コーヒーの作り方|コーヒーを入れるという動作はシンプルで奥深い

コーヒーの作り方|コーヒーを入れるという動作はシンプルで奥深い作り方

コーヒーの作り方と言えば、インスタントコーヒー以外なら、ドリップコーヒーというくらいに、コーヒー豆で淹れるコーヒーは、ドリップコーヒー、それもペーパードリップが一般的な作り方です。

 

コーヒーの作り方|コーヒーを入れるという動作はシンプルで奥深い

コーヒーの作り方、入れ方には、実にいろいろなコーヒーの淹れ方があります。

コーヒーの入れ方の種類は何種類あるか

コーヒー好きの方ならば、飲んだことまでなくとも、名前くらいは知っていると思います。

そして、ドリップ以外の作り方もなくなることもなく、いまだに何種類もの飲み方があるということは、コーヒーを飲むならこの入れ方が一番とも言い切れないからなのです。

 

コーヒー器具は、喫茶店やコーヒー焙煎販売店や専門店などで買えることが多いのですが、それらの器具も実にいろいろな機能があり、ドリップ以外のものもたくさん販売されています。

どきどきは、自宅でコーヒーを作ってみているが、お店と同じコーヒー豆を使ってみても、なぜか同じ味に作れないという人は、いるのではないでしょうか。それは練習不足と下記の豆の量・水の量が毎回違うからです。

コーヒー抽出の方法・時間・温度で味が違う!抽出器具も味に関係

まずは、美味しいコーヒーを入れるように練習した練習量の違いがあります。

次にいつも同じ味で入れられるように、条件を整えたことです。

1)注ぐお湯の温度と量と時間、そして蒸らし時間
2)豆の量と挽きめの大きさ、焙煎具合
3)抽出した時間
何度も繰り返し、美味しく入れられるように研究し、上記のそれぞれの条件を決めていきます。
自宅でいつも美味しく入れられるように願う人は、温度計・スケール・細口のドリップポットを揃えるべきです。
ハマるとどんどん深くなるのがコーヒーの世界です。
最近では自宅でコーヒー豆の焙煎をする人も増えてる感じがします。

昔はフライパンで焙煎したものですが、今は煙も出にくく、簡単にセットしって待つだけという自宅用焙煎機まであります。

焙煎直後のコーヒーは、それほど美味しくありませんので、4日目以降位が飲み頃です。ただ、焙煎したら、早く飲み切らないと、酸化してしまうので注意が必要です。

 

コーヒーの酸化は、自身の温度によって、酸化が一層進みます。ですから、水出しで飲む方もいます。水出しには2つの方法があります。

麦茶のようにして水出しする方法と、お湯ではなく水をゆっくりとドリップして抽出する方法です。どちらもとても時間がかかる方法ですが、水出しならではの酸化のないクリアな味わいを楽しめます。

水出しコーヒー作り方|ドリップとの違いは味とカフェイン

 

ドリップ以外ではフレンチプレスは、入れる人の腕がほとんど関係のないシンプルな入れ方で愛好している人もいます。

コーヒーの入れ方|ドリップ・フレンチプレスなど

フレンチで淹れるコーヒーの味の特徴は、コーヒーオイルが抽出されることです。ドリップだと、フィルターで止まってしまうオイルが、フレンチは出てきますので、コクを感じる味わいになります。

コーヒーの入れ方|ドリップ・フレンチプレスなど

 

自宅でも少し器具(温度計・スケール・ドリップポットなど)を揃えて何度か練習しているうちに、美味しいコーヒーを飲めるようになります。

タイトルとURLをコピーしました