コーヒー雑学

ハワイコナコーヒーの特徴|アメリカ原産唯一のコーヒー

コナコーヒーコーヒー雑学
スポンサーリンク

ハワイのコナコーヒーは、アメリカのハワイ州であるハワイ島でしか栽培されていません。

程よい苦味やコクと香りが特徴です。また、ハワイコナの生産量は世界の1%にしかありません。それなのに、高価なコーヒーとしても知られています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハワイコナコーヒーの特徴

前述した通り、アメリカのハワイ州ハワイ島の南西部コナ地区で栽培されているのが、ハワイコナコーヒーです。その特徴について、深掘りしていきます。

 

コナコーヒー ハワイ

ハワイコナコーヒーが、ブルーマウンテン(ジャマイカ)・キリマンジャロ(タンザニア)についで高価とされる原因は、先進国で収穫されるコーヒーだからと言われます。

他の銘柄では、先進諸国で、コーヒーが収穫される国はありません。

その上で、コナ地区は、ハワイの火山が作る土壌、雨量、日照時間、標高などの諸条件が、良いコーヒーを栽培するための条件と高いレベルでマッチしているのです。

 

ハワイコナコーヒーの味と香り

ハワイコナコーヒーの味は、苦味は少なめで、僅かな酸味と甘い香りが特徴です。

また、クセも少なく、香りはフルーツのような香りを楽しめます。コナコーヒーの豆味を生かすには、あまり深煎りにはしないほうがおすすめです。ミディアムロースト〜ハイロースト、あるいはシティローストです。

酸味を生かした爽やかな味わいに仕上がるはずです。

 

ハワイコナコーヒーお土産おすすめ

ハワイのお土産といえば、チョコレートやクッキーが定番です。しかし、ハワイが原産であるコナコーヒーもまた、定番中の定番と言えるおすすめのお土産です。

せっかくのハワイのお土産ですので、ブレンドを買われるより、おすすめするのは100%コナのコーヒーです。amazonでも購入は可能ですので、代表的なところを紹介させていただきます。(ライオンコナコーヒー、ロイヤルコナコーヒー、マルバディコナコーナー)

スポンサーリンク

コナコーヒーは日本で買える

ハワイの定番のお土産であることに変わりはありませんが、実は今は日本にいてもコナコーヒーは買えます。

ネット通販を中心に、ショッピングモールやコーヒー豆専門店サイトなどで買えます。また、専門店はリアル店舗もありますし、ショッピングモールの中に出店している場合もあります。

ただし、ブラジルコーヒーなどとは違い、供給量が少ないので、いつでもあるということではない場合がありますので、ご注意ください。

買いだめすると、酸化が怖いので、気づいた時にちょこちょこ買っておくと、途切れずに楽しめますね。では、通販サイトを中心に、以下にコナコーヒーが買えるお店を紹介いたします。

コナコーヒーが買える通販サイトと販売店

ランキングではありませんので、順不同で紹介いたします。

MARK HAWAII COFFEE

コナコーヒー専門店です。また、ロイヤルコナコーヒーの専門店でもあります。そういうわけで、取り扱い種類は専門性を貫いているため、数は多くはありません。送料は、無料等のサービスはありません。ロイヤルコナコーヒーの他には、自社ブレンド、そして香りをつけたフレーバーコーヒーです。ロイヤルコナコーヒーは、ぜひ飲んでおきたいというユーザーには、必見のサイトです。

MARK HAWAII COFFEEのHPへ

 

珈琲問屋オンラインストア

サイトは工夫されており、選びやすく作られています。送料は、コーヒー豆の代金が3,240円以上になると、無料になります。分量は、生豆時の分量で計ります。ですので、焙煎した豆を量り売りで購入するしている人からみると、若干少なく感じる可能性があります。それは水分量の違いです。

一般的に、生豆時には、水分9%程度、焙煎すると水分量は3%程に下がりますので、その分、容量は減少します。ユーザーの希望に合わせた焙煎度合いや挽き方を細かく選択できるのは、嬉しいです。

紹介されてるコナコーヒーは、「ハワイコナNo.1」です。100gで1,900円。

珈琲問屋オンラインHPへ

ホノルルコーヒージャパン

1991年にハワイ州ホノルルで、小さなお店からスタートしました。コナコーヒーに出会い、お店は拡大してきました。日本には、2012年に上陸し、お台場に1号店をオープンさせ、個性を持ったお店を14店舗を展開中です。

コーヒー豆の注文ページはこちらへ

コナコーヒーはカルディでも買える

ハワイ島コナ地区のストレートコーヒー。酸味と豊かなコクが特徴です。
カルディのコーヒーファーム・オンラインストアでも買えます。
豆のままでも購入できますし、飲み方に合わせたコーヒー豆の挽き具合を選択できるようになっています。
コーヒーミルをお持ちならば、ぜひ豆のまま購入されて、ご自身で挽くとさらにおいしいです。粉の状態なら、保存は、冷凍庫で2週間が限度だと思います。
・ハワイコナ/200g 4,298円(税込)

コナコーヒーにはインスタントも

世界で初の100%コナコーヒーのインスタントが登場しました。
前述のマルバディから、100%コナのインスタントコーヒー発売されています。
ぜひ、オススメします。

ハワイコーヒーの入れ方はドリップで

コナコーヒーの味の特徴から、味のコントロールをしやすいドリップで入れる方法がおすすめです。

ドリップで美味しく入れるには、できれば、温度計と時計を用意することです。入れ方で注意することは、お湯の温度と抽出時間です。

苦味よりも甘味や酸味が特徴のコナコーヒーですから、お湯の温度は少し低めの85度から高くても90度弱です。注ぐポットは、なるべく口の細いタイプが良いです。できれば、ドリップポットです。蒸らしの時間は、20秒ほどが良いでしょう。

豆全体にお湯が接することができるように、混ぜたり、少しドリッパーを揺するなどしてください。抽出する時間は、あまり長いと苦味や雑味が出やすくなりますので、1分半から2分くらいを目安に抽出してください。実際には、豆の焙煎度合いや挽き具合でも味は変わります。

しかし、お湯の注ぎ方=入れ方で、味は非常に変わりますので、自分の好みに合うように、美味しくコーヒーを入れられるように、お湯の温度時間にこだわって、何度も試し自分の好みをみつけてください。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒー豆の種類と特徴
  2. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!
  3. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  4. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地
  5. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  6. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  7. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  8. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  9. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方
  10. ハワイコナコーヒーの特徴 *当記事
  11. モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味
  12. スペシャルティコーヒーとは?全国の専門店は?
  13. コーヒーの生豆を買って自宅焙煎のススメ|生豆はどこで買う?
  14. アラビカ種がコーヒーの原種
タイトルとURLをコピーしました