コーヒー飲むと健康

コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?

コーヒー 下痢コーヒー飲むと
スポンサーリンク

コーヒーが飲みたいのに、お腹をこわして下痢になるから、飲めない…

なんてことありませんか?

 

多くはいませんが、コーヒーでお腹が緩くなる人がいます。

どうしてコーヒーで下痢を起きるのでしょうか?

どうしたら防げるのか?

 

今回は、コーヒーと下痢の関係をまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーで下痢になる原因は?なぜ?

コーヒー 下痢 (1) 原因

コーヒーでお腹が緩くなる人は、多くありませんが、中にはどうしてもなる人がいます。

お腹の中では何が起きているのでしょうか?

 

コーヒーによる下痢の原因は、腸のぜん動運動

そもそも、コーヒーには本当に下痢を引き起こす効果があるのでしょうか?

 

コーヒーには腸のぜん動運動を促進させる働きがあると言われています。

腸の筋肉が収縮して、腸内の食べカスを運ぶための運動です。

この作用が便秘改善になり、下手をすれば下痢になるかもしれません。

 

コーヒーによるぜん動運動促進は、カフェイン入りコーヒーで最も強くなります。

ですが、カフェインレスコーヒーでも、23%落ちながらも作用します。

カフェインと違う何かが、関係しているはずです。

コーヒーのカフェイン効果|量と時間はどのくらい?
コーヒーのもっとも知られている効果は、カフェインがもたらす眠気覚ましです。 会議中や運転中に眠くなったら、コーヒーを飲めばいい! そう思って、コーヒーを飲む人は多いはずです。 ですが、コーヒーに含まれるカフェインの効果が、...

 

コーヒーで便秘や下痢は、普通は起きない

東京福祉大学の栗原久氏のまとめた、以下の論文を紹介します。

『コーヒー/カフェイン摂取と日常生活- 循環器・消化器系機能に及ぼす影響評価 -』

 

コーヒーで腸のぜん動運動が促進するのは、人によります。

その作用があったのは、99人中の29%だったからです。

健康な成人が、コーヒーで下痢や便秘になる証拠はないとしていました。

コーヒーで便秘解消!実は悪化する場合も?それは飲み方次第!
あなたは今便秘に悩んでいませんか? 便秘を治すには何を食べればいいのかと調べると、その中の一つにコーヒーが出てきます。 コーヒーは便秘解消に良い。 でも、便秘の要因にもなり得ます。 真逆の事を言ってますが、ど...

 

結論では、以下のようにまとめられています。

通常のコーヒー摂取は、健康人の消化管機能に対して悪影響を及ぼすとの証拠は挙がっていない。

しかし、消化管の疾患を有する患者は、コーヒー摂取をコントロールしている可能性があり、コーヒー摂取量との関連を明確化するのは難しい。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コーヒーのカフェインが下痢を起こしている?

コーヒー 下痢 (2)

コーヒーによる腹痛や下痢の要因でよく言われるのが、カフェインです。

しかし、カフェイン説はまだ懐疑的です。

 

カフェインで、下痢や腹痛が起きるかはあやしい?

カフェインの摂りすぎで、頭痛や吐き気が生じ、下痢なども起こりうると言われています。

また、そうでなくても、カフェインは消化器官を刺激して、下痢や腹痛を起こすものとされています。

 

しかし、カフェインレスでも、なる人はなるため、カフェイン以外の影響も関わってるはずです。

カフェインレスコーヒーの効果|全て良いわけではない
カフェインレスコーヒーの健康効果。妊娠中でも飲んで安心。コーヒーが胃に悪いと言われるのはカフェインのせいではない。ポリフェノール。夜、寝る前に飲んでも安心できる。

 

コーヒーの飲みすぎで下痢になる

コーヒーの飲みすぎが要因になるのは、大いにありえます。

下痢の要因は、カフェインの他にも、クロロゲン酸、タンニンなど挙がっています。

 

胃や腸が刺激され、水分調整が悪くなるといった理由もあります。

通常量では問題なくても、摂りすぎは何においても良くないですよね。

コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
コーヒーの主成分は、カフェインとポリフェノールです。 コーヒーは、飲んで美味しいだけではなく、その成分が健康にも効果を発揮してくれます。 コーヒーの成分は他にもあります。 コーヒーの成分表|インスタントコーヒーとの違い...

