コーヒー

肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!

コーヒー 肝臓コーヒー

昔は、コーヒーは肝臓に悪いって、言われていました。

でも、最近じゃそれは間違いだと、分かっています。

 

むしろ、コーヒーを毎日飲んでいる人は、肝臓に関する病気にかかりにくいんです。

反対に、コーヒーが悪い作用を及ぼす場合もあります。

 

今回は、コーヒーが肝臓に与える作用や、肝臓に悪い食べ物をまとめました。

 

スポンサーリンク

肝臓に悪い食べ物がコーヒーはウソ

コーヒー 肝臓に悪い

コーヒーってカフェインのせいで、あまり体に良いイメージはないかもしれません。

でも、実は肝臓にも健康にも、良い影響があります。

 

肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃなく、アルコール(お酒)

肝臓は、食べ物など体内に入ってきた毒素を、分解する仕事をしています。

 

この肝臓が、どれだけ機能しているかを図る数値として、よくY-GTPが使われます。

このY-GTPは、アルコールをとると数値が上がり(悪くなり)ます。

逆に、コーヒーを飲めば数値は下がる(良くなる)のです。

 

要するに、肝臓に悪い食べ物は、コーヒーじゃなくてアルコールということです。。

むしろコーヒーは、肝臓の働きを、良くしてくれます。

 

コーヒーは肝臓に良い

今では、コーヒーは、肝臓に良いと言われています。

具体的に、どんなふうに良いか、と言いますと…

 

コーヒーは、脂肪肝が発生するのを抑えてくれます。

脂肪肝は、字のごとく、肝臓に中性脂肪がいっぱいついちゃった状態です。

ようは、肝臓の肥満状態です。

これだけでも、肝臓に不安を持っている人は、コーヒーに対して、有り難いという気持ちになってしまうかも知れません。

 

また、コーヒーを日頃からよく飲んでいる人は、肝癌の予防にもなります。

国立がん研究センター曰く、

コーヒーを一日三杯飲む人は、飲まない人に比べて、肝癌のリスクが半分になります。

どうですか?

嬉しくなってしまいませんか?

 

 

スポンサーリンク

肝臓に悪い食べ物

では、肝臓に悪い食べ物は、どんなものがあると思いますか?

肝臓に解毒作用があることや、脂肪肝を考えれば、なんとなく想像がつくかもしれません。

本当に、肝臓に悪い食べ物は、アレです。

 

肝臓に悪い食べ物|この成分に注意!

肝臓に悪いのは、肝臓の働きに負担をかける食べ物です。

解毒・分解が大変な物です。

また、肝臓を太らせてしまう物です。

  • アルコール
  • 糖質
  • 脂肪

これら三つの成分は、注意が必要です。

 

肝臓に悪い成分【アルコール】

アルコールは、先ほど言いましたね。

アルコール自体、身体には負担のかかる成分なので、お酒は程々にとよく言われます。

もちろん、肝臓もアルコールを分解するので多忙しになります。

 

 

肝臓に悪い成分【糖質】

糖質も、肝臓には要注意な成分です。

理由は、中性脂肪で肝臓をぶくぶくと太らせ、脂肪肝の原因になる可能性があるからです。

砂糖は、ジュースやお菓子など、いろんな物に含まれているので、意識をしていないと、ついつい摂り過ぎでしまいますよね。

また、お酒には、糖質が意外に多いものがあります。

参考までに、糖質が多い酒は、梅酒・紹興酒・日本酒です。(特に梅酒はビールの6倍です)

ワインは、少なめですが、ロゼになると、赤ワイン・白ワインの2倍含んでいますので、要注意です。

 

肝臓に悪い成分【脂肪】

脂肪も、脂肪肝の原因となる一つです。

あげ物や動物性の肉、油分の多いものは、肝臓の中性脂肪を増やしてしまいます。

あげ物や、スナック菓子、炒め物など、美味しい物ばかりなのがつらいですね。

人は、脂肪を多く含んだ食材に、「コク味」を感じる傾向にあります。

コクを感じる食品には、脂肪の他に、糖質も多めなので、要注意です。

 

 

肝臓に悪い食べ物|結局は食べ過ぎがダメ

肝臓に悪い食べ物をとらないように、気をつけることは大事です。

しかし、脂肪肝は運動不足や食べ過ぎが原因、でなると言われています。

不規則な生活や、食べ過ぎといった事が、肝臓に良くない影響を与えるのは、考えるまでもないことです。

結局は、規則的な生活をして、栄養バランス良く食べることが、一番大切なのです。

 

スポンサーリンク

肝臓に悪い飲み物|コーヒーが当てはまる場合がある

最初に、コーヒーは肝臓に良いか悪いかと、言いました。

しかし、コーヒーが肝臓に良いとされるのは、肝臓の機能がちゃんとしてる場合の話なんです。

肝臓の機能が、低下しているなら話は違ってきます。

 

コーヒーの飲み過ぎは肝臓に悪い

まず、肝臓の機能が正常うんぬんに関係なく、コーヒーの飲み過ぎはダメです。

一日三杯程度が適量で、それ以上飲んでも肝臓が良くなるわけじゃありません。

むしろ、肝臓の負担になって、代謝が落ちる可能性さえあります。

飲み過ぎは、他の面でも調子が悪くなってきますからね。

 

コーヒーの肝臓への悪影響

肝臓が良好じゃない時に、コーヒーを飲み過ぎると、高血圧の危険性があると言われています。

肝臓の機能が低下している人は、コーヒーのカフェインも分解できにくくなっています。

もし、肝臓になにかしらの不安を感じている場合は、コーヒーは控えた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーは、肝臓に悪い食べ物じゃなく、むしろ肝臓に関する病を予防してくます。

本当に肝臓に悪いものは、アルコールや糖質、脂肪です。

これらの栄養素は、肝臓を気にするなら控えた方がいいですが、結局は規則正しい生活が大事なのです。

 

そういう意味でも、日頃からコーヒーを適度に飲むことは、予防としてオススメです。

しかし、すでに肝臓の機能が低下してるなら、コーヒーは避けましょう。

その場合においては、コーヒーも肝臓に負担となってしまいます。

 

  1. コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?
  2. 生理中にコーヒーはどう作用する?痛みは和らぐが貧血が心配?
  3. 腎臓の結石|原因はコーヒー?毎日飲んでる人は危ないかも!?
  4. 腎臓にコーヒーは毒か薬か?腎臓の健康状態で影響が変わる!
  5. 胆石をコーヒーが予防!でも頼り過ぎるのは危険かも?
  6. コーヒーは肝臓を守り、あらゆる病を予防する!
タイトルとURLをコピーしました