種類知識・雑学

ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!

ゲイシャコーヒー種類知識・雑学
スポンサーリンク

よく知らなかった頃、筆者は、「?ゲイシャ?芸者」と思っていました。

お恥ずかしいことですが。

実際には、ご存知の通り、パナマで非常に有名で、超レアなコーヒー豆の品種名でした。

2010年には、国際品評会で、エスメラルダ農園の豆が1ポンド170ドルの超高値をつけました。2010年の円相場は1ドルあたり80円21銭。1ポンドが453.592g。換算すると、100gで3,002円のコーヒー豆ということです。

現在の値段を調べると、最近のエスメラルダ農園さんのゲイシャコーヒー豆は、100gで税込2,376円を見つけました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲイシャコーヒーとは

ゲイシャコーヒーとは、世界で注目されるスペシャルティコーヒーの一つです。

元々は、エチオピアのゲシャ地域のコーヒー豆です。

 

ゲイシャコーヒーの特徴

ゲイシャ種の由来は、ゲシャ地域のゲシャ種が徐々に変化して、「ゲイシャ種になったという説」と現地に出入りしていた日本人が「ゲイシャ」と聞き間違えた説があるようで、このあたりがゲイシャの由来かも知れません。

ですので、エチオピアでゲシャ種と呼ばれるものとパナマのゲイシャ種は同じものでした。

原産地は、エチオピアのゲシャ地域で、間違い無いようですが、ゲイシャ種が世界の高級コーヒーのひとつとして、認識されたのは、パナマのエスメラルダ農園からだされた2010年のことです。

 

ゲイシャコーヒーの味

忘れられない味と言われるゲイシャコーヒーの味の特徴は、柑橘系の酸味にあります。

スペシャルティコーヒーが酸味を特徴としていますが、ゲイシャコーヒーは、その代表的な存在です。

コーヒー豆は、大きく分けると、アラビカ種とロブスタ種に分かれます。

ロブスタ種は、主に缶コーヒーやインスタントコーヒーに使用されています。

対して、アラビカ種は、世界のコーヒー豆の7割強を占めていて、品質はロブスタよりもずっと上とされています。

コーヒー自体の原産地は、エチオピアです。

エチオピアから、世界各地に拡がっていったのです。

 

ゲイシャコーヒーの 入れ方

スペシャルティコーヒーの代表でもあるゲイシャコーヒーも酸味が美味しさの特徴です。

となれば、焙煎はあまり強くない方が美味しいはずですね。

浅煎りがゲイシャコーヒーに、合います。

豆の挽き方は、細かいと苦味が出やすくなりますので、中挽きか中粗挽きが良いですね。

お湯の温度は、ゲイシャコーヒーの持ち味である、酸味が出やすくなるように浅煎りにしていますので、すこし熱めの温度のお湯で、ゆっくりめに時間をかけて抽出すると良いです。

ちなみに、ドリッパーはHARIOの方がおすすめです。

Kalitaだと味が薄く出るかも知れません。

 

ゲイシャコーヒー一杯の価格は

さすがに高級コーヒーです。

コーヒー一杯の値段がとんでもないことになって忌ましsです。

当然、豆の種類は、場所・回数によって、お店によって、多少の違いはあるものです。

茨城県のサザコーヒーでは、「パナマゲイシャのNo.227」を一杯7500円で販売(コロナの前年)しています。ちょっとスゴいですね。

 

ゲイシャコーヒーが飲める専門店|ゲシャリーコーヒー日比谷

最高品種のゲイシャコーヒーの専門店です。

看板にも、「オンリー・ゲイシャ」。

お値段は、800円台から。

世界初のゲイシャ種専門カフェで、お店の名前はゲシャリーコーヒー。

コーヒー豆(粉)も販売されてます。

さすがにゲイシャコーヒーです。ドリップバッグ780円(税別)、80gの豆が4,000円(税別)とかなりのお値段です。

その他には、ケーキやアップルパイも揃っています。

 

ゲイシャコーヒーの専門店|吉祥寺の「ぱるけ」

親しみやすい感じの店内。

お値段もゲイシャコーヒーにしては、少し抑えめ設定です。

マシン抽出なら600円、通常のハンドドリップなら700円です。

吉祥寺駅の公園口から徒歩3分の好立地。

 

サザコーヒーのゲイシャブレンドが驚くほど安い

サザコーヒーとは、パナマ・ゲイシャに興味を持った創業者親子が、コロンビアでコーヒー農園を栽培し、製造し、販売している企業です。

ゲイシャブレンドが200gで税込1800円で販売されています。

ブレンドだからお安いということは確かにあるかもしれません。

「サザ農園ゲイシャ」だと100gで1700円。

200gは欲しいと考えると、3400円。これに送料がプラスされると4000円を超えてしまいます。筆者の住む札幌でもゲイシャコーヒーの入手は限定的なので、悩ましい!

 

ゲイシャコーヒーはスタバでも買えるが

スターバックスでもコーヒー豆の希少品種を扱っています。

特に、珍しい品種は、スターバックスのリザーブという店舗で扱っています。

スターバックスは、日本国内に1,628店舗もの数を運営しています。

その中で、リザーブは63店舗ですから、全国のお店の4%にも満たない希少性があります。

希少なゲイシャ種も、リザーブ店なら、扱いがありました。しかし、価格も一流です。

250gで税別7,800円です。

 

ゲイシャコーヒーをカルディの通販なら

カルディの通販は、売り切れになってることが多いですが、2021年4月18日現在、「エチオピアのゲイシャコーヒー」が1,620円で販売中です。すごい安いです。

カルディは、安いせいか、いつもすぐに売り切れになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

世界的高級品種として有名なゲイシャコーヒーは、大変希少でもあり、産地や生産ラインなど、で大きく価格に違いがあります。

一番気になるのは、「サザコーヒー」の栽培から、生産、販売までを運営しているビジネスモデルです。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの種類知識でコーヒータイムが楽しくなる
  2. コーヒー豆の種類と特徴
  3. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!    *当記事
  4. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  5. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地
  6. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  7. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  8. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  9. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  10. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方
  11. ハワイコナコーヒーの特徴
  12. モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味
  13. スペシャルティコーヒーとは?全国の専門店は?
  14. コーヒーの生豆を買って自宅焙煎のススメ|生豆はどこで買う?
  15. アラビカ種がコーヒーの原種
タイトルとURLをコピーしました