コーヒー

水出しコーヒー作り方

水出しコーヒーの作り方コーヒー
スポンサーリンク
コーヒーには様々な抽出方法があり、それぞれに味の特徴やメリット・デメリットがあります。
当ページでは、
「コーヒーを自分で淹れているけど苦味やえぐみを感じる」
「ドリップ以外の方法でコーヒーを淹れてみたい」
「初心者でも簡単にコーヒーを淹れることができる方法を知りたい」
といった方におすすめする、
「水出しコーヒーの作り方・入れ方」を紹介させていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水出しコーヒー作り方と一般のドリップコーヒーとの違い

水出しコーヒー
水出しコーヒーとは、読んで文字の通り、コーヒーを水で抽出する方法です。
他のコーヒーの入れ方は、基本的に、お湯で抽出します。
ここに大きな違いがあります。
お湯で入れたコーヒーは、熱いうちに飲むのが基本です。
下手に温め直したり、あるいは、コーヒーメーカーによくある保温機能を使うと、コーヒーの酸化が進んで不味くなります。
オフィスでコーヒーを飲んでる人は、経験があると思います。
酸化しかけたホットコーヒーを飲んでは、まずいと思っているはずです。
水出しコーヒーの場合は、すぐには飲めません。
基本、作り置きです。
抽出の最初の1時間くらいは、常温の水で良いです。
その後は、冷蔵庫に入れて、目安は8時間放置です。
お湯で入れる通常のコーヒーと同じく抽出時間で味が変わります。
基本的に、クリアで、スッキリした味わいが水出しコーヒーの味の特徴です。
しかし、水出しでも長い時間抽出すれば、コクや苦味が楽しめます。
しかし、長すぎると、雑味も強まります。
水出しのパックは、入れっぱなしにしておくと、雑味が出るので、要注意です。
水を使用した抽出方法は、「水出しコーヒー」の他に、「コールドブリューコーヒー」「ダッチコーヒー」などとも呼ばれます。
それぞれ発祥した国や歴史が違うだけで、抽出原理としては同じ「水」で抽出する作り方です。
スポンサーリンク

水出しコーヒー作り方|器具はピッチャーでOK

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの一番シンプルな作り方について解説します。
簡単にできる、麦茶などを作るときのピッチャーを使って、水出しコーヒーの作り方をご紹介します。

水出しコーヒーの作り方|用意するもの

・コーヒー豆(中~細挽き)
・お茶の葉などを入れる空のティーバック
・ピッチャー
・水
コーヒー豆の挽き具合が粗くなる程、抽出が遅く味が薄くなりますので、細挽きの方がおすすめです。
水は、できればペットボトルに入った水を用意しましょう。
水出しコーヒーは、お湯を使用して、淹れるよりも味がまろやかになる分、使用する水が味に影響を与えやすくなります。
カルキの入っていないペットボトルの水を使う作り方で、水出しをするようにおすすめします。

水出しコーヒーの作り方|ピッチャーを使用した抽出手順

  • ピッチャーに1ℓの水を入れて、その中にコーヒー豆(110g程度)を入れたティーバックを入れます。
  • そのまま常温、または冷蔵庫で8時間程度おきます。
  • 水出しが完了したら、コーヒー豆の入ったティーバックを取り出して、ピッチャーを保存しましょう。
常温での作り方の方が、水出しの抽出時間は速くなり、冷蔵庫に置いておいた時よりも、味の成分が多くコクが出ます。
抽出後は、コーヒー豆の入ったティーバッグを取り出して、よけいな雑味や苦味の成分が抽出されるのを防ぎましょう。
コーヒー豆のティーバッグを、つい放置してしまうと、雑味が出てきてしまいますので、タイマー設定をするようにおすすめします。
冷蔵庫で、8時間というと、ついつい忘れてしまいます。

水出しコーヒーの器具

水出しコーヒーの作り方には、前述のように、麦茶を作るピッチャーやボトルを使って、挽いたコーヒー豆を入れたパックを水に浸して、放置しておく作り方の他にもあります。
それは、点滴のように水滴を粉の上に落として、ゆっくりと浸透させる作り方です。
ウォータードリップコーヒーメーカーなどの商品名で販売されています。

また、最近では、電動の水出しコーヒーメーカーも販売されています。

水出しコーヒーの飲み方

常温、アイス、ホットのどの飲み方でも、水出しコーヒーは美味しく飲むことができます。
お湯で淹れたコーヒーを、再度温め治したり、冷やしたりすることは、味の劣化を早めてしまう原因になります。
それは、コーヒーが酸化してしまうからです。
水出しコーヒーは、この味の劣化に影響する苦味や雑味の成分が少ないという特徴があるため、温度差による味の劣化が少なくなります。
つまり、朝までに水出しコーヒーの作り方で、作り置きしておいたコーヒーをポットに入れて、外出先に持っていき、昼ごろに飲んでも、コーヒーが酸化していないので、美味しく飲めます。
また、水出しコーヒーは、お湯で抽出した作り方と比べて、香りの成分の量も少なくなるといった特徴もあります。
香りや苦味などの個性を強調したい場合は、お湯を使用して淹れたり、味をまろやかにしたい場合は、水を使用して淹れるといった使い分けをすると良いでしょう。
スポンサーリンク

水出しで作ったコーヒーの特徴と気になるカフェイン

水出しコーヒー (1)
前述したように、お湯で抽出した作り方に比べて、水出しコーヒーの作り方だと、味がまろやかになるという特徴があります。

水出しで作ったコーヒーの味やカフェインの量

味に角があると感じる原因は、コーヒーの苦みやえぐみの成分です。
お湯で抽出した作り方の場合には、多く溶け出します。
お湯を使用した抽出方法では、この成分の量を抽出の過程で、うまく調整しなければ美味しくないと感じるコーヒーになってしまうのです。
対して、水で抽出する作り方では、この苦味の原因となるタンニンや、雑味などの成分が溶け出しにくくなります。
その結果、味がまろやかになり、飲みやすいコーヒーになるというわけです。
また、カフェインも水に溶けだしにくいという特徴があることから、お湯で淹れた場合に比べて含まれるカフェインの量は少なくなります。
コーヒーを飲むときにカフェインを気にされる方や、普段コーヒーが重たく飲みにくいと感じる方には、水出しコーヒーの作り方がおすすめです。
逆に、濃い味のコーヒーが好きな方にとっては、あっさりとした味わいで、物足らない感じに思われるかもしれません。
スポンサーリンク

コーヒーは水出しなら作り置きもできる|ホットは酸化して美味しくない

コーヒー 作り置き ホット

 

アイスコーヒーなら平気だけど、ホットのコーヒーって保温しとくと、酸っぱくておいしくないんですよね。

あれって魔法瓶のせいなのか、コーヒーが悪いのか、なんであんなふうになるんですかね?

 

コーヒーを水出しで作り置き|ホットだと酸化が早い

魔法瓶にホットコーヒーを入れておくと、冷めないのはいいけど、味はどんどん悪くなります。

 

それはコーヒーが酸化してるからなんですよ。

ホットコーヒーの作り置きは、マズくなるという事ですね。

 

酸化って熱の影響が大きくて、お湯で作るとその熱でホットコーヒーが酸化しちゃいます。

ですから、コーヒーメーカーで、保温された状態にあると、後で飲む時に、ホットコーヒーがマズくなってる、という、あの感じです。

 

カップにいれたホットのコーヒーだったら飲み切るし、そのうち冷めますが、魔法瓶みたいなのに入れたらずっと冷めずに熱いまま。

 

コーヒーメーカーで作り置状態。

その間ずっと熱のせいで、どんどん酸化して、作り置きではそのうちいや〜な酸っぱさのまずい味になっちゃいますので、ご注意です。

ホットコーヒーの作り置きは、しない方が良いです。

 

コーヒーを水出しで作り置き|酸化による味の変化

コーヒーをホットで作り置きすると、自分の熱でいつまでも酸化します。

あなたも冷めて時間がたったコーヒーだったら、作り置きを捨てて新しいのをいれたくならないですか。

 

作り置きしたホットのコーヒーだと1時間以上なんてことも。

水筒で持ち歩いたら何時間ものです。

そこまで放置(作り置き)したら味はどうなってると思いますか?

 

酸化したホットコーヒーの味っていや〜な酸っぱさになるんです。

ホットコーヒーの酸味って、もともとフルーツのような爽やか感じなんです。

酸化した作り置きのコーヒーの味って不快で、ひどいと飲めたものじゃないです。

それに、作り置きだと、苦味は残ってても、香りや風味なんかはもう消えてしまっていて無くなっています。

スポンサーリンク

まとめ

水出しコーヒーは苦味や雑味の少ないまろやかなコーヒーになります。
またカフェインの量も少なく、温度変化による劣化の影響を受けにくいという特徴があります。
お湯と比べて時間はかかりますが、特別な道具を使用しなくても、簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。
水出しコーヒーに関しても、これが正解といった作り方はありません。
自分の好みやライフスタイルに合わせたコーヒーの作り方を探して、コーヒーのある生活を楽しみましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミュウズ Cafe
タイトルとURLをコピーしました