コーヒーは腐るのか?白い粉や黒い塊の正体は!?

 

コーヒーをよく飲む人は

インスタントのコーヒーやコーヒー豆

あとは缶コーヒーなんか家に置いてると思います。

 

そんな中に賞味期限の近いものとか、既に切れたものってないですか?

長い間放っといたコーヒーって飲んでも大丈夫なんですかね?

 

今回は、そもそもコーヒーって腐るものなのか。またその期間や見分け方を

缶やインスタント、粉、豆と種類別に紹介します。

 

コーヒーは腐るのか?|液体のコーヒー

コーヒー 腐る

 

液体のコーヒーといっても色々です。

 

カップに注いだコーヒーやペットボトルのコーヒー、缶コーヒーなど。

 

 

コーヒーは腐るのか?|カップに注いだコーヒー

 

カップに注いだコーヒーは

空気に触れてるので、時間がたつと腐っちゃいます。

 

それに熱や空気との接触で酸化が激しく、

味とか風味もだんだんと無くなってきます。

 

ホットコーヒーだと一番酸化が早くて、

30分もたつと味とか風味は落ちちゃいます。

 

時間がたったコーヒーって酸っぱくて微妙な味なので、

腐る前に味自体が「飲めない」と教えてくれます。

 

 

コーヒーは腐るのか?|缶コーヒー

 

缶とかペットボトルみたいな密閉したコーヒーだったら

腐る心配はなさそうじゃないですか?

 

そう、密閉だったら空気に触れてないので長い間保存できます。

 

それに、缶コーヒーには賞味期限が書いてるので、

この期限内に飲めば安全です。

 

それに、賞味期限って余裕があって、

半年とか一年くらいなら期限切れでも腐ることはないんです。

 

期限が27年過ぎても大丈夫だったっていう報告もあります。

さすがにそこまではあれですが、

安心のため2年以上のはやめた方がいいです。

 

あと、ホットコーヒーだと熱での劣化が激しいので

腐るまではなくても、2週間たったのはあやしいですね。

 

 

コーヒーは腐るのか?|ペットボトルコーヒー

 

ペットボトルもだいたい缶コーヒーと同じです。

 

缶コーヒーと違うのは

飲んだあともキャップで保存出来ることですね。

 

でも、そうなると口からの唾液が入ったまま保存して、

中で菌を増やしちゃうので

ちょっと不衛生な状態になっちゃいますね。

 

コーヒーにとろみが出たり、何か変なものが浮いてきたら

ほんとに危ないので飲まないでください。

すぐに捨てたほうがいいです。

関連記事

 寒い冬に飲むホットのコーヒーっておいしいですよね。 でも、カップにいれたコーヒーってすぐに冷めちゃいます。 だったらと、魔法瓶に入れていつでもどこでもホットコー[…]

コーヒーの作り置き ホットだとマズい

 

 

コーヒーは腐るのか?|インスタントコーヒー

コーヒー 腐る

 

じゃあ、乾燥したインスタントのコーヒーだったら?

腐ることってあると思いますか

 

コーヒー(インスタント)は腐ることはない

 

インスタントのコーヒーだと

それ自体は腐ることはありません。

 

だって、密閉された上に乾燥してますから。

 

ただ、ず~と放置してると、黒い塊や白い粉が出てくることがあります。

 

でも、それって腐ってるんじゃなくて

 

黒い塊はコーヒーに含まれる油分

白い粉はカフェインの結晶

 

コーヒーが腐ることで発生したものじゃないんです。

 

賞味期限が切れてもコーヒー自体は腐ることはないんですけど

味とか風味はどうしても消えてきます。

 

それでもべつにまずいとかなければ、衛生面的には大丈夫なので、

そのまま飲んでも大丈夫です。

 

コーヒー(インスタント)が腐る理由は開封後にある

 

でも、開封したインスタントのコーヒーでも

カビがはえて腐ることもあるんです。

 

なぜかっていうと、開けた後空気中の水分を吸収して菌が増えたり

濡れたままのスプーンをつっこだりすると、

スプーンについた菌とか水分が、コーヒーに移ってあとで腐ることがあるんです。

 

なので、開けた後は早めに使い切ると安心です。

 

 

コーヒーは腐るのか?|コーヒー豆

コーヒー 腐る

 

レギュラーコーヒーといわれる豆を砕いた粉や、元の豆では

あらかじめ豆を煎ってます。

 

煎り豆も水分は飛ばされてますけど、こういうのは腐ると思いますか?

 

コーヒー豆は腐るのか?

 

じつはコーヒー豆も腐ることはないんです。

 

腐ることはないんですけど、それよりどうしても酸化で味落ちしちゃうんですよね。

 

コーヒー豆でも空気に触れたり、熱で酸化するので

味とか風味が消えてって、不快な酸っぱい味になっちゃいます。

 

これは酸敗と呼ばれるものですが、べつに腐るってわけじゃありません。

 

コーヒー豆の保存期間

 

コーヒー豆の賞味期限は、未開封だと1年ってところ。

2〜3年でも飲めないことはないんですけど、

そのへんは味をみて判断したほうがいいですね。

 

ただ、開けたやつは1ヶ月ぐらいで使い切るのがベストです。

 

あと、挽いて粉にしたやつは、

豆より空気に触れる面積が増えるので、酸化が速くて

保存期間も1〜2週間と短くなります。

 

あくまで腐るんじゃなくて酸化なので

飲めるかどうかは飲む人の舌との相談ということです。

 

そうはいっても、コーヒーの粉や豆は冷凍で保存できます。

空気を抜いてジップロックで冷凍保存

そうすれば味も長持ちして、プラス2ヶ月は置いとけます。

 

 

まとめ

 

コーヒーはそれ自体は意外と腐ることはなかったですね。

 

賞味期限が切れても

缶コーヒとかやインスタントのコーヒー、コーヒー豆でも

未開封ならしばらくは飲めます。

 

でも、コーヒーは腐ることはなくても、

酸化での味落ちが大きいので

飲めるかはどうかは味を見て判断する必要があります。

 

あと、開けたものは

酸化が早まったり、外からの菌や水分を吸収することで

菌が繁殖してコーヒーでも腐ることがあります。

 

開けたものに関しては、早めに飲みきり

異常を感じたら捨ててしまいましょう。

関連記事

 コンビニのドリップコーヒー安いし美味しいですよね。 運転中や仕事で一息付きたい時は、立ち寄って飲みたくなるものです。そして、ついつい何杯も飲んでしまいます。 […]

コーヒー カフェイン量 コンビニ