コーヒー

自宅コーヒーを本格的にするドリッパー セット|各器具メーカー

コーヒー ドリッパーセットコーヒー
スポンサーリンク

いよいよ、自宅コーヒーを本格的に、という気持ちになってきているあなたへ。続けるかどうかわからないので、一番安い器具で良いと考えていると、美味しいコーヒーから遠ざかることになるかもしれません。せっかくコーヒー好きになりかけた気持ちにブレーキが掛かるかもしれませし、買って失敗したと思うかもしれません。

そうならずに済むように、コーヒードリッパーのセットを紹介いたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー ドリッパーセットを紹介

自宅コーヒーを始める時に、コーヒー器具を徐々に買い揃えていくタイプの方と、良くわからないので、メーカーでセットにしているものを一セットで購入するという考え方があります。

どちらの考え方も「一理あり」と思います。

当サイトでは、一点に注目したものと、各コーヒー器具メーカーがおすすめするセットを紹介していまいります。

 

コーヒーミルとドリッパーのセット おすすめします

まず筆者がおすすめするミルとドリッパーのセットを紹介します。

ミルは、刃のタイプと臼のタイプがあります。挽かれた豆が均一の粉になっているのは、臼のタイプです。刃の場合、ドリップに使いたい中挽きほどだと、出来上がった粉は均一ではありません。臼のタイプは少し時間はかかりますが、その代わりに、きれいに挽くことが出来ます。

 

陶器やガラスは、重いし、ぶつけたりしないように気も使います。樹脂製が軽くてよいが、耐久性には難があり、うっかりぶつけると割れてしまうこともあります。この製品の場合、かなりタフに扱うことが出来ますし、陶器のように温める必要もありません。

 

サーバーは、ドリッパーとの相性を考慮して、HARIOのV60をセットするのが良いでしょう。

 

商品名は電気ケトルですが、注ぎ口は細く使えます。温度設定は、5度刻みですが、実用的には問題無しと使用中です。保温もききますし、85度・90度でドリップコーヒーをいれたい方には、特におすすめします。

 

 

メリタのドリッパーセット

以前商品化されていたセットは現在利用できないため、メリタ製品を組み合わせて紹介します。

もし一人でお使いになるとしても、安定したコーヒーを入れるには、2杯で入れるほうが望ましいため、2〜4杯用を紹介します。ドリップした後は、サーバーを揺すって、良く混ぜましょう。

 

ドリップしたばかりのコーヒーは、サーバーの中で、均一の状態になっていません。ですので、軽く揺すって混ぜてあげるのです。

 

ペーパーフィルターは、色付きのほうが僅かに紙の匂いがしますので、白いほうがおすすめです。

 

kono式コーヒードリッパーセット

Konoは、日本の老舗コーヒー器具メーカーです。

kono式のドリッパーでコーヒーを入れるとネルドリップで入れたような味わいになると評判になったものです。

ドリッパーは、HARIOとデザインが似ていますが、味わいはよりコクや奥行きを感じる仕上げになると感じる方が多いようです。

ハリオのドリッパーと形状が、良く似ているので、フィルターを応用してる人もいると聞きますが、コーノ式のネルドリップで入れた味わいを感じるためには、フィルターは専用のものが必須です。

コーノ式のドリップ方法

各メーカーには、ドリッパーに合わせたドリップ方法(お湯の注ぎ方)があります。その中でも、コーノ式は少し変わっています。

まず、粉の中心に、ポタポタと雨だれのようにゆっくりとお湯を注いでいきます。ドリッパーから1滴目がおちるまで、30秒くらいの時間をかけてポタポタと注ぎます。

落ち始めたら、中心から円を描きながら、徐々に範囲を広げてゆっくりと注ぎます。予定の分量の3分の1くらいが抽出されるまで続けます。次に、3分の1になったら、少し注ぐスピードを上げて予定の湯量を注ぎます。サーバーに予定分量が抽出されたら、全部が落ちる前にサーバーから外します。

一番の特徴は、他メーカーが提唱する最初の「蒸らし」がないことです。

 

コーヒードリッパーのセット ハリオ


HARIOからは、入門キット的なセットとドリップを楽しめるスタンド付きのセットを紹介します。

スタンド付きの方が、ドリッパーから抽出されたコーヒーが、色を変化させながら落ちていくさまを楽しむことが出来て、おすすめです。

 

コーヒー ドリッパー セット アウトドア


アウトドアというと、上記のバネ形状のドリッパーが有名です。ですが、このタイプはこのままペーパーフィルターをセットしてお湯を注ぐもので、見た目がワイルドな印象がありアウトドア向きと考える方もいるようです。しかし、実際には、フィルター自体が外気にさらされすぎていて、コーヒーの温度が冷めてしまいます。夏なら良いですが、外気温が下がっていたり、風が多少でもある中だと、お湯が冷めてうまく抽出ができません。

カリタのアウトドアセットは、流石に老舗のメーカーらしく、良く考えられており、キャンプの場面で寒い外気の中で美味しいコーヒーを飲めるよう考えられています。おすすめです。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒードリッパーは深い!ドリップポットを選び!スタンドも拘る
  2. コーヒーをドリップで入れるならドリップポットを買うべき
  3. コーヒードリッパー おしゃれなデザインで美味しく飲もう
  4. コーヒードリッパー おすすめを選ぶ
  5. コーヒードリッパー 無印の1杯用はゆったりサイズ
  6. 自宅コーヒーを本格的にするドリッパー セット|各器具メーカー*当記事
  7. コーヒーはドリップスタンドを使うと本格的な雰囲気が整う
  8. ダイソーのコーヒードリッパーは100均比較で最強かも!
タイトルとURLをコピーしました