コーヒー

コーヒーの美味しい入れ方・挽き方|ドリップがいい?時にはフレンチプレスも!

コーヒー まとめコーヒー
コーヒー まとめ

筆者は「コーヒーなんて大差ない」なんて思っていました。

 

しかし、実は知れば知るほどに、奥が深い。

そして、「眠気覚ましには、コーヒーがいいよ」と定説だと思っていたことが、

実は違ったりする発見もあります。

お湯の温度でも、味が変わります。

あなたの知らないコーヒーの世界(笑)もあるかも知れません。

 

コーヒー豆の挽き方で味の違いが出る!あっさりから濃い・苦いまで

コーヒー豆

コーヒー豆

 

コーヒーを入れる際、抽出器具を揃えることや抽出方法を知ることは

もちろん必要なステップです。

コーヒー豆の挽き方で違いがでる

その中でも「コーヒー豆の挽き方」を知っておくことは美味しいコーヒー

入れるには欠かせないポイントです。

 

豆の挽き具合で、味が変わりますし、焙煎によっても、味は変わります。

さらには、お湯の温度や入れ方によっても、味が変わります。

シンプルに見えるコーヒーですが、意外に奥は深いのです。

 

 

 

 

コーヒーの美味しい入れ方|ハンドドリップ編

コーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方

 

コーヒーを美味しく入れ方法は、たくさんあります。

様々な方法の中で、自宅でもコーヒーを気軽に美味しく入れられる方法について、紹介しています。

コーヒーの美味しい入れ方|ハンドドリップ編

必要な器具、ポイント、ステップだけをしっかり掴めば、誰でもご自宅でカフェや喫茶店で出てくるようなコーヒーを楽しむことができます。

 

 

 

フレンチプレスのコーヒーの入れ方|特徴・豆の挽き方・分量・時間

フレンチプレスでコーヒー

フレンチプレスでコーヒー

 

コーヒーを自宅で淹れるには、いくつかの方法があります。

そのなかで、初心者でも簡単にコーヒーを淹れることができるといわれているのが「フレンチプレス」です。

今回は、そのフレンチプレスの特徴や使い方について解説していきます。

 

フレンチプレスでコーヒーを入れるときの特徴は、他の入れ方とは違って、コーヒー豆の脂分が多めに出る子です。

フィルターが金属製で、ドリップなどと比べると、コーヒー豆の微粉末がコーヒーに混じり合って抽出されますので、見た目は少し濁った感じになります。

 

 

水出しコーヒーの作り方|器具と気になるカフェイン

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの入れ方は、簡単です。

飲めるまでの時間は掛かるので、作り置きするスタイルになります。

味わいもスッキリした感じです。

他のコーヒーとの違いは、酸化しにくい事です。

コーヒーは、酸化しやすい飲み物です。

腐るという程でないにしても、普通のホットコーヒーは酸化しやすく、コーヒーの風味は数時間も持ちません。

コーヒーの味わいは、酸化によって大きく変化してしまいます。

水出しコーヒーは、次の日にでも普通に飲めます。

ここが味わいと同様に、大きな違いです。

 

 

コーヒーの作り置き|ホットは美味しくない?水出しがオススメ!

コーヒーの作り置き ホットだとマズい

コーヒーの作り置きを飲んだ経験はありますか?

ホットコーヒーを入れて、魔法瓶に入れて、後で飲みたい。

経験すると、分かりますが、これが意外に美味しくありません。

 

ホットコーヒーは、とても酸化しやすいのです。

温度が下がらない事で、酸化は更に進みます。

 

おすすめするなら、水出しコーヒーです。

これなら、後で飲んでもコーヒーの風味も味わいも落ちません。

 

 

コーヒーに油膜?|汚れ(洗い残し)ではありません!大事なもの

 

経験はありませんか?

入れ立てのコーヒーに、油膜が浮かんでるコーヒーカップ。

あれは、汚れではありませんよ。

 

知らない方もいるようですが、コーヒー豆は油をもっています。

勘違いして、「洗ってないコーヒーカップだ」と思ってしまうと、恥ずかしい思いをするかも、です。

特に、深煎り焙煎のコーヒー豆は、油分を含んでいます。

 

焙煎が進むと、水分が飛んで、油の割合が増えます。

その結果、深煎り焙煎のコーヒーには、油分が浮いているのです。

ただ、紙フィルターでドリップしたコーヒーだと、油分は紙フィルターに吸収されますが、それ以外のコーヒーの入れ方をすると、コーヒーカップには、油が浮く事が、よくあります。

 

それにコーヒーの油分は、香りや風味を引き出すものですから、むしろ美味しいコーヒーになります。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました