コーヒー

コーヒーにおすすめドリップポットを選ぶ

スポンサーリンク
ドリップポット (1)コーヒー

コーヒーをハンドドリップで入れる時に、重要な要素の一つは、ドリップポットです。

実際にやってみるとわかりますが、ドリッパーにセットしたコーヒー粉に、慎重にお湯を入れていくときには、細く静かに注いでいく必要があります。

コーヒー粉を蒸らして、いよいよ抽出する時のお湯の注ぎ方で、抽出時間も変わってきます。

以上のように、お湯をデリケートに注ぐには、専門のドリップポットが必要です。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーをハンドドリップで入れる おすすめドリップポットを選ぶ

ドリップポット

繰り返しですが、ドリップでコーヒーをいれるには、お湯を静かに・細く・長く、注いでいく必要があります。

ケトルのような、注ぎ口では、お湯を細く注ぐのは、難易度が高いのです。

ハンドドリップでコーヒーをいれるには、注ぐ口が細いポットが最適なのです。

ケトルで細くお湯を注ぐのは、大変ですが、注ぎ口が細いドリップポットなら、誰でもお湯の量を調節して注いでいくことができます。

 

 

 

ドリップポットは100均で売ってない|ドリップポットはハンドドリップの肝

ハンドドリップでコーヒーをいれる時、最も重要なポイントが、お湯をうまく注ぐことです。

ドリップコーヒーを美味しく入れるには、重要ポイントには、少しだけお金をかけましょう。

実際に、100均では、ドリップポットは販売されていません。

 

無印にはドリップポットは

品質の良い商品が揃っている無印で、販売されているドリップポットは、残念ながら内容です。

ケトルはありますが、やはりヤカンなので、注ぎ口は、それほど細くありません。

他には、白磁のティーポットなどがありますが、やはり注ぎ口は、ハンドドリップに最適とは言えません。

 

コーヒーのドリップポット おすすめはタカヒロの「雫」|直火OK

ハンドドリップする時の理想的なドリップポットを探してみると、おすすめはやはりタカヒロの「雫」です。

新潟県燕市のタカヒロは、厨房用品などの製造販売で、燕三条のものづくり企業で知られています。

そのタカヒロのステンレス製の「雫」は、かなりおすすめです。

注ぎ口は極細で、ハンドドリップに最適です。

開口部が広いので、中に手を入れて洗うこともできます。

直火OK。

0.9リットルタイプなら、IHもOKです。

 

コーヒーのドリップポットはニトリのドリップカップ

ニトリの製品にもドリップポットがあります。

製品名は、ドリップカップといいます。

容量は、350mlなので、一人分のコーヒーをいれるには、ちょうど良い感じです。

 

メリタのドリップポット

メリタは、ドイツのコーヒー器具の専門メーカーです。

ドリップポットの種類も、数多く販売されています。

細い注ぎ口で、手入れのしやすいものを選ぶと良いです。

 

コーヒー のドリップポットはカリタも良い

カリタは、メリタと名前が似ていますが、日本のコーヒー器具の専門メーカーです。

今や、ドイツのメリタと同じくらいの有名ブランドになっています。

カリタのドリップポットは、注ぎ口にバリエーションがあります。

細い注ぎ口と細くも太くもそそげるタイプもあります。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーの入れ方はドリップが美味しい?フレンチプレスもいい!
  3. フレンチプレスのコーヒーを飲む時の豆の分量は|カスの捨て方
  4. コーヒー抽出の方法・時間・温度で味が違う!抽出器具も味に関係
  5. コーヒーをハンドドリップで入れる!手軽で簡単だが最も奥深い
  6. コーヒーにおすすめドリップポットを選ぶ ★当記事
  7. コーヒーが美味しくなるのは温度だった!
  8. コーヒーは水出しなら作り置きでも美味しく飲める!
  9. 水出しコーヒーの作り方|器具と気になるカフェイン
  10. コーヒーに油膜?|汚れ(洗い残し)ではありません!大事なもの
  11. コーヒー豆の挽き方で味の違いが出る!あっさりから濃い・苦いまで
  12. コーヒーの焙煎を知ると楽しい
タイトルとURLをコピーしました