは大丈夫?

薬を飲んだ後のコーヒー

薬はたいてい食前や食後に服用します。

コーヒーも食後に飲むのが多く、どうしてもタイミングがかぶります。

どっちも同じタイミングで口にして大丈夫なんでしょうか?

 

薬を飲んだ後にコーヒーは、ちょっと待って!

内服薬は、体内で溶けると成分が分解されて体に吸収されます。

基本的に薬は、水と一緒に取り込むと、正常に吸収されるように出来ています。

そのため、水じゃない飲料で流し込むのはオススメしません。

 

食品の中には、成分によって薬の吸収を妨げたり、効き目を増長させるものがあります。

コーヒーには、カフェインやタンニンが、場合によっては悪影響を及ぼしかねません。

 

カフェインの場合、飲んでから血中濃度がピークに達するのは30分〜1時間程です。

そして、濃度が半減するまで4時間程かかります。

もちろん、個人差はありますが、薬の効果やカフェイン効果は、それ程時間の幅があるのです。

 

よく薬は、朝昼晩の食前後に飲むよう言われます。

これは、飲むのを忘れないためもありますが、薬の切れる時間の目安もあるからです。

少し時間をずらしたぐらいでは、どちらも作用時間がかぶるのです。

 

薬を飲んだ後にコーヒーは、カフェイン取り過ぎの危険

カフェイン中毒はよく知られています。

ですが、実際にコーヒーをちょっと飲み過ぎたくらいじゃ、そう簡単にはなりません。

 

コーヒーで危険値のカフェイン量に達するには、かなりの量を飲まないといけないからです。

しかし、薬だと小さな粒で簡単にボーダーラインを突破できます。

そのため、カフェインを含んだ薬を飲んだ後のコーヒーは、控えた方が安全です。

吐き気やめまい、精神が不安定になる危険性があります。

 

スポンサーリンク

薬を飲んだ後のコーヒーで、薬効が落ちる

飲薬後のコーヒーは、場合によって薬効を下げかねません。

注意すべきは、コーヒーのカフェインとタンニンです。

 

薬を飲んだ後、コーヒーのカフェインが薬効を下げる

睡眠薬や精神安定剤に関しちゃ、カフェインの覚醒作用と真逆の効果です。

想像通り、お互いの作用は弱まります。

 

痛風の薬だと、本来なら尿酸を排出します。

尿酸は実はカフェインと似た性質があります。

そのため、コーヒーを飲むと、尿酸と間違えてカフェインが排出されるのです。

これだと薬の作用が無意味です。

 

他にも、カフェインは胃酸の分泌を増やします。

利尿作用は、薬の代謝を速めて、効果を落とします。

 

薬を飲んだ後、コーヒーのタンニンが薬品を吸収する

コーヒーの成分には、タンニンも含まれています。

タンニンは鉄分を吸収すると、知られています。

 

薬の中には、鉄分を含んだものがあります。

鉄剤や多くの薬品が、タンニンに吸収されて効果を発揮しないことが起こります。

 

コーヒー+ミルクにも注意

コーヒーにミルクを入れたカフェラテもまた注意が要ります。

 

ミルクの成分であるカルシウムに注目です。

抗生物質や抗菌剤の中には、カルシウムとくっつくと、吸収されなくなるものがあります。

 

また、腸内で溶けるように作られているカプセルを、手前の胃で溶かしてしまう恐れもあります。

便秘薬なんかは、腸内で作用させたいので、胃酸で溶けないコーティングがされています。

ところが、アルカリ性のミルクが、胃を中性にし、胃の中でコーティングがはがれてしまうのです。

 

スポンサーリンク

薬を飲んだ後のコーヒーは、風邪薬を強める

風邪薬というと、咳止めや解熱などの効能があります。

それらを服用後のコーヒーは、気をつけるべきです。

 

風邪薬とコーヒーは離して

まず、咳止めの薬に含まれるラオフィリンやアミノフィリンは、カフェインと似ています。

風邪薬に、カフェインが含まれてると、コーヒーと合わせて、カフェインの過剰摂取に注意です。

 

他にも、麻黄やエフェドリンがあると、風邪薬の作用を強めてしまいます。

それは、けっして良い事ではありません。

不眠や不整脈、気分の落ち込みなどをもたらします。

 

薬を飲んだ後のコーヒー対策

カフェインが原因なら、カフェインレスのデカフェにするのもありです。

ですが、基本的にはコーヒー自体は、避けた方が無難です。

薬の成分によっては、影響無いものもあるので、一番は医者に聞いてみるのが安心です。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

薬を飲んだ後にコーヒーを飲むと、効果が落ちたり、悪影響がある場合があります。

 

主な原因はコーヒーのカフェインです。

他にもタンニンや、コーヒーの酸性が原因の場合もあります。

 

基本的に風邪薬とは相性が悪く、カフェインの取り過ぎにもなりかねません。

デカフェという手もありますが、飲薬後はコーヒーは控えた方が安心です。

 

 

コーヒーの飲み過ぎは何杯から?こんな症状には注意!

コーヒーにもアレルギーがあるってご存知でしたか?

薬とコーヒーは安易に合わせない!コーヒーも昔は薬だった?

コーヒーに糖質は全然ない!ただしミルクや砂糖には注意!

タイトルとURLをコピーしました