コーヒー

空腹にコーヒーを飲むと吐き気が起きる可能性が?!

空腹 コーヒー 嘔吐コーヒー

空腹 コーヒー 嘔吐

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・空腹にコーヒーを飲むと吐き気など、身体に悪影響

・空腹のときに、コーヒーを飲むと、実際、身体の中で何が起こっているか

 

コーヒーには、血糖値を下げる効果があることなどが認められています。

しかし、空腹など、コーヒーを飲むタイミングによっては、よくない影響もあるようです。

 

 

身体に良いと言われているコーヒーですが、空腹に飲むと逆効果になります。

こちらの記事を読んでくださいますと、「空腹の時に、コーヒー飲むと吐き気が起きる、などの身体に悪影響なのか」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

 

空腹にコーヒーを飲むと吐き気が起きる可能性が?!

空腹 コーヒー 嘔吐

 

朝、眠気覚ましにコーヒーを飲むのが日課になっている人も多い。

朝は食欲がなくて、朝食を抜いていたり、空腹なのに起きてすぐにコーヒーを飲んでしまったりしてはいませんか。

 

実は、空腹にコーヒーを飲むと健康になるどころか、逆に体に悪いのです。

では、空腹にコーヒーを飲むと、どんな悪影響を及ぼすのか、説明します。

 

 

空腹にコーヒーを飲むと「吐き気」の可能性も

コーヒーは、毎日3~4杯飲むとガン予防にもなると言われています。

また眠気覚ましにも有効。

飲むと頭がスッキリする。

など、良い効果があると言われているコーヒー。

コーヒーを好きな人は多いです。

 

 

よく「食後のコーヒー」という言い方をするのを聞いた事はありませんか。

特に朝は食後に、コーヒーを飲む必要があるのです。

空腹のときではなくです。

 

 

目覚めの一杯なんて、空腹にコーヒーを飲むと胃や消化器への影響があります。

消化不良、集中力の低下、脱水症状を引き起こしやすくなリます。

空腹に、コーヒーを飲むと、健康とは程遠い影響を及ぼします。

 

 

 

空腹にコーヒー|胃や消化器への影響

空腹のときにコーヒーを飲むと、胃や消化器に悪影響を及ぼします。

吐き気、胸やけ、腹痛、下痢もしくは便秘等を引き起こす可能性があります。

 

 

酸性である胃酸は、空腹であると胃酸は本来の働きが出来ません。

胃酸は、胃の内壁を傷つけてしまう事が原因です。

 

 

こんな空腹状態でコーヒーを飲むと、コーヒーのカフェインとクロロゲン酸が胃酸分泌に作用します。

過剰に胃酸が発生し、胃を傷付け、腹痛を起こす可能性があります。

胃の酸性度が急上昇して最悪、胃潰瘍を引き起こす可能性があるのです。

 

 

また胃酸分泌がすすむと、リパーゼが活性化します。

それが、吐き気に繋がるケースもあります。

 

 

空腹にコーヒー|消化が悪くなる

空腹にコーヒーを飲むと、消化が悪くなります。

というのも、身体に取り込まれたカフェインが副腎のような働きをするのです。

通常であれば、ストレスによって引き起こされるストレスホルモンが、コーヒーによって分泌を促してしまします。

 

 

ストレスホルモンが血中に増えると、血圧の上昇や、心拍数の増加となります。

その為、血糖値が上昇し、胃腸はエネルギーを使わないように動きを止めるので、酸性度が上昇した胃の中に留まる事となります。

よって、胃腸の消化不良となるのです。

空腹にコーヒーを飲むだけで、このような問題が出てきてしまうのです。

 

 

空腹にコーヒー|集中力の低下

空腹にコーヒーを飲む事の影響は、胃腸だけの問題ではありません。

人はセロトニンという神経伝達物質を脳内で分泌しています。

セロトニンが多く分泌されると精神の安定や安心感が生まれます。

 

 

「幸福ホルモン」と呼ばれるセロトニンです。

しかし、朝の空腹のときは、分泌量が少ないです。

 

 

こんな空腹のときにコーヒーを飲むと、上記で説明した通り、ストレスホルモンが増加しています。

正常にセロトニンを分泌されずに、不安やうつ病を引き起こしやすくなります。

 

 

またメラトニンという「睡眠ホルモン」はセロトニンが原料になっています。

セロトニンの分泌量が少ないとメラトニンも少ないです。

良い睡眠が取れなくなり、不眠になる可能性もあります。

 

うつ病とまではいかなくとも、日中イライラしてしまったりします。

不安感に襲われたりして、集中力が低下してしまいます。

 

 

 

空腹にコーヒー|脱水症状を引き起こす可能性

カフェインは覚醒作用、強心作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用等の作用があります。

利尿作用により脱水症状を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

通常、適切に水分補給をしていれば問題はありません。

空腹にコーヒーを飲んでしまうと、体内の水分が無くなってしまいがちです。

なので、空腹のコーヒーは良くないです。

喉が渇いて、またコーヒーを飲んでしまうと悪化してしまいます。

これだけで空腹のコーヒーは害悪だと分かります。

 

 

 

コーヒーは飲み過ぎても「吐き気」

日本人は、コーヒーのカフェイン効果が効きにくいという説があります。

コーヒーを飲んでも、眠くならない人もいます。

むしろ、その代わりに、気持ち悪くなったり、中には吐き気を起こす人もいるのです。

 

 

カフェインの覚醒作用が、欧米人ほどの効果が無いようです。

そうはいいましても、やはり飲み過ぎると、胃液の分泌を促進しすぎてしまう可能性があります。

そうなると、吐き気に繋がってしまうのです。

特に、空腹時にコーヒーを飲む場面では、慎重になったほうがいいです。

 

 

他に考えられる原因は、コーヒーを入れてから、時間が経ってしまい、酸化している可能性も考えられます。

オフィスのコーヒーメーカーで、余分に作られて、時間が過ぎてしまっても、保温効果で酸化が進んでいると考えられるケースです。

 

 

 

コーヒーの飲み過ぎは「吐き気」の次に「めまい」や「動悸」

コーヒーを飲み過ぎると、吐き気のほかに、「めまい」や「動悸」を感じる人もいます。

もしかすると、空腹だけではなく、体調が悪くなっているかもしれません。

または、カフェイン過敏症という方もいます。

 

 

そんな状態のときに、コーヒーを飲むと、めまいや動悸をおこすことがあります。

体調が今一つと感じるときや、空腹のときに、コーヒーを飲む場合は、控えめにしておかれた方が良いです。

 

 

 

まとめ

 

空腹にコーヒーを飲むと、胃や消化器の不良を起こし、消化が悪くなります。

それにより胃潰瘍になってしまう可能性もゼロではありません。

 

セロトニンが分泌されないので、不安になったり集中力を低下させます。

不眠になる恐れもあります。

更には脱水症状を引き起こす可能性も出てきます。

空腹のコーヒーはなるべく避けるようにして下さい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました