コーヒーおすすめ

炭酸コーヒーは爽快感と刺激の飲料!今年こそ売れる?

コーヒー 炭酸水コーヒーおすすめ
スポンサーリンク

暑い夏の季節になるとシュワッとした炭酸が飲みたくなりますよね。炭酸飲料といってもあまいコーラから苦いビールまでいろいろあります。

炭酸もいいですし、あとアイスコーヒーもほしくなります。

 

炭酸とアイスコーヒー両方飲みたい。それならば、炭酸コーヒーにしてしまえばいい!

でも、それっておいしいのでしょうか?

今回は謎多き炭酸コーヒーについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーと炭酸は合うのか?

コーヒーに炭酸が入った商品なんて、コンビニに行っても見ませんよね。自分でもコーヒーの炭酸割りをしようとは思わないかもしれません。

 

コーヒーに炭酸水を注いだ炭酸コーヒーとは?

炭酸コーヒーは何度か商品化されて市場に出回ったことがあります。炭酸コーヒーは、ただ単純にコーヒーに炭酸水を注いだものです。

しかし、市場に出てはまたたく間に消えていきました。なぜかは、察しがつくと思います。売れなかったんですね。

 

炭酸コーヒーはあまり人気がなく、まずいという声もあります。企業もいろいろと試行錯誤してきましたが、まだヒット商品化は難しいようです。

 

コーヒーに炭酸水はビールの味?

プリン+醤油で、うに味が再現できるように、違う食べ物を合わせると、まったく別の食べ物の味を再現できることがあります。

コーヒー+炭酸水でもそれが成立し、その味はビールの味に感じられるのです。

 

コーヒーに炭酸水を注ぐと、黄色っぽく色が薄まり泡が発生します。見た目もビールで、味もビール。もちろん、ノンアルコールですが。

コーヒーの苦さは炭酸水で薄めると、ビールの苦さになるんですね。ビールが苦手な人には、まずおいしいと思えないかもしれませんが、炭酸コーヒーをおいしいと言う人もいます。

一つ言えるのは、コーヒーの味とは別物ということです。

 

炭酸コーヒー まずいかも?

ビールの味や苦みが、美味しく感じるようになるには、大人になってからですね。大人になっても、まずいという人もいます。

炭酸コーヒーも、ある意味クセが強いので、まずいという人は、少なくありません。コーヒーが好きな人なら、好むかといえば、非常に微妙です。未だ、試していないなら、怖いもの見たさで、試してみるのもありです。

後述しますが、缶コーヒーで販売されても継続されないのは、味のせいかも知れません。味というより、清涼感を味わう飲み物ですね。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの炭酸割り

炭酸 コーヒー (1)

炭酸コーヒーは、好き嫌いが分かれる飲み物ですが、試しに飲んでみたい人のために作り方と、おいしく飲むためのポイントを教えます。

 

炭酸コーヒーの作り方

炭酸コーヒーの作り方は、いたって簡単です。基本的には、コーヒーと炭酸水を合わせることで、出来上がります。

炭酸コーヒーのレシピを紹介します。

 

一番簡単炭酸コーヒー

コーヒーは、インスタントでもいいので、アイスコーヒーを使います。アイスコーヒーと炭酸水を1:1の割合であわせれば出来上がりです。

割合は、お好みで調整です。

 

コーヒーをアイスにして炭酸水に溶かしながら

まず、アイスコーヒーで氷を作ります。そして、炭酸水に、アイスコーヒーで作った氷を入れて、コーヒー氷が溶けてくるのを楽しみながら、飲みます。

変化していく感じもまた楽しいと思います。

 

ポーションコーヒーを利用する

グラスに氷を入れ、炭酸水を注ぎます。そして、ポーションコーヒーを注ぎます。これも、簡単にできる炭酸コーヒーです。

 

おすすめのワンポイント

ポイントは、レモン汁を入れることで、爽やかでおいしくなります。はちみつやシロップを入れて、あまくするのもありですね。

 

スターバックスの炭酸コーヒー!スタバにもありました

じつは、あのスターバックスでは、夏季限定で炭酸コーヒーを出していました。その名も「コールドブリューソーダ」。

コールドブリューとは、つまり水出しコーヒーです。水出しコーヒーの炭酸版ですね。あまくはないですが、鼻を抜けるライムフレーバーがアクセントになって、夏にピッタリの爽快感のあるスターバックスのドリンクです。

 

しかし、これも好みの分かれる味で、万人受けはしないようです。やはり通年メニューにはならない理由がそこにありそうです。

 

スポンサーリンク

コーヒー入り炭酸飲料|昔から存在した商品たち

コーヒーの入った炭酸飲料は、これまで何度か登場してきましたが、今ではもう見なくなりました。

どんな商品があったのか見てみましょう。

 

bossコーヒーに炭酸 サントリー「BOSS TONIC」

2018年に自販機限定で販売された、コーヒーとトニックウォーターを合わせたドリンク。

コーヒーのカフェインが配合されていて、あまさもあります。

飲んだ人の感想では、「コーヒー飴みたい。昔飲んだガラナみたい。半分で十分」

 

uccコーヒーに炭酸「FULL THROTTLE」 缶190ml

2014年に発売されたスパークリングカフェインのコーヒー缶。

炭酸コーヒーに、甘味とレモンライムのフレーバーが入ったドリンク。

飲んだ人の感想は、「かなりあまい。子供向けコーヒーの炭酸版。期待を裏切らないまずさ」と、低評価が多く目立ちました。

 

ワンダ コーヒーに炭酸の商品「WONDA CONIC」

2019年に発売された、シトラスフレーバーとエスプレッソアロマの入ったトニックウォーター。

西欧で飲まれるコーヒートニックを模しています。

飲んだ人の感想は、「意外とイケる。飲めないことはない。まずくて減らない」

など、賛否両論ですが、去年出た商品とあって、これまでの味を踏まえて研究せれてきたのか、おいしい派が増えた印象です。

 

気になる人は、探せばまだどこかの在庫にあるかもしれませんね。

そして、今後出てくる商品に期待です。

 

炭酸コーヒーの昔

実は、改めて調べてみると、炭酸コーヒーの歴史は意外に古いです。

恐らくは、日本で最初と思われるのは、1954年に東京の鳥井飲料の炭酸コーヒーです。その名は「コーヒーサイダー」らしい。

缶コーヒーの最初は、1975年にアートコーヒーが「コーヒースカッシュ」と思われます。

2013年には、サントリーが「エスプレッソーダ」。

 

度々、販売されるものの、なかなか定着しない炭酸コーヒーです。各社、一度は試したくなる炭酸コーヒーの販売のようです。

スタバの炭酸コーヒーは、毎年時期になると売り出されるので、一定量の需要はあるものと思われる緒ですが。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーと炭酸を合わせた炭酸コーヒーは、どうやらコーヒーとは別の飲み物のようです。

味はビールのようで、好みはかなり分かれます。

商品化もされていますが、需要がないのでことごとく短期間で消えていました。

それでも、年々味が改良されて飲みやすくなってきているのかもしれません。

発売されるのは夏の時期なので、爽快感と刺激のある炭酸コーヒーは、おいしさも期間限定かもしれません。

暑い時期にはあなたも炭酸コーヒーを試してみてはいかがでしょう?

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました