種類知識・雑学

マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地

マンデリン種類知識・雑学
スポンサーリンク

コーヒーの銘柄としてよく知られるマンデリンコーヒー。

マンデリンは、コーヒー豆の生産では、世界第4位のインドネシアで栽培される、コーヒー豆の銘柄の一つです。

当ページでは、マンデリンについて深く掘り下げて紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インドネシアのマンデリンコーヒー豆の特徴|焙煎・味・産地

インドネシアのコーヒー栽培の歴史は、1696年にまでさかのぼります。

オランダ軍が、コーヒー豆のアラビカ種をジャワ島に持ち込んだのが始まりです。1908年に病気が流行して、インドネシアのコーヒーは壊滅寸前になります。

その後は、安価なロブスタ種を生産するようになりました。マンデリンは、病気で残ったアラビカ種の残りを基にして、栽培が行われたコーヒー豆の種類です。

アラビカ種は、生産量は少ないが、高品質で、高級銘柄として知られています。

 

コーヒーのマンデリンの味と特徴|酸味が少なく苦味が強い

マンデリンコーヒーの特徴は、酸味が少ないことと、苦味が強めなことです。

人によっては、コクがあるという表現をします。

深煎りに適していることも、日本人に好まれる理由かもしれません。

浅煎りにすれば、酸味が感じられるようになりますので、試してみるのも面白いです。

 

コーヒー豆は、大きく3種類に分かれます。

アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3種類で、マンデリンはアラビカ種に該当します。

生産地のインドネシアでは、90%以上がロブスタ種です。

アラビカ種は、残り10%のうちの、さらに少数種です。

希少性もマンデリンの特徴です。

 

マンデリンの焙煎度のおすすめは

コーヒー豆は種類だけではなく、焙煎度によって味わいは変わります。

マンデリンは、酸味が少なめで苦味が特徴ですので、その個性を生かすには、深煎りが焙煎のおすすめです。

焙煎度を試してみるのも面白いです。

マンデリンの焙煎は難しいと言われているので、自家焙煎に挑戦する人もいるようですが、お店にシティロースとかフルシティローストで、頼むのがおすすめです。

 

マンデリンコーヒーのおすすめの入れ方はドリップ

日本ではドリップで入れるのが、コーヒーの入れ方の定番です。

マンデリンも、ドリップで入れるのが、おすすめの入れ方です。ドリップは、お湯の温度や抽出の仕方で味が変わるという、シンプルで奥深いコーヒーの入れ方です。

 

マンデリンの味わいの人気は、酸味が少なく、苦味が強めなので、その個性を生かすには、注ぐお湯の温度は90度より少し高めで、時間をかけた抽出をすると良いかもしれません。

お湯の温度と抽出時間によって、同じ豆でも味はコントロールできます。お湯の温度が90度より下になると、苦味は弱まります。抽出時間が短いと、苦味より酸味が出やすくなります。

 

スポンサーリンク

コーヒーのマンデリンの産地はインドネシア

前述の通り、マンデリンはインドネシアでも希少種です。

その産地は、インドネシアのスマトラ島です。日本に入ってくるマンデリンは、その中で最高グレードの豆が使用されています。

 

マンデリン タノバタック

マンデリンタノバタックは、マンデリンの産地であるスマトラ島の北部(リントン地区)に住んでいるバタック族によって作られています。

苦味やコクが特徴のマンデリンの味わいが、スパイシーさとコク味がさらに強まった味わいのコーヒーです。

 

マンデリン カロシ

マンデリンカロシは、インドネシアのスラウェシ島が産地のアラビカ種です。

苦味と甘味が特徴です。

 

マンデリン アルールバダ

マンデリン アルールバダは、スマトラ島北部のアチェ州のアルール・バダ地区が産地。

最も標高の高い地区で、約400戸の零細農家で生産されています。

他の地域と混ぜないように精選されています。

 

マンデリン シボルガ

マンデリン スーパーグレード シボルガは、スマトラ島北部のトバ湖周辺で栽培されいます。

1908年にインドネシアで発生した病害で残ったアラビカ種のうちで、リントン地区に残った種がマンデリンとなりました。

その中で、手による選別を2度3度と繰り返し、サイズを揃え、欠点豆を取り除いた豆が、スーパーグレードのシボルガです。

 

マンデリン ビルセレクシ

インドネシアのスマトラ島アチェ地区で栽培されています。プロセスはナチュラルで、スクリーンは17アップを行なっており、G1ランクよりも時間をかけてハンドピックを行なっています。欠点豆の混入がかなり高いレベルで排除できているものです。

ビルセレクシとは、インドネシアの言葉で、澄み切った青い空を意味するのだそうです。マンデリンの中でも最高級クラスのコーヒー豆です。

マンデリンなのに、苦味が抑えられていて、甘味とのバランスの良さが特徴です。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの種類知識でコーヒータイムが楽しくなる
  2. コーヒー豆の種類と特徴
  3. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!
  4. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  5. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地 *当記事
  6. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  7. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  8. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  9. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  10. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方
  11. ハワイコナコーヒーの特徴
  12. モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味
  13. スペシャルティコーヒーとは?全国の専門店は?
  14. コーヒーの生豆を買って自宅焙煎のススメ|生豆はどこで買う?
  15. アラビカ種がコーヒーの原種
タイトルとURLをコピーしました