コーヒーの作り方

コーヒーは温度で味が変わる!ドリップ美味しく飲むなら温度計!

コーヒーと 温度コーヒーの作り方
スポンサーリンク

もっとも一般的なコーヒーの飲み方は、ドリップでコーヒーを飲む方法です。

コーヒー豆を挽いて、お湯を注いで、コーヒーを抽出する。

こだわる方は、豆を自分で焙煎する人もいます。

ドリップでコーヒーを美味しく飲むには、温度が重要です。

先に一つ覚えておくべきことは、美味しい味には、個人差があることです。

好みと言い換えても良いです。

試行錯誤をして、自分にとっての美味しい味を見つける必要があります。

当記事では、あくまでも一般論として紹介しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドリップコーヒーのお湯の温度にこだわる

コーヒーと 温度 (1)

コーヒーの味に影響するのは、豆の種類・豆の挽き方だけではなく、お湯の温度によっても、大きく変わります。

今回の記事では、ハンドドリップで入れるコーヒーに注目して紹介します。

 

ドリップなら注ぐお湯の温度にこだわる|コーヒーが美味しい温度

コーヒーに注ぐお湯の温度は、沸騰したばかりのお湯はNGです。

高めのお湯の温度は、90〜95度ほどです。

低めのお湯の温度は、85〜90度ほどです。

 

一般的に、高めのお湯でコーヒーを入れると、苦くて濃い味のコーヒーになります。

低めのお湯で入れると、酸味・甘みが出て、マイルドになります。

また、低めの温度で入れると、抽出に時間がかかります。

 

苦味が強い方が好きなのか、酸味や甘みがある方が好きなのかになって、温度を調節し、自分の好きな味を見つけると良いです。

 

コーヒーをドリップで飲む!温度が大事|温度計付きのポットもある

コーヒーを入れるお湯の温度にこだわると、温度計が必須になります。

美味しいコーヒーにこだわるのであれば、豆の種類や豆の挽き具合にこだわるのと同じくらいに、温度にこだわる必要があります。

温度計付きのポットもありますし、ドリップ用の温度計もありますので、お勧めします。

 

コーヒー温度計のおすすめ(カリタ)

 

ドリップコーヒーを抽出する温度

ドリッパーにフィルターをセットし、ペーパーフィルターなら、一度お湯を通してから、コーヒー粉をセットします。

次に、90度前後のお湯をコーヒー粉に注いで、粉を膨らませます。

「の」の字を書くように、全体にゆき渡らせるようにします。

この時に、よく混ざるように、スプーンで混ぜるのもアリです。

 

次に「抽出する」作業です。

この時の抽出する温度にこだわってみましょう。

自分の好みの味わいを見つけてください。

高めのお湯なら、早く味が抽出されて、苦味が強くなります。

低めなら、遅く味が出て、酸味と甘みが抽出されます。

 

 

コーヒーの飲みごろの温度

コーヒーの飲み頃の温度にも、個人差があります。

ただし、一般的には、68〜70度くらいが飲み頃とされています。

抽出する時間をあまり長くすると、飲み頃の温度が低下してしまいます。

砂糖やミルクを入れると、さらに温度が下がりますので、ドリップ仕立ての温度が、80度をしたまわならないように調整した方が良いです。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの入れ方|焙煎・挽き方〜ドリップ・フレンチ。について
  2. ドリップコーヒーの入れ方|量・挽き方・温度・蒸らし・抽出・時間
  3. 水出しコーヒーの作り方
  4. フレンチプレスでコーヒーを入れる方法|かすの捨て方
  5. コーヒーは温度で味が変わる!ドリップ美味しく飲むなら温度計! ★当記事
  6. コーヒー抽出の方法・時間・温度で味が違う!抽出器具も味に関係
  7. コーヒーに油膜!元は豆に含まれる脂質
  8. コーヒー豆の挽き方で味の違い
  9. コーヒーの焙煎を知ると楽しい
タイトルとURLをコピーしました