コーヒー

ハワイコナコーヒーの特徴

コナコーヒーコーヒー
スポンサーリンク

ハワイのコナコーヒーは、アメリカのハワイ州であるハワイ島でしか栽培されていません。

程よい苦味やコクと香りが特徴です。

また、ハワイコナの生産量は世界の1%にしかありません。

それなのに、高価なコーヒーとしても知られています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハワイコナコーヒーの特徴

前述した通り、アメリカのハワイ州ハワイ島で栽培されているのが、ハワイコナコーヒーです。

その特徴について、深掘りしていきます。

ハワイコナコーヒーが、ブルーマウンテン(ジャマイカ)・キリマンジャロ(タンザニア)についで高価とされる原因は、先進国で収穫されるコーヒーだからと言われます。

他の銘柄では、先進諸国で、コーヒーが収穫される国はありません。

ハワイで収穫されるコーヒーは、物価に伴い、人件費が加わることで、高価なコーヒーとして位置づけられているように思います。

 

ハワイコナコーヒーの味と香り

ハワイコナコーヒーの味は、苦味は少なめで、僅かな酸味と甘い香りが特徴です。

また、クセも少なく、香りはフルーツのような香りを楽しめます。

コナコーヒーの豆味を生かすには、あまり深煎りにはしないほうがおすすめです。

ミディアムロースト〜ハイロースト、あるいはシティローストです。

 

ハワイコーヒーの入れ方はドリップで

コナコーヒーの味の特徴から、味のコントロールをしやすいドリップで入れる方法がおすすめです。

ドリップで美味しく入れるには、できれば、温度計と時計を用意することです。

入れ方で注意することは、お湯の温度と抽出時間です。

苦味よりも甘味や酸味が特徴のコナコーヒーですから、お湯の温度は少し低めの85度から高くても90度弱です。

注ぐポットは、なるべく口の細いタイプが良いです。

できれば、ドリップポットです。

蒸らしの時間は、20秒ほどが良いでしょう。

豆全体にお湯が接することができるように、混ぜたり、少しドリッパーを揺するなどしてください。

抽出する時間は、あまり長いと苦味や雑味が出やすくなりますので、1分半から2分くらいを目安に抽出してください。

実際には、豆の焙煎度合いや挽き具合でも味は変わります。

しかし、お湯の注ぎ方=入れ方で、味は非常に変わりますので、自分の好みに合うように、美味しくコーヒーを入れられるように、お湯の温度時間にこだわって、何度も試し自分の好みをみつけてください。

 

コナコーヒーのランクは5つ

コナコーヒーのランクは5つに分かれます。

上のランクになる程、苦味が少なく甘みが感じられます。ランク名は以下の通りです。

  1. エクストラ・ファンシー
  2. ファンシー
  3. ナンバーワン
  4. セレクト
  5. プライム

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーの役立つ知識|知っておいて損はない!
  3. コーヒーの酸味が苦手の人にとっては意外な話かも?
  4. コーヒー豆の人気ランキング!酸味少ない豆5選!酸味苦手という人へおすすめ
  5. コーヒー豆の量は何gがいい?シンプルで深い問題|結局は好み
  6. コーヒー豆の保存容器を紹介。コーヒーは保存の鮮度が命です
  7. コーヒーかすを靴や下駄箱の消臭剤に使う作り方
  8. コーヒーは腐るのか?白い粉や黒い塊の正体は!?
  9. コーヒー粉は冷凍庫で保存がベスト!冷凍なら保存期間は2週間OK!
  10. コーヒーの賞味期限はいつまでか?賞味期限切れるとどうなる
  11. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!
  12. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  13. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地
  14. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  15. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  16. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  17. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  18. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方
  19. ハワイコナコーヒーの特徴 *当記事
  20. コーヒーの歴史イロイロ
タイトルとURLをコピーしました