コーヒーで胃痛するのはどんな時?原因と治し方を解説!

コーヒー 胃痛

コーヒーを飲んで胃痛になる人がいます。

コーヒーにはいろいろな成分が含まれており、その中に胃に影響を及ぼすものがあります。

しかし、コーヒーは胃に良い飲み物とも言えます。

コーヒーの胃への影響は、胃のコンディションによって変わります。

では、どんな時にコーヒーは胃痛が生じるのか?

今回は、コーヒーと胃の関係を解説します。

目次

コーヒーが胃痛をもたらすのは、どんな時?

コーヒー 胃痛 (1)

コーヒーが胃痛をもたらす理由は、いろいろ話されています。

まずはコーヒーを飲んだ時の、胃の方から問題点を見てみます。

胃痛はコーヒーによる胃液増加?

よく言われるのは、コーヒーに含まれる成分が要因です。

カフェインやクロロゲン酸です。

それらの成分には、胃液分泌を促進する効能があるためです。

胃液が分泌されると、食べ物の消化を良くしてくれるので、良い事のはずです。

なぜ、消化の助けが胃痛を誘発するのでしょうか?

空腹時のコーヒーが胃痛をもたらす

胃に食べ物があるなら、コーヒーは消化の助けになります。

しかし、胃に何も無いと、無駄に胃液を分泌するだけです。

胃が空っぽ状態での胃液過多は、胃を守る粘膜と、胃液のバランスが崩れます。

胃に負担がかかり、粘膜がやられ、胃が荒れて、胃痛が起こるのです。

コーヒーの飲み過ぎが胃痛を起こす

コーヒーをとり過ぎると、胃液の分泌命令が増え、胃液過多になりかねません。

消化する食べ物があっても、必要以上の胃液は、胃痛の要因となってしまいます。

胃液と胃の粘膜のバランスを崩さないようにする事が大切です。

胃痛とコーヒーの関係|何が原因?

胃痛をもたらすのは、コーヒーの胃液を増やす効能です。

では、その効能はコーヒーの何がさせるのか?

カフェインが胃痛の要因?

よく言われるのはカフェインです。

カフェインには胃液を出す効き目を持っています。

もし、カフェインが要因なら、お茶やエナジードリンクでも胃痛になるはずです。

或いは、コーヒーをデカフェにすれば胃痛は改善されるはずです。

ですが、どうもそう簡単にはならないようですね。

なので、他にも要因がありそうです。

ノンカフェインとカフェインレスは違う|胃痛

カフェインレスコーヒーとノンカフェインコーヒーは、名前は似てるが、かなり違います。

カフェインレスは、コーヒーからカフェインを90%以上抜いたものです。

つまり、クロロゲン酸などの他の成分は、入っています。

しかし、ノンカフェインコーヒーは、もともとコーヒー豆ではない材料を使っています。

例えば、たんぽぽやチコリがそうですね。

コーヒーと同じような利尿作用などを持っています。

でも、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)は含んでいません。

実は、クロロゲン酸にも胃液を分泌させる作用があるのです。

胃痛はコーヒーのクロロゲン酸?

コーヒーの大きな成分に、もう一つがクロロゲン酸です。

ポリフェノールの一種ですね。

前述の通り、クロロゲン酸にも胃液の分泌を増やす効能を持っています。

ですので、空腹時に、クロロゲン酸をお腹に入れると、やはり胃が荒れる原因になります。

カフェインレスコーヒーには、クロロゲン酸が入っています。

胃痛はコーヒーが酸化してるから?

成分や胃の状態もありますが、そもそもコーヒー豆が酸化してるのが、要因かもしれません。

豆が酸化していると、単純に美味しくないです。

胃の中に入れば、胃の負担にもなり、お腹をこわす要因にもなりかねません。

お店や自分で作った時など、どのコーヒーでもなるなら、要因は酸化ではないでしょう。

もし特定の豆や粉で、胃痛が起きるの場合、違う物で試してみてください。

コーヒーアレルギーでも胃痛は起こる

胃痛が起きているのは、もしかするとコーヒーアレルギーが原因かも知れません。

コーヒーのアレルギーは遅延型に分類されます。

遅延型のアレルギーは、症状が現れるのに少し時間がかかります。

その為、何がアレルゲンとなっているのか、分かりにくいのです。

コーヒーアレルギーで表れる症状は、胃痛の他に、吐き気や手の震えになって表れる場合もあります。

コーヒーで胃痛時の治し方

コーヒーで胃痛が起きる場合の、予防的対処と治し方について方法を紹介します。

コーヒーで胃痛がする時の対処|空きっ腹に入れない

コーヒーは胃液を増やすので、空きっ腹では胃が荒れて、粘膜がダメージを受けます。

コーヒーを飲むときは、何かお腹に入れた状態で、飲むようにした方が良いですね。

むしろ、食後こそがコーヒーの力の見せ所です。

コーヒーの胃痛の対策|カフェインを抜く

もし、お茶やエナジードリンクでも胃痛が起きるなら、カフェインの可能性が大です。

デカフェにして飲めば、解決するかもしれません。

今では、インスタントでもカフェインレスが売ってます。

コーヒーの胃痛の対処|ミルクを入れる

最後におすすめの対策方法を紹介します。

コーヒーとミルクは、カフェオレやラテであるように、相性抜群です。

ミルクは胃の粘膜を保護する効き目があり、この組み合わせは理にかなっているのです。

胃の中のバランスが取れて、胃痛が改善されるかもしれませんよ。

コーヒーの胃痛の治し方

既に胃痛の状態になっている場合の治し方は、以下の通りです。

  1. 生姜湯を飲む(胃の調子を整えて、体を温めます)
  2. 食事をお粥にするか休む(胃を休めることです)
  3. 水を多めに飲む(コーヒーの成分を薄めること)

まとめ

コーヒーと胃痛の関係をまとめました。

コーヒーには、胃液を増やす効能があり、消化の助けになります。

空腹時には、胃液過多だと胃が荒れ、胃痛を起こす要因となります。

飲み過ぎや、空きっ腹でのコーヒーは避けましょう。

コーヒー自体にも、カフェインやクロロゲン酸、豆の酸化が胃痛の要因であげられます。

一つ一つチェックしてみるのも良いですが、おすすめはミルクを入れることです。

胃の粘膜を守ってくれるため、改善が期待できます。

関連記事一覧

  1. 健康
  2. コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?
  3. コーヒーはニキビに悪いのか?因果関係はあるのか
  4. コーヒーで胃痛するのはどんな時?原因と治し方を解説! *当記事
  5. コーヒー飲んだら頭痛がする。原因と対策を解説!
  6. コーヒーで腹痛は少数派?他の要因があるかも
  7. コーヒー太る!スティックコーヒーは太る!コーヒーは痩せる?
  8. 空腹時のコーヒーで吐き気!気持ち悪いを抑えるには?
  9. コーヒーの糖質はゼロに近い!抑えるべきは砂糖とミルク
  10. コーヒーで動悸や震え?治し方も解説します!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次