コーヒー

コーヒーに糖質は全然ない!ただしミルクや砂糖には注意!

スポンサーリンク
コーヒーに糖質コーヒー

ダイエットやなんらかの病で、糖質制限をしてる人は多いと思います。

砂糖に限らず、米などの炭水化物にも糖質は多く含まれています。

あまいお菓子やケーキ、米はよく言われますし、分かりやすいですが、コーヒーはどうでしょう?

普段から好きでよく飲むなら、コーヒーの糖質も気になります。

 

インスタントやレギュラーで違いはあるのか?

コーヒーに入れる、砂糖やミルクの糖質はどれくらいなのか?

そのあたりをまとめました。

 

スポンサーリンク

コーヒーの糖質はどれくらい

コーヒーに糖質 (1)

コーヒーに糖質はどれくらいあるでしょうか?

いろんなブラックコーヒーの糖質を見ていきます。

 

コーヒー(ブラック)の糖質は全然ない

例にあげるコーヒーは、みんなの身近にあるセブンイレブンのコーヒーです。

 

ホットコーヒーの糖質

  • Rサイズ 1グラム
  • Lサイズ 1.8グラム

 

アイスコーヒーの糖質

  • Rサイズ 1.4グラム
  • Lサイズ 1.9グラム

一応、ローソンも見てみましょう。

 

ローソンのホットコーヒーの糖質

  • Sサイズ 1グラム
  • Mサイズ 1.3グラム
  • Lサイズ 1.4グラム

 

大して変わりはありません。

ブラックコーヒーには、糖質は全然ありません。

 

スティックコーヒーの糖質

抽出したコーヒーの糖質はほとんどありませんでした。

では、スティックタイプなどのインスタントはどうでしょう?

 

「ちょっと贅沢なコーヒー店 スペシャルブレンド」では、炭水化物(糖質)は1.35グラム。

やはり、ブラックなら糖質はほとんどありません。

 

しかし、同じスティックタイプでも、乳成分や糖分があると、糖質は一気に増えます。

例えば、「ブレンディのスティックカフェオレ 甘さなし」では、炭水化物は5.1グラム。

 

スポンサーリンク

コーヒーの糖質は、ミルクや砂糖で急増する

コーヒーに糖質 (2)

コーヒー自体に糖質はほとんどありませんが、ミルクや砂糖は糖質の塊です。

コーヒーのお供といえる近い存在なので、糖質制限には大敵です。

 

コーヒーミルクの糖質

コーヒーにミルクと言えば、牛乳とコーヒーフレッシュがありますね。

 

牛乳の糖質は100グラムあたり、4.8グラムです。

セブンイレブンのカフェラテを見てみると…

 

セブンのホットカフェラテ

  • Rサイズ 糖質7.7グラム
  • Lサイズ 糖質11.4グラム

砂糖なしのミルクが入るだけで、糖質はここまで上がります。

 

では、コーヒーフレッシュはどうなのか?

コーヒーフレッシュはミルクではなく、水と油から出来ています。

そのため、一個あたりの糖質は0.2グラムです。

これが良いのか悪いのか、少なくともミルクとは違います。

 

ちなみに、砂糖は1グラムがそのまま糖質1グラムになります。

 

豆乳コーヒーの糖質

牛乳は糖質が多いと分かりましたが、豆乳ならどうでしょうか。

豆乳は調整と無調整があるので、分けて見る必要があります。

 

100グラムあたりの糖質では

  • 調整豆乳 4.5グラム
  • 無調整 2.9グラム

 

調整豆乳は飲みやすくするのに、あまさなどを加えて味付けしています。

それでも牛乳の4.8よりは少ないのです。

無調整なら半分近くも少くなります。

 

スポンサーリンク

コーヒーゼリーの糖質

実は気になる人も多い、コーヒーゼリーの糖質。

コーヒーゼリーは低カロリーかつ、低糖質で、ダイエット向きとして注目されています。

 

コーヒーのカロリーと糖質

まず、コーヒーゼリーの元となるコーヒーに注目です。

コーヒーはほとんどが水なので、それ自体カロリーと糖質は全然ありません。

 

また、セブンイレブンのホットコーヒーを見てみます。

Rサイズで、糖質1グラム、カロリーは7kcalです。

全然ありませんね。

 

コーヒーゼリーの糖質とカロリー

コーヒーゼリーは、コーヒーとゼラチンから作られます。

ゼラチンも同じくダイエットに関する数値の低い食品です。

 

「カロリーSlism」のサイトによると、コーヒーゼリーは、100グラムあたり39kcal。

糖質は8.5グラムです。

 

市販のコーヒーゼリーは生クリームや、ホイップクリームなどがかかってるのでカロリー多めです。

しかし、それらを取り除いたコーヒーゼリー自体は、数値は高くありません。

ちなみに、セブンイレブンのホットカフェラテRサイズは、94kcalです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

コーヒーの糖質は、ほとんど無いと分かったと思います。

ブラックコーヒーはほぼ水なので、カロリーも糖質もかなり低いのです。

 

しかし、コーヒーに入れる砂糖やミルクは、カロリーや糖質を大きく増やします。

糖質制限しているなら、カフェラテよりブラックがおすすめです。

コーヒーゼリーも、ダイエットにはいいですね。

プリンや果物ゼリーよりは、ずっとダイエット向きです。

 

糖質を気にしているのであれば、ブラックコーヒーは問題ありません。

安心してコーヒーを楽しんでください。

 

 

  1. コーヒーを飲むときに注意しておいた方がいいこと!
  2. コーヒーの飲み過ぎは何杯から?こんな症状には注意!
  3. コーヒーにもアレルギーがあるってご存知でしたか?
  4. 薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?
  5. 薬とコーヒーは安易に合わせない!コーヒーも昔は薬だった?
タイトルとURLをコピーしました