コーヒー雑学

キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方

キリマンジャロ コーヒー (1)コーヒー雑学
スポンサーリンク

キリマンジャロコーヒーは、別名、タンザニアコーヒーと言われます。

産地は、アフリカのキリマンジャロ山の中腹です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方

キリマンジャロコーヒーは、強い酸味と香り、そしてコクが特徴です。

キリマンジャロの特徴を深掘りします。

 

キリマンジャロコーヒーの産地と豆の種類

キリマンジャロコーヒーの産地は、アフリカ東部のタンザニアです。

キリマンジャロ山の中腹、標高1500mから2500mあたりの農園で栽培されています。

キリマンジャロコーヒーの豆の種類は、アラビカ種です。

酸味とコクが特徴です。

「キリマン」と呼ばれ人気の高い銘柄の一つです。

 

キリマンジャロコーヒーの焙煎と飲み方(入れ方)

酸味が特徴の豆ですから、焙煎度合いは「中煎り」がおすすめです。

ただし、コーヒーの味わい方には、好みがあります。

キリマンジャロの酸味を味わいたいなら、ミディアムローストからハイロースト。

コクがある方が好みなら、ハイローストからシティローストで、深みを感じる味わうことができます。

 

コーヒーは飲み方・入れ方でも味わいが変わります。

ドリップでコーヒーを入れる場合、お湯の温度や抽出時間で、酸味や香りが出やすくなったり、苦味の方が引き立ったりします。

キリマンジャロのさっぱりした感じが好みなら、お湯の温度は80度から85度くらいが良いです。

抽出時間はあまりかけない方が苦味が少なめです。

キリマンジャロの苦味やコクがある方が好みであれば、90度以上のお湯でドリップを注ぐと良いです。

くれぐれも沸騰させて間もないお湯を使うのは良くないです。

 

スポンサーリンク

セブンイレブンのコーヒー|キリマンジャロ

セブンカフェは、コンビニコーヒーの中でも、ダントツの売り上げを誇るコーヒーです。

そして、2019年12月に、スペシャルコーヒー「高級キリマンジャロブレンド」が、発売になりました。

本来のキリマンジャロの味わいは、強い酸味と香りとコクです。

セブンイレブンコーヒーのキリマンジャロブレンドは、深煎り焙煎にしているので、キリマンジャロのストレートよりも、苦味に振った味わいになっていました。

しかし、2020年7月頃に、店舗では販売終了してしまいました。

販売終了の理由は不明です。

ファンもいたようなので、残念です。

 

その後、2020年10月には、「グアテマラブレンド」が発売になりました。

R(レギュラー)が税込120円、L(ラージ)が税込170円です。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒー豆の種類と特徴
  2. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!
  3. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  4. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地
  5. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  6. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  7. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  8. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  9. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方 *当記事
  10. ハワイコナコーヒーの特徴
  11. モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味
  12. スペシャルティコーヒーとは?全国の専門店は?
  13. コーヒーの生豆を買って自宅焙煎のススメ|生豆はどこで買う?
  14. アラビカ種がコーヒーの原種
タイトルとURLをコピーしました