健康

コーヒー飲むと体に起こる気になる変化

コーヒー,飲む11健康
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを飲むと体にいろいろな変化が起きるこが気になる方がいるかもしれません。

コーヒーに含まれるカフェインは、薬にも無水カフェインが含まれているように、飲み方によっては、体に良い効果があるものです。特に内臓関連では、カフェインの良い効果が認められています。

スポンサーリンク

コーヒーを飲むと体に様々な変化が

コーヒーは、1日に何杯までなら飲んでも大丈夫なのか、気になります。やはり気になるのはカフェインです。カフェインの摂取オーバーのリスクです。

諸外国では1日に3〜4杯までにするように、政府関連からアナウンスされています。

スポンサーリンク

薬とコーヒーの飲み合わせはリスク

風邪薬などを飲む際に、水を用意するのが面倒でコーヒーで飲んでしまう方がいます。しかしコーヒーにはカフェインやタンニンが含まれていますので、要注意なのです。

薬にもカフェインが含まれていますので、場合によってはカフェインの摂取量が増えることになります。また、担任が薬成分の吸収を邪魔してしまうリスクがあります。

コーヒーにアレルギー

コーヒーにアレルギー反応を示す人もいます。コーヒーを飲むたびに体調不調を感じるのであれば、アレルギー反応の可能性があります。

一旦コーヒーをやめてみるなどして確かめてみてください。またコーヒーのアレルギーの場合、飲んだ直後ではなく、遅れて現れる可能性があります。注意してみましょう。

カフェインの1日の摂取量に注意

カフェインは適量であれば、体に良い効果をもたらしてくれます。

ですので薬にも使われているのです。しかし多量に摂取すると様々な影響があります。

カフェインに限りませんが、飲み過ぎには注意です。カフェインはコーヒーにだけ含まれるものではありません。

コーヒーを飲むと便意を感じる場合もある

またコーヒーを飲むとたびたび便意を感じることがあります。コーヒーが体に合わないのかなと気になります。これはカフェインとポリフェノール(クロロゲン酸)が胃腸を刺激していることが関係している可能性があります。

また下痢になりやすいと感じる人もいます。タイミングを考えて飲むようにしたほうが良いです。

便秘気味の人なら、便秘解消になってちょうどいいのかもしれません。便秘解消しやすい飲み方もあります。

コーヒーと口臭の関係

コーヒーを飲むと口臭が強くなると聞いたことがあります。口臭が強くなるのは嫌ですね。何が原因なのでしょう。コーヒーを飲んでも大丈夫対策方法はないのでしょうか。

スポンサーリンク

二日酔いにはコーヒーが良いと聞くが

二日酔いの時にはコーヒーがいいんだといって飲んでいる人がいます。あれって本当に効果があるのでしょうか。どのくらいのタイミングで飲むと効果があるのか知りたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

当記事では、コーヒーを飲んだ時に体に起こる変化について、記事をまとめて紹介しています。

詳しくは、各項目について詳細ページをご覧ください。

コーヒーの主成分であるカフェインとクロロゲン酸(ポリフェノール)は、適量であれば良い効果があります。しかし飲み過ぎれば体調不調になる可能性があります。

カフェインは目安が公表されていますが、個人差が大きいです。夕方以降に飲んだコーヒーで夜眠れないという人もいますので、自分でコントロールする必要があります。

関連記事一覧

  1. 健康
  2. コーヒー飲むと体に起こる気になる変化*当記事
  3. コーヒーで気持ち悪い!原因は最近の飲み過ぎと感じる時の対処
  4. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  5. 肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!
  6. コーヒーの効果|コーヒー成分が作用してくれる健康効果
  7. コーヒーで体調不良とされてきた大きな誤解
  8. 薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが効果に影響する?
  9. コーヒーアレルギー|症状と治し方
  10. コーヒーは一日何杯までなら摂取量オーバーにならない?
  11. コーヒー飲むと便意をすぐに感じる|朝コーヒーは下痢?
  12. コーヒーが原因で眠くなる?逆じゃないのか!
  13. コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?
  14. コーヒーで便秘解消!実は悪化する場合も?それは飲み方次第!
  15. コーヒー飲んだ後の口臭を消す対策は?予防するには?
  16. 二日酔いにコーヒーは効果があるのか?
スポンサーリンク
コーヒー好きblog