バターコーヒーはカルディのインスタントで手軽に飲める

ダイエットに有効で、一躍話題になったバターコーヒー。

 

ただコーヒーにバターをいれるものかと思いきや、

普通のバターじゃなく、

高価なバターと高価なオイルを使った特別なコーヒー。

 

バターコーヒーをダイエットで、毎日の食事に取りいれると、

つくるのも材料を揃えるのも面倒ですよね。

 

そこで今回は、

カルディが出してるインスタントのバターコーヒーを紹介します。

 

バターコーヒーはカルディで手軽につくれる

カルディ バターコーヒー

カルディでは、

コーヒーにいれるだけで簡単にバターコーヒーをつくれる、

魔法の粉があるんです。

 

バターコーヒー|カルディのインスタント

 

カルディが販売してるのは、

「Butter Coffee Powder」

という、コーヒーにいれるだけでバターコーヒーが出来てしまう、

インスタントの粉末です。

 

Butter Coffee Powderには、

バターコーヒーに欠かせない、

グラスフェッドバターとMCTオイルの成分が入っています。

 

Butter Coffee Powderだけでバターコーヒーは出来ず、

コーヒーにいれるとバターコーヒーが出来上がります。

つまりグラスフェッドバターとMCTオイルの粉です。

 

バターコーヒー|カルディのインスタントの成分

 

詳しくButter Coffee Powderの成分を見ると、

 

原材料はこちら

バターオイルパウダー(バターオイル、脱脂粉乳、ホエイパウダー)(国内製造)、MCTパウダー、ミルクカルシウム/香料

 

Butter Coffee Powderには、グラスフェッドバターのかわりに、

ギーが使われてます。

 

ギーとは、無塩の発酵バターを煮詰めてつくったバターオイルの一種。

 

グラスフェッドバターのかわりでつくるバターコーヒーもけっこうあって、

くわえて粉にしたMCTオイルも入ってるので、

成分的には完璧にバターコーヒーです。

 

バターコーヒー|カルディのインスタントのすごさ

バターコーヒー  インスタント

カルディのButter Coffee Powderはインスタントですが、

この特徴は液体のコーヒーとセットで、バターコーヒーをつくれること。

 

バターコーヒーの持ち歩きが出来る

 

カルディのButter Coffee Powderは、

コーヒーがないとお湯だけじゃバターコーヒーはつくれません。

 

逆に言えば、コーヒーに粉をいれるだけなので、

持ち歩いて、出先でコーヒーを頼めば、

全てバターコーヒーに変えることが出来ます。

 

コンビニやカフェで頼んだコーヒーも、

バターコーヒーに変えることが出来ます。

 

バターコーヒーを安く飲むならカルディ

 

カルディのButter Coffee Powderは、

10本入りで498円。

ということは、1杯約50円。

 

コーヒー代は別ですが、

気分でコーヒーをサッとバターコーヒーに変えられるのは良いですよね。

 

ただ、カルディのButter Coffee Powderは人気商品で、

ネット販売を見ても、一日の受付件数があるようで、

すぐ無くなってしまうようですね。

 

バターコーヒー|カルディにあるもので作る

バター

カルディにはインスタントのほかに、

グラスフェッドバターやMCTオイルもあります。

これらで本格的につくる事もできます。

 

コーヒー用バターもカルディで買える

 

カルディにはグラスフェッドバターもあります。

 

「バランタイン グラスフェッド発酵バター」

無塩のバターで、250gで1498円。

 

グラスフェッドバターはネットなら色々とありますが、

実際にお店で手に入る所は少ないです。

 

MCTオイル|コーヒー用でバターと一緒に

 

カルディにはMCTオイルもあります。

 

「ココティエ MCTオイル」

100%ココナッツ由来で、無味無臭のほのかな甘さがあるとのこと。

236gで1393円。

 

これでカルディに行けば、

まとめてバターコーヒーに必要なものは手に入ります。

 

チャコールバターコーヒーがカルディに売ってる?

 

ちなみに、カルディのバターコーヒーパウダーの他にも、

インスタントでお湯を注げばバターコーヒーが出来る、

「チャコールバターコーヒー」があります。

 

なにやらその見た目から「カルディに売ってそう」、

「カルディで見たような…」という人がちらほらいるようですが、

 

実際にカルディにはないので注意しましょう。

チャコールバターコーヒーが手に入るのは、カルディじゃなく、

Amazonです。

 

まとめ

 

バターコーヒーを手軽にのめる、

カルディのButter Coffee Powderを紹介しました。

 

コーヒーにいれれば、バターコーヒーが作れちゃう優れもの。

持ち運びが可能なので、

コーヒーさえあればどこでもバターコーヒーをつくれます。

 

カルディでは、それ以外にもちゃんとバターコーヒーをつくりたい人のために、

バターコーヒーに必要な、グラスフェッドバターとMCTオイルを置いていて、

バターコーヒーを自分でつくりたいなら、カルディに行けば解決です。

 

ただし、人気商品なので売り切れには注意。