注目キーワード

コーヒーの口臭はガムで防止出来る!口臭の理由は何?

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

コーヒー口臭を悪化させます。何故、口臭悪化するのか

〇コーヒーによる口臭を消す対策にはガム。他に、なにがあるのか

 

コーヒーを飲んだ後、口の中は口臭が発生しやすい環境になっています。

カフェやコンビニ、自動販売機で手軽にコーヒーを飲める時代になりました。

 

いつの間にか自分の口臭が他人に迷惑をかけていた!

なんてことにならないよう、口臭の原因とガム等の対策を確認しておこう。

それでは、解説いたします。

 

 

コーヒーの口臭はガムで防止出来る!

コーヒー 口臭 ガム

 

コーヒーを飲んだ後は、口臭が発生しやすくなっています。

口臭が発生してくる前に、ガムやオーラルケアで対策をしておいた方がイイです。

 

 

コーヒーの口臭防止|口腔内を清潔に保つためにオーラルケアを行う

コーヒー 口臭 ガム

 

コーヒーを飲んだ後は、舌の付着物(コーヒー豆の粒子)に対して、

オーラルケアを行います。

 

特に、コーヒーに砂糖やミルクなどを入れた場合は、

早めにケアを行うといいですね。

 

外出先で口臭が気になるときは、コーヒーを飲んだ後に

水を飲むことや、マウスウォッシュを使用、ガムを噛んで

唾液を分泌させ、などして洗い流すとよいでしょう。

水で洗い流すのが、最も簡単です。

コーヒー好きで、口臭が気になる人は、

マウスウォッシュやガムを携帯しておくのが良いです。

 

舌磨きをするときは、あまり強く磨きすぎて、

舌の表面を傷つけないように注意してください。

 

 

 コーヒーの口臭はガムで防止|唾液や水分で口の中の乾燥を防ぐ

コーヒー 口臭 ガム

 

口腔内の乾燥への対策として、コーヒーを飲んだあとに、

水分補給をすることや、シュガーレスのガムをかむなどして、

唾液の分泌を促してあげるとよいです。

 

ガムを噛むことで、唾液が分泌されて、口臭原因物質が減少するからです。

(*ただ、口が渇いていない状態の人に、ガムを噛んでもらって

唾液を増やすと口臭原因物質は、減らずに若干増加するという説があります。)

 

とくに寝起きの目覚ましでコーヒーを飲むときには

口腔内の乾燥に注意しましょう。

 

ガムなどで、口の中を潤してあげることは、口腔内を清潔に保つ意味でも大切です。

コーヒーを飲んだ後は、口の中が乾燥していないか意識して、

口臭の原因を作らないように気を付けると良いです。

 

口の中の乾燥がないのであれば、ガムを噛むことの効果は

ないかもしれません。

その場合は、ガムを噛むよりも、口の中を洗い流して清潔にする、オーラルケアの方が有効ですね。

関連記事

コーヒーにはダイエットの効果があると言われています。本当にそうなのか、調べてみると、論文がありました。紹介します。そこで、この記事では、コーヒーダイエットの効果や飲むタイミングなどを詳しく解説していきます。&[…]

コーヒーでダイエット

 

 

 

コーヒーで口臭!その理由は?

コーヒー 口臭 ガム

 

そもそも、なぜコーヒーから口臭になるのか。

それは、コーヒーを飲むと、

口の中は口臭が発生しやすい環境になっているのです。

 

具体的には、次の3つのポイントが原因と考えら荒れています。

1)舌に付着したコーヒーやミルクなどの成分

2)唾液の分泌量の低下による口の中の乾燥

3)口の中が酸性になっている

 

さらに掘り下げてみます。

 

 

コーヒーの口臭の理由|舌に付着したコーヒーやミルク成分

コーヒー 口臭 ガム

 

コーヒーを飲んだ後には、コーヒーの豆成分が舌の表面に残ることは、

舌の表面が茶色くなることからもわかります。

 

このコーヒー豆成分の粒子が、舌の表面にある凹凸に付着し、

臭いの元になります。

 

コーヒーの成分と同様に、ミルクなどのたんぱく質も舌に付着します。

このたんぱく質が、口の中の細菌に分解されると、

揮発性硫黄化合物などのガスが発生し、これが口臭となるのです。

 

コーヒーの後、水を飲んだり、マウスウォッシュ・ガムを噛むなどするなどの、

オーラルケアが有効です。

 

コーヒーの口臭の理由|口の中の乾燥

コーヒー 口臭 ガム

 

コーヒーには、カフェインが含まれています。

カフェインには、神経を緊張させる効果や利尿作用があります。

 

利尿作用により、体の中の水分が減少しやすくなり、

唾液の作られる量が低下してしまいます。

 

その結果として、コーヒーを飲んだ後の口の中が

乾燥しやすくなってしまうのです。

 

 

口腔内の唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥すると、

口の中の菌や食べかすなどを洗い流す働きが弱くなります。

 

そして唾液には、口の中の細菌の繁殖を抑える役割があります。

ガムを噛んで、唾液を分泌させる。

その結果として、口の中の細菌が増えてしまい、口臭が発生してしまいます。

 

この場合、口の中の乾燥が原因していますので、「ガムを噛むこと」が有効です。

関連記事

この記事でお伝えすることは、次の通りです。・コーヒーと緑茶のカフェイン量の比較・日本人はカフェインに耐性があるらしい カフェインの量は飲み物によって異なりますが、どれ程の比較差があるので[…]

カフェイン 緑茶 コーヒー 比較

 

 コーヒーの口臭|口の中が酸性になっている

コーヒーには、苦味や酸味があります。

この酸味が、コーヒーを飲んだ後の口の中を酸性にします。

 

口の中の酸性が強くなると、口臭の原因と言われる嫌気性菌は、

活発になり、口臭は強くなってしまいます。

関連記事

コーヒーを飲んで気持ち悪いと感じるのは、いくつかの原因が考えられます。「いつもは平気なのに、今日はなんだか気持ち悪い」「おいしいコーヒーを飲みたいけど、気分が悪くなるから飲めない」 本当は楽しくコー[…]

コーヒー 気持ち悪い

 

 

まとめ

 

コーヒーやミルクなどの成分が舌に付着してしまうことや、

カフェインが口の中の乾燥を促してしまうことが口臭の原因になります。

 

口臭が気になる場面では、次の方法で口臭を消しておきたいです。

  1. 水を飲むこと。口の中の水分量をあげることと、コーヒーの粒子を洗い流すこと。
  2. ガムを噛むこと。ガムを噛んで、唾液を出す。
  3. マウスウォッシュで、口の中を洗い流す。水を飲むより効果が期待できる。
  4. 舌ブラシを使う。やりすぎに注意ですが、舌の表面のコーヒー豆の粒子は取れます。
関連記事

筆者は「コーヒーなんて大差ない」なんて思っていました。 しかし、実は知れば知るほどに、奥が深い。そして、「眠気覚ましには、コーヒーがいいよ」と定説だと思っていたことが、実は違ったりする発見もあります[…]

コーヒー まとめ
コーヒー 口臭 ガム
最新情報をチェックしよう!