コーヒー

コーヒーの糖質はゼロに近い!ただしミルクや砂糖には注意!

スポンサーリンク
コーヒーに糖質コーヒー

ダイエットやなんらかの病で、糖質制限をしてる人は多いと思います。

砂糖に限らず、米などの炭水化物にも糖質は多く含まれています。

あまいお菓子やケーキ、米はよく言われますし、分かりやすいですが、コーヒーはどうでしょう?

普段から好きでよく飲むなら、コーヒーの糖質も気になります。

 

インスタントやレギュラーで違いはあるのか?

コーヒーに入れる、砂糖やミルクの糖質はどれくらいなのか?

そのあたりをまとめました。

 

スポンサーリンク

コーヒーの糖質はゼロに近い

コーヒーに糖質 (1)

コーヒーに糖質はどれくらいあるでしょうか?

いろんなブラックコーヒーの糖質を見ていきます。

 

コーヒー(ブラック)の糖質量|ほぼ無いに等しい

例にあげるコーヒーは、みんなの身近にあるセブンイレブンのコーヒーです。

 

ホットコーヒーの糖質

  • Rサイズ 1グラム
  • Lサイズ 1.8グラム

 

アイスコーヒーの糖質

  • Rサイズ 1.4グラム
  • Lサイズ 1.9グラム

一応、ローソンも見てみましょう。

 

ローソンのホットコーヒーの糖質

  • Sサイズ 1グラム
  • Mサイズ 1.3グラム
  • Lサイズ 1.4グラム

 

大して変わりはありません。

ブラックコーヒーには、糖質は完全にゼロではありませんが、ないに等しいということです。

 

スティックコーヒーの糖質量

抽出したコーヒー、つまりレギュラーコーヒーの糖質は、ほとんどありませんでした。

では、スティックタイプなどのインスタントはどうでしょう?

 

「ちょっと贅沢なコーヒー店 スペシャルブレンド」では、炭水化物(糖質)は1.35グラム。

やはり、ブラックなら糖質はほとんどありません。

 

しかし、同じスティックタイプでも、乳成分や糖分があると、糖質は一気に増えます。

例えば、「ブレンディのスティックカフェオレ 甘さなし」では、炭水化物は5.1グラム。

 

スポンサーリンク

コーヒーの糖質は、ミルクやコーヒーフレッシュ・砂糖で急増する

コーヒーに糖質 (2)

コーヒー自体に糖質はほとんどありませんが、ミルクや砂糖は糖質の塊です。

コーヒーのお供といえる近い存在なので、糖質制限には大敵です。

 

コーヒーミルク(牛乳)とフレッシュの糖質量

コーヒーにミルクと言えば、ミルク(牛乳)とコーヒーフレッシュがありますね。

 

牛乳の糖質は100グラムあたり、4.8グラムです。

セブンイレブンのカフェラテを見てみると…

 

セブンのホットカフェラテ

  • Rサイズ 糖質7.7グラム
  • Lサイズ 糖質11.4グラム

砂糖なしのコーヒーに、ミルク(牛乳)が入るだけで、糖質はここまで上がります。

 

では、コーヒーフレッシュはどうなのか?

コーヒーフレッシュは、原料はミルクではなく、水と油から出来ています。

そのため、一個あたりの糖質は0.2グラムです。

これが良いのか悪いのか、少なくともミルクとは違います。

ちなみに、砂糖は1グラムがそのまま糖質1グラムになります。

 

豆乳コーヒーの糖質量

牛乳は糖質が多いと分かりましたが、豆乳ならどうでしょうか。

豆乳は調整と無調整があるので、分けて見る必要があります。

 

100グラムあたりの糖質では

  • 調整豆乳 4.5グラム
  • 無調整 2.9グラム

調整豆乳は飲みやすくするのに、あまさなどを加えて味付けしています。

それでも牛乳の4.8よりは少ないのです。

無調整なら半分近くも少くなります。

 

コーヒーの糖質を抑えるには砂糖の代わりに

砂糖は、糖質が高いです。

糖質を抑えるには、砂糖の代わりを、試してみて下さい。

砂糖の糖質は100gあたり99.2g、はちみつは79.7g、メープルシロップなら66.3gです。

甘みは、はちみつが一番強く、次いで砂糖、メープルシロップの順です。

カロリーが多いのは、砂糖が一番、2番がはちみつ、一番低いのはメープルシロップです。

他の栄養素では、砂糖には糖分しかありませんが、はちみつとメープルシロップには、ミネラルが豊富です。

栄養が最も豊富なのは、実はメープルシロップです。

カリウム・カルシウム・マグネシウムが、豊富です。

コーヒーに入れたときの味は、はちみつには少しクセがありますが、メープルシロップは自然な甘みがあります。

 

スポンサーリンク

コーヒーゼリーの糖質

コーヒーゼリーの糖質は、どうなのか気になる人も多いと思います。

コーヒーゼリーは、低カロリーかつ、低糖質で、ダイエット向きとして注目されています。

 

コーヒーのカロリーと糖質

まず、コーヒーゼリーの元となるコーヒーに注目です。

コーヒーはほとんどが水なので、それ自体カロリーと糖質は全然ありません。

 

また、セブンイレブンのホットコーヒーを見てみます。

Rサイズで、糖質1グラム、カロリーは7kcalです。

全然ありませんね。

 

コーヒーゼリーの糖質とカロリー

コーヒーゼリーは、コーヒーとゼラチンから作られます。

ゼラチンも同じくダイエットに関する数値の低い食品です。

 

「カロリーSlism」のサイトによると、コーヒーゼリーは、100グラムあたり39kcal。

糖質は8.5グラムです。

 

市販のコーヒーゼリーは生クリームや、ホイップクリームなどがかかってるのでカロリー多めです。

しかし、それらを取り除いたコーヒーゼリー自体は、数値は高くありません。

 

スポンサーリンク

コンビニコーヒーの糖質|タリーズやスタバは?

お店のコーヒーの糖質量をチェックしてみました。

 

コンビニコーヒーの糖質(炭水化物量)

各コンビニの糖質量は以下の通りです。(糖質+食物繊維=炭水化物)

  • セブンカフェ(セブンイレブン)ホットコーヒーR     |糖質1.0g
  • セブンカフェ(セブンイレブン)ホットカフェラテR  |糖質7.8g
  • ファミリーマート                     ブレンド                |炭水化物1.0g
  • ファミリーマート                     カフェラテ             |炭水化物6.4g
  • ローソン                                 コーヒーM             |炭水化物1.0g
  • ローソン                                 カフェラテM          |炭水化物7.0g

タリーズコーヒーの糖質

タリーズでは、沢山のコーヒーが用意されています。

当ページでは、その一部を紹介します。

  • 本日のコーヒー        ショート1.5g|トール2.3g|グランデ3.1g
  • カフェラテ(牛乳)  ショート8.1g|トール10.5g|グランデ13.9g
  • カフェラテ(無脂肪乳)ショート12.2g|トール15.9g|グランデ20.7g

スタバ コーヒーの糖質

スタバのコーヒーの一部を紹介します。

  • コーヒー                 炭水化物3.3g
  • スターバックスラテ  炭水化物16.9g
  • ソイラテ                 炭水化物10.1g

 

スポンサーリンク

コーヒーは糖質制限中の飲み物として最適?バターコーヒーは?

コーヒー自体は、前述の通り、ほとんど糖質を含んでいません。

ですので、糖質制限のダイエットをしている方でも、気にしないで飲むことが出来ます。

ただし、ブラックコーヒーです。

あるいは、コーヒーフレッシュ1個なら、0.2gですので、OKと考えて良いでしょう。

ミルクと砂糖は要注意です。

 

またダイエット中の方ならば、バターコーヒーにも関心があると思います。

バターコーヒーにも、糖質はほとんどはいっていませんが、脂質が気になるかも知れません。

バターコーヒーは、グラスフェッドバターとMCTオイルを加えて、よくかき混ぜたものです。

グラスフェッドバターは、牧草だけで育った牛の牛乳から作られたバターで、他のバターと違い、不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

他のバターの脂質が、飽和脂肪酸であり、体に残りやすいことに対し、不飽和脂肪酸は植物や魚に含まれる脂質で、太らない脂質と言われています。

 

またMCTオイルは、中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームに含まれる脂質です。

吸収・消化が早く、糖質制限中のエネルギー補給になるとされます。

 

以上のように糖質制限中の飲み物に、コーヒーは最適です。

ただし、コーヒーのカフェインは、飲み過ぎると、体調不調を起こします。

特に、食べないダイエットをしている方が、コーヒーを飲みすぎると、コーヒーのカフェインとポリフェノール(クロロゲン酸)が胃を刺激し、体調不調を招きやすくなるので、注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

コーヒーの糖質は、ほとんど無いと分かったと思います。

ブラックコーヒーはほぼ水なので、カロリーも糖質もかなり低いのです。

 

しかし、コーヒーに入れる砂糖やミルクは、カロリーや糖質を大きく増やします。

糖質制限しているなら、カフェラテよりブラックがおすすめです。

コーヒーゼリーも、ダイエットにはいいですね。

プリンや果物ゼリーよりは、ずっとダイエット向きです。

 

糖質を気にしているのであれば、ブラックコーヒーは問題ありません。

安心してコーヒーを楽しんでください。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク
  3. コーヒーは体にいい!でも注意も必要!
  4. コーヒーの一日の摂取量は何杯までならいいのか
  5. コーヒーの飲み過ぎで気持ち悪い!頭痛や下痢も吐き気も!
  6. コーヒーのアレルギーは検査で分かる!遅延型アレルギー症状は?
  7. コーヒーのカロリー|お店別・飲み方・ミルクまで
  8. 薬をコーヒーで飲むのはNG!効かなくなったり効き過ぎたり!
  9. コーヒーの糖質はゼロに近い!ただしミルクや砂糖には注意! *当記事
  10. 薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?
タイトルとURLをコピーしました