コーヒー

コーヒーと紅茶|カフェインや効果の違いは?混ぜると美味しい!

紅茶コーヒー

ちょっと一息つきたい時や食後には、何かのみたくなりますよね。

それが紅茶の人もいれば、コーヒーの人もいます。

 

コーヒーにも紅茶にもいろんな成分が入っていて、身体に良い影響を与えてくれます。

コーヒーと紅茶ってどっちを飲んだ方がいいとかあるんでしょうか?

カフェイン量も気になるところです。

いっそ、混ぜるとどうなるのか?

今回はコーヒーと紅茶の違いや相性についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーと紅茶カフェインの違い

紅茶 (1)

コーヒーと紅茶は、どちらもカフェインとポリフェノールを含んだ飲み物です。

違うようで似てる部分も多い二つ。

成分量や効果などいろいろと見てみましょう。

 

 

コーヒーと紅茶のカフェイン量

コーヒーにも紅茶にも、カフェインが入っているのは、知っていますが、どっちが多くて、どれくらい違うのでしょうか?

カップ一杯に注いだ100mlあたり、コーヒーのカフェインは約60mg、紅茶のカフェインは約30mg、です。

もちろん抽出のしかたや時間でどうしても変わってきますが、おおむね、カフェインはコーヒーの方が紅茶より多いことが分かっています。

 

 

紅茶とコーヒーの健康効果は|カフェインとポリフェノールの効果

カフェイン効果

カフェインというとコーヒーの眠れなくなるきついイメージがありますが、カフェインには覚醒作用だけじゃなく、身体に良い効果もあります。

 

  • 脂肪燃焼でダイエット効果
  • 利尿作用でデトックス
  • 一時的な疲労回復
  • 集中力アップ

基本的には体が活発化するので、その結果上記のような効き目がでます。

 

 

ポリフェノール効果

一方でポリフェノールには抗酸化作用があるので、身体の酸化を防ぎ健康体にしてくれます。

 

  • 血糖値の上昇抑制
  • 脂肪燃焼効果
  • がんや生活習慣病の予防
  • 美肌や老化防止

といった、健康に良い効果ばかりです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーか紅茶か選ぶならどっち?

コーヒーと紅茶ではカフェインは同じ。

ポリフェノールも違いはあれど、だいたいの効果は同じです。

ですが、特有の成分もあります。

 

 

コーヒーより紅茶の方がメリットが多い?

紅茶のポリフェノールはカテキンとタンニン、テアフラビンがあり、この三つは殺菌作用でウイルスや風邪の予防に効きます。

また、テアフラビンは骨密度の維持までしてくれるので、紅茶をよく飲む人は骨が丈夫です。

さらに、紅茶にはコーヒーにないテアニンがリラックスまでさせてくれます。

しかし、コーヒーの香りにもリラックス効果はあります。

 

 

コーヒーと紅茶どっちがいいか?

紅茶の方が殺菌作用があったり、骨密度の維持といったコーヒーにない効果があります。

成分的にはコーヒーも紅茶も、覚醒作用がある一方でリラックス効果があったりします。

そこは成分量の差から、コーヒーは集中したり気合を入れたい時に有効です。

紅茶は、どちらかといえば、リラックスしたい時に適した成分量が多くあります。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーと紅茶を混ぜる?二つは相性がいい

成分的には似かよった二つなので、まぜてみたらお互いの効果を邪魔することなく合いそうですよね。

ただ、味はどうなんでしょうか?

 

香港ではよく飲まれてる コーヒー+紅茶=鴛鴦茶

コーヒーと紅茶をまぜたら鴛鴦茶(えんおうちゃ)になります。

もしかしたら初耳かもしれませんが、すでにそういう名前がつけられて売られています。

香港ではよく飲まれている飲み物で、日本でもコメダコーヒーが出してます。

ミルクやタピオカ、クリームなんかを入れてあまくしたりもしますが、それらが無くてもスッキリして飲みやすく、しっかり味もついた美味しいドリンクです。

 

 

コーヒーと紅茶のギフト|ウェッジウッド

コーヒーと紅茶は鴛鴦茶を代表するように相性バッチリです。

鴛鴦とは仲のいいオシドリを意味します。

なので、この二つはギフトにもピッタリで多くの人に喜ばれます。

 

コーヒーと紅茶がセットになったギフトを一つ紹介します。

「ウェッジウッド ティーバッグ&ドリップコーヒー」

 

高級感ある伝統的な英国のイングリッシュブレックファストと、オリジナルのドリップコーヒーの詰め合わせです。

お祝い事やお香典返しなどいろんな場面で、年齢問わずに使えます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーと紅茶は成分が似かよっていて、とても相性のいい飲み物でした。

日時の風邪から多くの生活習慣病、そしてガンまで予防してくれる素晴らしい効果を持っています。

コーヒーと比べると、紅茶の方が効能の面ではメリットが多く見られました。

また、カフェインが苦手なら紅茶の方がいいでしょう。

 

効果で飲み分けるなら、コーヒーは集中して頑張りたい時に、紅茶はリラックスしたい時におすすめです。

相性がいいので混ぜて鴛鴦茶にして飲むのもいいですね。

ギフトにしてもきっと喜ばれます。

 

 

コーヒーのおすすめの飲み方|ダイエット効果と美味しい組み合わせ

コーヒーの美味しい組み合わせ7選!意外なものもあるかも?

はちみつ珈琲は万能薬!つらい咳止めにも効く!

コーヒーにはちみつはまずい?おいしくする秘訣はミルク!

コーヒーとチョコレートは似たもの同士!ギフトにもぴったり!

コーヒーとココアは何が違う?混ぜたらどうなる?

コーヒーに豆乳は分離してしまう?原因と対策そして効果!

コーヒーに豆乳は効果絶大!あらゆる健康に効く?

カレーにコーヒーは意外と合う!味が複雑になるとおいしくなる

コーヒー✕炭酸は爽快感と刺激の飲料!夏季限定のおいしさ?

タイトルとURLをコピーしました