コーヒー

腎臓にコーヒーは毒か薬か?腎臓の健康状態で影響が変わる!

スポンサーリンク
コーヒー 腎臓コーヒー

コーヒーが好きな人はたくさんいます。

腎臓を気にしてる人にとって、コーヒーの影響は気になりますよね。

 

コーヒーと腎臓の関係を調べると、良いとか悪いとかいろいろ書いています。

それは腎臓の状態によって、コーヒーが毒にも薬にもなるからです。

 

今回は、コーヒーが腎臓にどう影響を与えるのか?

腎臓の状態で変わるコーヒーの作用をまとめました。

 

スポンサーリンク

腎臓にコーヒーは毒か薬か?

コーヒー 腎臓 (1)

コーヒーに含まれている成分が、腎臓にどう作用するのか?

それを知るために、まずは腎臓の働きを知る必要があります。

 

腎臓とコーヒーの働き

腎臓は身体のフィルターのような存在です。

口にしたもので、水溶性のものをろ過して、必要なものと不要なもに分けます。

必要なものは血液に、不要なものは尿として排出します。

 

腎臓が病気になる時は、このフィルターが目づまりを起こして、不要なものが体内に溜まるのです。

老廃物や毒素を履き出せずに、溜めこめば、そりゃ病気にもなりますよね、

 

そこで、コーヒーの力というのは利尿作用です。

利尿作用によって、体内の老廃物や毒素排出が腎臓を助けるのです。

※ただし、この作用が効くのは腎臓が健康な時です。

 

コーヒーは腎臓の負担を減らす(腎臓が健康な時)

コーヒーの利尿作用は、腎臓で仕分けされた不要物を洗い流す手助けになります。

 

腎臓の機能が低下している時は、クレアチンや尿酸値が高くなります。

なぜなら、排出できずに溜まってしまうからです。

そうなる前なら、コーヒーはこれらを掃き出してくれます。

 

利尿作用はコーヒーに含まれるカフェインとカリウムにあります。

でも、腎臓機能が落ちている時に、カリウムの摂取はひかえるよう言われますよね?

腎臓が健康なら、カリウムはむしろとった方がいいんです。

 

スポンサーリンク

腎臓にコーヒーが悪い場合

コーヒーは腎臓が健康時なら、薬になって腎臓を助けてくれました。

しかし、腎臓が悪い時は、コーヒーは逆に毒になってしまいます。

 

コーヒーの腎臓への悪影響

健康時にカフェインやカリウムは腎臓を助けていました。

ところが、腎臓の機能が低下してる時は、この二つはむしろ負担になります。

 

腎臓が悪い時は、体内から不要物を排出できずに溜め込んでしまいます。

コーヒーのカフェインもカリウムもまた、排出できずに溜め込まれてしまうからです。

 

腎臓の病時にカリウムのあるコーヒーは危険

体内のカリウム濃度は、通常なら腎臓がコントロールしています。

しかし、腎臓がそれをできなくなると、血中にカリウムが溜まりやすくなります。

すると、心臓機能が低下したり、骨が弱くなったりしてしまうのです。

 

コーヒー一杯には、100mg程のカリウムが含まれています。

コーヒーの中でも、レギュラーより缶やインスタントの方が多く入っています。

他の食品と比べたら多くはないですが、腎臓が悪い時は控えましょう。

 

カフェインも腎臓に悪い

腎臓が悪い時は、カフェインも排出されずに溜まる要素の一つです。

また、健康時でも注意が必要な場合があります。

 

カフェインの利尿作用が水分不足をまねくからです。

水分不足は尿路結石の危険性が高まるため、夏場など暑い日は水分補給が大切です。

 

スポンサーリンク

コーヒーは腎臓が悪けりゃ、とことん悪

腎臓が悪い時は、タンパク質を控えましょうと言われます。

それはなぜなのか?

実はコーヒーもタンパク質という扱いに入ってしまいます。

 

コーヒーは腎臓にとってタンパク質の要因にもなる危険性

腎臓が悪い時は、老廃物が溜め込まれて排出できません。

この老廃物はどこから来ると思いますか?

タンパク質なんです。

 

脂質、糖質、タンパク質という三代栄養素があります。

脂質と糖質は、体内でエネルギーに変わり、残り呼吸や汗で排出されます。

ただ、タンパク質に関しては、この過程で老廃物が残ってしまうのです。

 

腎臓が悪い時は、老廃物が排出できないので、タンパク質を控えるのはこれが理由です。

コーヒーにもわずかですが、タンパク質が含まれます。

それでも腎臓機能の低下時には、危ういのです。

 

コーヒーは腎臓がんのリスクを下げる

コーヒーの腎臓に及ぼす悪影響ばかり話してきましたが、予防段階ならコーヒーは良いものです。

 

コーヒーはポリフェノールに抗酸化作用があるので、これが腎臓がんのリスクを下げます。

一日に三杯コーヒーを飲む人は、一杯飲む人に比べて発症率が16%も下がります。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーは腎臓にとって毒にも薬にもなります。

腎臓が悪い時は毒となって、負担にしかなりません。

コーヒーのカフェインもカリウムもタンパク質も、腎臓の悪影響を与えるので注意しましょう。

 

しかし、腎臓が健康ならば、コーヒーはむしろ助けとなって、病を予防してくれます。

カフェインやカリウムの利尿作用は、腎臓の不要物排出の仕事を助けます。

ポリフェノールも腎臓がんを予防します。

ただ、健康時でも利尿作用による水分不足は、腎臓にとって悪いので、水分補給は忘れずに。

 

 

コーヒーの健康効果|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク

コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?

生理中にコーヒーはどう作用する?痛みは和らぐが貧血が心配?

腎臓の結石|原因はコーヒー?毎日飲んでる人は危ないかも!?

胆石をコーヒーが予防!でも頼り過ぎるのは危険かも?

肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!

コーヒーは肝臓を守り、あらゆる病を予防する!

タイトルとURLをコピーしました