コーヒー雑学

コーヒー豆の保存容器を紹介。コーヒーは保存の鮮度が命です。

ニトリ キャニスタppコーヒー雑学
スポンサーリンク

コーヒーは鮮度が命、と聞いたことがアルと思います。

特に、粉に挽いてしまったら、ドンドン酸化する一方です。

各社からコーヒー豆の保存容器が販売されています。では、ほかぼりして参ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー豆の保存容器を選ぶ

なるべく、コーヒー豆の鮮度を保つことが出来る保存容器がベストです。

コーヒー豆の保存容器を選ぶべきポイントは、以下の通りです。

1)なるべく、空気に触れさせないことです。空気中の酸素に触れると、酸化が進み、味が劣化します。

2)紫外線や日光、電灯の光も含めて、光に弱いですので、遮光性のある容器が良いです。

3)高温もよくありません。室内の中でも、夏は厳しいです。

4)やはり多湿も良くありません。

以上の条件を出来るだけクリアするものを選んで、冷蔵庫や冷凍庫に保存するのが良いです。

 

コーヒー豆の保存容器は密閉出来るタイプや真空保存出来るタイプ

コーヒーの保存容器はキャニスターと呼ばれます。

おしゃれな容器に目が行ってしまいますが、まず上記のポイントが出来るだけクリアしているものを選ぶことです。

フタにシリコーンパッキンがついてるものだと、スキマ無く密閉してくれそうです。

また、バルブで真空に出来る容器も人気です。

 

コーヒー豆を保存容器にいれて冷凍

コーヒーを飲む人が少ない家庭にコーヒーが贈られてくると、冷凍保存をせざるを得ないかも知れませんがあまりおすすめは出来ません。どうして冷凍保存せざるを得ないときは、ジップR句wの保存が良さそうっで有。

やはり冷凍ということになると、解凍が気になります。

急速解凍ではまずくなるでしょうし、自然解凍を待っていると、時間もかかります。

 

コーヒー豆で保存容器|缶の場合は冷蔵庫が良さそう

缶の保存容器は見ためが、シンプルですが、光を通さないことでは一番信頼が置けそうです。

実際にお使いになるときには、冷蔵庫内部からのに匂いい移りがあるかもしれません。保存容器に入れる前に、ジップロック等に入れてから、保存です。

 

ひとり暮らしの方ならコーヒー豆の保存容器は200gは不足かも

じつは、コーヒー豆を焙煎すると、容量が増えるのです。

ですので、ちょうど200gのサイズの保存容器を買ってしまった場合、買ってきた200gのコーヒー豆が入らないという現象が起きてしまいます。

粉にしてしまうと、尚更そうなります。これは、コーヒーの比重が小さく堆積が大きいから起こる現象です。

容量差を考慮して、保存容器を買いましょう。

 

 

スポンサーリンク

コーヒー豆の保存容器 おすすめ

では各ショップからおすすめの保存容器を紹介して参ります。

 

コーヒー豆の保存容器は無印

以前のオンラインショップでは、ちょっと変わった感じのデザインのコーヒーキャニスターが扱われていましたが、今2021年4月時点では、保存容器自体(コーヒーキャニスター)の扱いがありませんでした。

 

コーヒー豆 保存容器 ニトリ

ニトリ キャニスタpp

ニトリの公式通販はニトリネットでは、磁器のキャニスター600g用が税込1,017円です。

350ml容量のガラスキャニスターも、コーヒーの保存容器に向いてます。価格は税込み304円で販売されています。コーヒーを入れるときは、100g程度が目安です。

 

コーヒー豆の保存容器は真空にしたい場合

コーヒー豆は酸化しやすいのだから、なるべく酸化しにくい容器に保存したいと考えたくなります。つきつめると、酸化しないことを考えれば、酸素がない状態 = 真空にできる保存容器がほしいとなります。

一日に2〜3度開封をして真空にしやすくて、比重が小さいコーヒー豆を保存できる大きめの容量(豆ならg数の3倍以上の体積を保存できるタイプ)があるもの、というのが選ぶ条件になります。量り売りで、豆の状態で、100gずつ購入すると仮定すると、以外に選べる保存容器は少ないです。

色々調査の結果、おすすめできる商品です。重ねて使うも良しです。長期保管が一定期間しか持たないとネガティブな意見を持つ人もいますが、そもそもコーヒー豆を買う人が気になるのは、コーヒー豆を100gあるいは200gを購入して飲みきるまでは味が劣化・酸化しないことです。

上記の容量だと、コーヒー豆は100g程度の保存が適量です。

コーヒー豆の保存容器 ikea

ikea 保存容器

ikeaでは、オンラインシップで、コーヒー・紅茶用の保存容器が販売されています。

値段がめちゃ安いです。税込399円。遮光性も気密性も良さげです。

 

コーヒー豆の保存容器 セリア

セリアにはデザイン性が良い取っ手付きのガラス保存容器を見かけます。密閉できるタイプなので、コーヒー保存容器にOKです。

但し、容量として、ちょっと厳しい感じがありますので、コーヒーを入れるには、小分けにする必要があります。コーヒー豆を入れるには、3倍プラスアルファの容量が必要です。コーヒー豆を100gずつ購入する前提なら、400g弱の容量があれば、大丈夫そうですね。

 

コーヒー豆 保存容器 カリタ

この1000mlタイプだと、コーヒー300gまでいけますので、一般的には、殆どの場合問題無いでしょう。

ガラスが素通しであることが、やや気になりますが、冷蔵庫専用という考え方ならもんだいないですね

 

コーヒー豆 保存容器 ハリオ

 今では、すっかり店頭は、HARIO製品がいっぱいの状態です。

 

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの知識|知ると分かる豆知識?基礎知識?
  2. コーヒー豆の量は何gがいい?シンプルで深い問題|結局は好み
  3. コーヒーかすを靴や下駄箱の消臭剤に使う作り方
  4. コーヒーの酸味が苦手の人にとっては意外な話かも?
  5. コーヒー豆の人気ランキング!酸味少ない豆5選!酸味苦手という人へおすすめ
  6. コーヒーの賞味期限はいつまでか?賞味期限切れるとどうなる
  7. コーヒーは腐るのか?白い粉や黒い塊の正体は!?
  8. コーヒーの歴史|日本では江戸時代から
  9. コーヒー豆の保存容器を紹介。コーヒーは保存の鮮度が命です。  *当記事
  10. コーヒー粉は冷凍庫で保存がベスト!冷凍なら保存期間は2週間OK!
  11. コーヒーを漢字で珈琲と書く|誰が考えたのか
  12. 朝コーヒーは健康にいい?悪い?朝コーヒーには効果がある
  13. 夜にコーヒーを飲むメリット・効果はあるのか
タイトルとURLをコピーしました