 

朝のコーヒーで下痢は、空きっ腹に入れるから

朝のコーヒーで下痢になるのは、お腹に何も入ってない状態が考えられます。

コーヒーは胃液の分泌を増やしますが、胃に何も無いのに増やしても胃が荒れるだけです。

胃痛や腹痛、胃や腸の刺激で下痢になるかもしれません。

コーヒー飲むと便意をすぐに感じる|朝コーヒーは下痢?
コーヒーを飲むと便意を感じる人は少なくありません。コーヒーを飲むと、ガストリンというホルモンが出て、胃酸が分泌され、腸の動きが良くなります。その結果、下痢につながる人もいます。
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コーヒーでの下痢は危ないかも?

コーヒーで下痢になる人は、そんなに多くいません。

先の論文にもあったように、健康な人が正常量を飲んで下痢になるのは、普通はないことなんです。

何か別の要因があるかもしれません。

 

コーヒーで下痢が黒い時は注意!

健康な人が下痢になる場合、量が多いか、空きっ腹時の条件が要因だったりします。

しかし、それらに関係なくなる場合は、体内に問題があるかもしれません。

それは、特に黒い下痢が出た時に可能性が高まります。

 

黒い下痢や便は、胃や十二指腸の潰瘍(かいよう)の恐れがあります。

胃や大腸がん、小腸内の出血や便秘の可能性もあります。

コーヒーで腹痛は少数派?他の原因があるかも
コーヒー飲むと腹痛になる、という人がいます。やはりカフェインの影響のよう。飲むタイミングや量にもよります。もしかすると豆が古いのかも。コーヒー好きなら、カフェインレスでもコーヒーの味わいは楽しめます。
スポンサーリンク

 

コーヒーで下痢が黒い色だった人の話し

血便や黒い便が出るため、人間ドックに行った方の話しです。

人間ドックの結果、大腸に炎症があり、刺激物のコーヒーが原因で出血していました。

また、同じくコーヒーが要因で、胃にも潰瘍が複数ありました。

 

その方は、1日にコーヒーを15杯飲んでいたようです。

コーヒーを控え、治療薬で便の色も戻り回復したとのことです。

コーヒーで胃痛するのはどんな時?原因と治し方を解説!
コーヒーを飲んで胃痛になる人がいます。 コーヒーにはいろいろな成分が含まれており、その中に胃に影響を及ぼすものがあります。 しかし、コーヒーは胃に良い飲み物とも言えます。 コーヒーの胃への影響は、胃のコンディション...
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーで下痢になる人は、多くありません。

その数は全体の3割以下と推測されます。

 

考えられる要因は、腸のぜん動運動の促進やカフェイン。

しかし、健康な人が適正量のむぶんには、消化器官への悪影響はないはずなのです。

 

それなのになる場合は、量が多いか空きっ腹が要因。

あるいは、体内に炎症や潰瘍などの異常をきたしてる可能性があります。

特に黒い便や下痢は、その可能性が大きいので検査をおすすめします。

コーヒーが要因なら、刺激物となっているので控えましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの健康効果|知らないのはもったいない
  2. コーヒーで眠くなるのは不思議じゃない?コーヒーの睡眠効果!
  3. コーヒーで便意をすぐに感じる|便秘解消法になる?
  4. コーヒーはニキビに悪いのか?因果関係はあるのか
  5. コーヒーで動悸がする?要因は様々!治し方も解説します!
  6. コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?(当記事)
  7. コーヒーで便秘は、改善する?悪化する?それは飲み方次第!
  8. コーヒー飲んだ後の口臭を消すには何が良い?予防対策には?
  9. コーヒーは太る?太らない正しい飲み方とは
  10. コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?
  11. 二日酔いの頭痛にコーヒーは効果があるのか?
  12. コーヒーで吐き気が起きるのは空腹の時では?
  13. コーヒーで腹痛は少数派?他の要因があるかも
  14. コーヒー飲んだら頭痛がする。原因と対策を解説!
  15. コーヒーで胃痛?原因と対策を解説!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コーヒー好きblog
タイトルとURLをコピーしました