注目キーワード

フレンチプレスのコーヒーを飲む時の豆の分量は|カスの捨て方

コーヒーを自宅で淹れるには、いくつかの方法があります。

そのなかで、初心者でも簡単にコーヒーを淹れることができるといわれているのが「フレンチプレス」です。

今回は、そのフレンチプレスの特徴や使い方について解説していきます。

こちらの記事を読んでくださいますと、「フレンチプレスのコーヒー豆の分量やあとのカスの捨て方」についてご理解いただけます。

 

 

 

フレンチプレスで入れるコーヒー|豆の挽き方・分量・時間

フレンチプレスでコーヒー
フレンチプレスでコーヒー

 

コーヒーの豆(粉)の分量と抽出時間が鍵ですので、ちょっと神経を使う場面です。

 

 

フレンチプレスに入れるコーヒー豆はやや粗挽き

ポットの中に粉を入れる

やや粗挽きの状態の豆をポットに入れましょう。

 

分量は、7グラムを1人分として人数分入れます。

豆の粉が細かすぎると、金属のフィルターを押し下げるときに余計に力が必要になったり、粉が分離しきれなかったりします。

 

使用する豆の分量 7グラムはあくまで参考値です。

好みによって、増減させてください。

何度か淹れてみて好みの濃さになるように調整してみると良いです。

 

フレンチプレスでコーヒーがおいしくなる時間

粉にお湯を注ぐ

人数分のお湯をポットの中に注ぎましょう。

使用するお湯は、沸騰した状態から少し冷ました温度で注ぎます。

 

これは、沸騰した状態のお湯を使用すると、コーヒーのえぐみの成分なども余計に抽出されてしまうため。

具体的には90℃~95℃程度の温度が適温とされています。

コーヒーは、お湯の温度が高いと、苦く濃く出ます。

逆に温度が低いと、酸味が出て味が薄くなる傾向があります。

 

粉に浸透するようにゆっくりお湯を注いだら、へらなどで粉を撹拌させると、しっかりコーヒーの抽出が進みます。

フィルターを下げずに、そのまま3~4分程度待ちましょう。

 

時間が来たらゆっくりとフィルターを押し下げてプレスしましょう。

細かい粉が舞ってしまわないように、ゆっくりとフィルターを押し下げます。

コーヒーをカップに注いで出来上がりです。

関連記事

この記事でお伝えすることは次の通りです。・ご自宅でコーヒーを楽しむ為の準備と入れ方について・必要な器具や道具・基本的なハンドドリップの入れ方と大切なポイント ご自宅でのコーヒーの[…]

コーヒー いれ方

 

 

フレンチプレスのコーヒーの特徴とカスの捨て方

フレンチプレスでコーヒー
フレンチプレスでコーヒー

 

フレンチプレスとは、コーヒーを抽出する器具の名前です。

その特徴とコーヒーカスの捨て方を解説します。

 

フレンチプレスで入れたコーヒーの特徴

フレンチプレスでは、抽出にペーパーやネル(布)を使用しないことから、それらを使用した方法よりも油分が多く抽出されます。

また、金属のフィルターで分離しきれなかったコーヒーの微粉が含まれるため、少し濁りのあるコーヒーになるのも特徴です。

 

フレンチプレスを使用した抽出で味が変わる条件は、使用する豆の量や挽き具合、お湯の温度と量、抽出時間です。

これらの条件を毎回同じにすることで、同じ味を再現することも容易になります。

 

反対に、これらの抽出条件を変えることで味の調節を行い、好みの味を探すことが可能です。

フレンチプレスでの抽出は非常にシンプルで、いくつかの条件を整えれば簡単においしいコーヒーを淹れることができます。

何度か試してから、自分好みの条件に調整していくのも良いです。

 

コーヒーカスの捨て方

飲み終わったあと、フレンチプレスの底には、コーヒーのカスが残ります。

細長い形状をしていますので、なかなかキレイに取るのが大変です。

 

そうかと言って、水で洗い流すとコーヒーの細かいカスが、三角コーナー等の袋の編み目を通り抜けてしまいます。

コーヒーの粉の方がつぶつぶが小さいからです。

 

そこで、キッチンペーパーやティッシュを使うことにします。

ザルなどに、キッチンペーパーやティッシュをコーヒーの粉が残りやすい形状にセットします。

そこへ、ペンチプレスの底に残っているコーヒーの粉カスに水で洗い流すようにして、こしていくイメージで入れていくとペンチの中のコーヒーカスはキレイに取れます。

 

また、コーヒーの残りかすは脱臭剤に使えますので、このやり方だと、ティッシュに残ったコーヒーカスをそのまま容器に移して使う事も可能です。

関連記事

この記事でお伝えすることは、次の通りです。・コーヒー粉の残りかすを脱臭剤にする方法・コーヒー豆の消臭、脱臭効果についてペーパーフィルターに残ったコーヒーかすは脱臭剤として有効活用出来ます。こちらの[…]

コーヒー 脱臭剤 作り方

 

まとめ

フレンチプレスでコーヒーを淹れるには、『やや粗挽きの豆』と『沸騰から少し冷ました温度のお湯』をそれぞれ人数分準備して以下の手順で抽出を行います。

1.ポットの中に粉を入れる
2.粉にお湯を注いで3~4分待つ
3.プレスしてコーヒーをカップに注ぐ

 

 

フレンチプレスで抽出されたコーヒーは、油分が多く、豆の微粉で少し濁りがあるのが特徴。

抽出方法がシンプルで、抽出条件を変えなければ毎回安定した味で抽出ができます。

 

捨てるときには、キッチンペーパーやティッシュを使って、こしてあげると、その後で脱臭剤にも使えます。

 

抽出条件に気を付けて、自分好みのおいしいコーヒーを楽しんでください。

関連記事

筆者は「コーヒーなんて大差ない」なんて思っていました。 しかし、実は知れば知るほどに、奥が深い。そして、「眠気覚ましには、コーヒーがいいよ」と定説だと思っていたことが、実は違ったりする発見もあります[…]

コーヒー まとめ
コーヒー フレンチ
最新情報をチェックしよう!