コーヒー

コーヒードリップの美味しい入れ方と道具を紹介!おすすめです。

スポンサーリンク
コーヒーの入れ方コーヒー

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・ご自宅でコーヒーを楽しむ為の準備と入れ方について

・必要な器具や道具

・基本的なハンドドリップの入れ方と大切なポイント

 

ご自宅でのコーヒー入れ方をご存知ですか?

これからコーヒーのある生活を始めようとしている方。

もうすでに基本的なコーヒーの入れ方をご存知の方も。

必要な器具を揃え、大切なポイントと入れ方のステップだけしっかり掴めば、誰でもご自宅でカフェや喫茶店で出てくるようなコーヒーを楽しむことができます。

 

この記事を読んでいただけますと、「美味しいコーヒーの入れ方」がご理解いただけます。

では、解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

コーヒードリップの美味しい入れ方と道具を紹介|おすすめです!

 

ハンドドリップを始めるにあたってまず必要な器具を揃えましょう。

基本的に必要なものは、

・抽出器具(サーバー、ドリッパー)

・コーヒー豆

・フィルター(ペーパーやステンレス製、布製のものまであるのでお好みで)

・ケトル(お湯を注げるものであれば可)

・ミル(コーヒー豆をご自分で挽きたい方のみ)

です。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの美味しい入れ方のおすすめポイント4つ

コーヒー ドリップの入れ方

美味しいコーヒーの入れ方をマスターする為に、おさえておきたいポイントが4つあります。

それは【分量/挽き具合/水/鮮度】です。

この4つさえしっかりポイントをおさえれば、誰でも簡単に美味しいコーヒーを入れることができますのでしっかり覚えてくださいね。

 

コーヒーの美味しい入れた|豆の分量

美味しいコーヒーを入れるには、まず分量を守ることが大切です。

 

入れ方のステップだけ守っても、決して美味しいコーヒーにはなりません。

分量はコーヒーに1杯(180ml)に対して【10g】のコーヒー豆を使用します。

濃さに合わせて調整することも可能です。

 

コーヒーの美味しい入れ方|豆の挽き具合

まず挽き具合には、細挽き、中挽き、粗挽きと大きく分けて3段階あります。

基本的にはハンドドリップは【中挽き】がオススメです。

 

正しい挽き具合にすることで最高の風味が引き出されます。

しかしコクがしっかりした濃いコーヒーが飲みたい時は細挽き、さっぱりしたコーヒーが飲みたい時は粗挽きなどとアレンジすることも出来ます。

その時に気分によって変えて楽しんでくださいね。

 

 

コーヒーの美味しい入れ方|水

実はコーヒーを淹れるのに、水はとっても大切なポイントなんです。

コーヒーを入れるのに適した水を選ぶとコーヒーの味をしっかり引き出し、雑味のないさらに美味しいコーヒーとなります。

水には硬水や軟水と種類があります。

結論から言うと【軟水】がオススメです。

硬水はカルシウムやミネラル分を含む為、それがコーヒーの味を邪魔してしまうのです。

よって匂いや味のない水を選びましょう。

 

コーヒーの美味しい入れ方|豆の鮮度

コーヒー豆は鮮度が命です。

美味しく飲めるコーヒーには期限があります。

密閉容器に入れ保管し、封を開けたら【1〜2週間】ほどで飲み切りましょう。

時間が経ったコーヒー豆は酸化してしまいます。

それによってコーヒーの雑味や苦味を増してしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒードリップが美味しい入れ方|おすすめの入れ方!

コーヒー ドリップ 入れ方 (2)

器具の用意と基本的な4つのポイントを抑えたら、さぁ実際にコーヒーの入れ方を学びましょう!

ステップに沿って入れ方を説明していきますね。

ステップ1|ドリッパーにコーヒーフィルターをセットする

 

フィルターの貼り合わせの部分を交互にに折ります。

そうすることでフィルターが安定します。

次にフィルターにコーヒー豆を入れ平らにします。

ステップ2|お湯を注ぎ、コーヒー豆を蒸らす

 

コーヒーの粉がひたるくらいのお湯を注ぎ、【20〜30秒】蒸らします。

これはコーヒーの風味を引き出すためです。

ステップ3|コーヒーを抽出する

 

蒸らしたあと、中央に円をかくようにお湯を注ぎます。

一気にお湯を注がないように気をつけましょう。

蒸らして膨らんだ高さをキープすることがポイントです。

ステップ4|最後に、ドリッパーにお湯が残ったまま外します。

 

最後までお湯を落としてしまうと雑味まで抽出してしまいます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーを入れるために必要な器具、大切なポイント4つ、ハンドドリップでの入れ方について説明してきました。

一度美味しいコーヒーの入れ方をマスターしてしまえば、今後のコーヒーライフがより豊かなものになるでしょう。

ぜひ参考に、ご自宅でのコーヒーライフを楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました