作り方

コーヒーの入れ方|ドリップ・フレンチプレスなど

コーヒー 美味しい入れ方 ドリップ フレンチ作り方
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

筆者は「コーヒーの味なんて大差ない」なんて、思っている時期がありました。

しかし、実は知れば知るほどに、コーヒーは豆の選び方・分量、入れ方等々、奥が深いのです。

また、使うお湯の温度でも、味が変わります。

あなたの知らないコーヒーの世界もあるかも知れません。

スポンサーリンク

コーヒーの入れ方|ドリップ・フレンチプレスなど

コーヒーの入れ方

コーヒーを美味しく入れ方法は、たくさんあります。

様々な方法の中で、自宅でもコーヒーを気軽に美味しく入れられる方法である、ドリップコーヒーについて、紹介しています。

必要な器具、ポイント、ステップだけをしっかり掴めば、誰でもご自宅でカフェや喫茶店で出てくるようなコーヒーを楽しむことができます。

ドリップコーヒーの入れ方|量・挽き方・温度・蒸らし・抽出・時間

ドリップコーヒーの入れ方はとてもシンプルですが、僅かな違いで、味がはっきりと違います。お湯の量、コーヒー豆の量(ドリッパーによって8g〜12g)、豆の挽き方(粗挽き〜細挽き)、注ぐお湯の温度(高いと苦味、低いと酸味)、蒸らし時間、抽出する時間、などの違いで味が変わります。

スポンサーリンク

水出しコーヒー作り方

ドリップほど、作り手の腕が関係なく、すっきりした味のコーヒーを入れる方法です。

熱いコーヒーは美味しいものですが、少し時間が経ってしまうと酸化します。最も酸化しやすいのは、コーヒーメーカーの保温です。コーヒーは自分の温度でも酸化スピードが加速します。朝作ったコーヒーを持参して、昼に飲むと酸味が強くなってる経験をしたことはありませんか。それが酸化です。

水出しコーヒーは、飲むまでに時間がかなりかかりますが、作り置きするには、ぴったりの方法です。すっきりしてクリアな味が好きな方には、ぜひおすすめします。

フレンチプレスでコーヒーを入れる方法|かすの捨て方

コーヒーを自宅でいれる簡単な方法の中から、初心者でも簡単にコーヒーを入れることができるといわれている「フレンチプレス」で入れる方法を解説します。フレンチプレスでコーヒーを入れた時の特徴は、他の入れ方とは違って、コーヒー豆の脂分が多めに出ることです。

ペーパーフィルターでは、出てこない脂分や微粉も出やすいため、恋味・強い味・雑味のある味に感じる可能性があります。ペーパーフィルターのようなクリアな味が好きな方だと合わないかもしれません。ただし、入れ方が簡単なので、誰が入れてもほとんど同じ味になります。豆の挽き方と、お湯の温度、抽出時間だけがコントロールできる部分だからです。

スポンサーリンク

コーヒーの入れ方10種類を紹介

おそらく自宅やコーヒーショップで入れられているコーヒーの入れ方で最も知られている方法は、ペーパードリップではないかと思います。

しかし、実際にはたくさんの種類があります。その中から当サイトでは10種類のコーヒー抽出方法を紹介しています。

「ああ、そういえば・・・」と気づく方法や、初めて知る方法もあるかもしれません。

コーヒーは温度で味が変わる!ドリップ美味しく飲むなら温度計!

コーヒーは、注ぐお湯の温度で味が変わります。

コーヒー豆を買うときに、新しいコーヒー豆の種類にチャレンジしてみるときに、自分が想像していた味と違うことがあります。それはそれで、その豆の持ち味なのですが、自分の好みの味に少し調整することは可能です。

もちろん豆の挽き方でも変わります。粗挽きすれば、酸味が出て、すっきりした感じになります。細挽きすれば、濃く出て、苦味が強くなります。

もし粉で買ってきている場合は、ドリップで注ぐお湯の温度で調整しましょう。もう少し苦味がある方がいいと思うなら、90度〜93度くらいのお湯で入れてみましょう。逆に思ったより苦味が強いと感じているなら、83〜85度ほどのお湯でドリップしてあげると、苦味は薄くなるはずです。温度設定できる電気ドリップポットが非常におすすめです。味が変わります。

スポンサーリンク

コーヒー抽出の方法・時間・温度で味が違う!抽出器具も味に関係

コーヒーの抽出方法は、大きく分けると2つに分かれます。一つは、コーヒー粉にお湯を注いで、粉の間をお湯を透過させて抽出します。もう一つは、お湯(水)に一定時間つけて抽出する方法です。

スターバックスの真空抽出という方法や、エスプレッソという方式もあります。(エスプレッソとは抽出方法であり、苦いコーヒーという意味ではありません。エスプレッソ式で抽出し、普通にレギュラーコーヒーとして飲みます。デロンギの全自動コーヒーでも採用しています)

スポンサーリンク

コーヒー豆の挽き方で味の違い

一般的にコーヒー豆の挽き具合は、5段階あります。コーヒーの味は、この豆の挽き方でかなり変わります。ただ、豆の挽き方は、抽出方法に影響しますので、ドリップで入れるのか、フレンチプレスなのか、水出しなのか、によって挽き方を選択すると良いです。

例えば、フレンチプレスで抽出するのに、豆の挽き方が細挽きすぎると、フィルターから細かいコーヒー粉が出てきてしまいます。ドリップコーヒーも勤続フィルターを使う場合は同じ傾向があります。雑味が強くなります。

コーヒーの焙煎を知ると楽しい

コーヒーにハマると、コーヒー豆を生豆で購入して、自分で焙煎したくなるでしょう。

以前はコアなファンが自宅でフライパンなど使い煙を出しながら焙煎していましたが、今は家庭用の焙煎機が数万円で販売されています。もう少し本格的な製品を望むかたには、10万円〜10数万円で、製作されたマシンを個人客が購入していると聞きます。

以前は、深煎りでローストされたコーヒー豆ばかりだった記憶がありますが、最近は、スペシャルティコーヒーの影響もあるのか、浅煎りコーヒーで、すっきりして酸味や甘みが感じられるコーヒー豆が人気のようです。

当記事の詳細ページでは、機械を使わない方法も紹介していますが、普通にやると煙がかなりすごいので、家庭用焙煎機を購入してチャレンジすることをお勧めします。

関連記事一覧

  1. コーヒーの作り方
  2. コーヒーの入れ方|ドリップ・フレンチプレスなど★当記事
  3. ドリップコーヒーの入れ方|量・挽き方・温度・蒸らし・抽出・時間
  4. 水出しコーヒーの作り方
  5. フレンチプレスでコーヒーを入れる方法|かすの捨て方
  6. コーヒーは温度で味が変わる!ドリップ美味しく飲むなら温度計!
  7. コーヒー抽出の方法・時間・温度で味が違う!抽出器具も味に関係
  8. コーヒー豆の挽き方で味の違い
  9. コーヒーの焙煎を知ると楽しい
  10. コーヒーの入れ方の種類は何種類あるか
スポンサーリンク
コーヒー好きblog