コーヒー

バターコーヒーの作り方|間違えると味も効果もだいなし

スポンサーリンク
バターコーヒーの作り方コーヒー

ちょっと前に、朝にバターコーヒーを1杯のむだけの、バターコーヒーダイエットが流行りました。

今ではファミマにも普通に売られるようになりましたが、自分で作ってみるのも良いかもしれません。

でも、バターコーヒーは作り方を間違えると、美味しく出来ません。

ダイエットに限らず、美味しいバターコーヒーをのみたい!

そんな人のために、バターコーヒーの作り方をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方ですが、使う材料が決まっていて、それを間違えると味の面でも効果の面でも、ダメになっちゃうので注意。

 

バターコーヒーの作り方|決まった材料

バターコーヒーに必要な材料は全部で3つ。

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター
  • MCTオイル

 

グラスフェッドバターは、牧草を食べて育った牛から作られた無塩のバターです。

普通のバターより、健康に良いと言われてる不飽和脂肪酸が多いのが特徴。

 

MCTオイルは、ココナッツオイルなどヤシ科の油で、すぐにエネルギーに変換されて、脂肪に付きにくいのが特徴。

 

バターコーヒーの基本的な作り方

バターコーヒーの作り方は、作り方さえ間違わなければ、簡単っちゃ簡単です。

コーヒー1杯200mlに、グラスフェッドバター大さじ1と、MCTオイル大さじ1をいれて、よくかき混ぜます。

この、「よくかき混ぜる」のが作り方の重要なポイントで、スプーンでかき混ぜるのではなく、フタ付きの容器にいれてシェイクするか、ミキサーを使って、泡立つほどに混ぜます。

 

よく混ぜないと、バターやオイルが表面に浮いた、油っぽくて、それぞれが分離したバターコーヒーになってしまいます。

バターやオイルはクセのある味なので、最初は少なめの作り方が良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

最強のバターコーヒーの作り方

最強のバターコーヒー 作り方

美味しいバターコーヒーを売るお店で、「最強のバターコーヒー」があります。

そこでは、どんな作り方をしてるのでしょうか?

 

最強のバターコーヒー(お店)での作り方

バターコーヒーの作り方は、だいたい同じです。

ステンレスフィルターでドリップしたコーヒー250mlに、グラスフェッドバター15gと、お店が出してる「最強のMCTオイル」を15cいれて、クリーマーで泡立つまでよくかき混ぜて、完成です。

バター15gって、見るとけっこう量多いんですよね。

材料はお店で販売しているので、同じ物を買って作り方をマネ出来ます。

 

コーヒーとバター|作り方を間違うと…

コーヒーに入れるバターは、なるべくグラスフェッドバターを使った方が良いです。

グラスフェッドバターに不飽和脂肪酸が多いと言いましたが、不飽和脂肪酸が多いと、低い温度で溶けやすんです。

つまり、牛脂とかよりもサラダ油みたいなサラサラしていて、コーヒーにもよく馴染んで溶けます。

また、一般的なバターは、飽和脂肪酸が多いので、体に溜まりやすい傾向があり、ダイエット向きではありません。

 

加えて無塩なので、強すぎず、ほのかな優しい甘さを感じさせてくれます。

普通のバターだと、溶けづらい上に、塩気や味の主張が強いので、キツい味になってしまいます。

バターコーヒーで、ダイエット効果も期待するのであれば、グラスフェッドバターは欠かせません。

 

 

スポンサーリンク

バターコーヒーでダイエット|作り方の注意

バターコーヒーでダイエット

バターコーヒーでダイエットをするなら、

効果が重要になるので、

ここでも作り方を間違うと効き目は低くなります。

 

バターコーヒーダイエット|作り方の注意|砂糖は入れない

 

「砂糖はいれないんですか?」

バターコーヒーを売ってるお店で、よく聞かれるらしいです。

 

ダイエット目的にのみに来る人達ばかりじゃないので、

バターのほのかな甘みだけじゃ物足りない人が、

砂糖で甘くしたら美味しいのにと思うようです。

 

でも、砂糖をいれたらバターコーヒーの効き目は台無しです。

 

バターコーヒーはのんでも脂肪に付かないで、

脂肪の燃焼を進め、脂肪からエネルギーを作る体にしてくれます。

だから、そこに砂糖みたいな糖質は、

その仕組みを変えてしまう邪魔物でしかないんです。

 

バターコーヒーの作り置きってどうなの?

 

バターコーヒーは作り方が簡単なようで、毎日とかだったりすると面倒です。

だったら一気に沢山作って、作り置きしとけば楽ですよね。

 

でも、残念ながら作り置きはあまりよろしくないです。

 

コーヒーもバターも空気や熱での酸化が激しいのと、

冷やして置いておくにしても、

バターやオイルが固まってしまうので、結局またかき混ぜることになります。

 

なので、作り置きはあまりオススメ出来ません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

バターコーヒーの作り方は、単純で簡単ですが、

正しい材料と、正しい作り方じゃないと、

味も効果もイマイチになってしまいます。

 

バターコーヒーの作り方での失敗談は多く、

美味しさと効果を求めるなら、

材料費や手間はケチらないで、中途半端より本物を目指しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました