コーヒー

コーヒーとココアは混ぜると?カフェインは?

スポンサーリンク
ココア コーヒーコーヒー

コーヒーとココア

コーヒーは苦くてココアはあまい。

味はぜんぜん違いますがどこか似てますよね。

 

なぜコーヒーは苦くてココアはあまいのか?

その違いはどこから来るのでしょうか?

 

また、違うけど何か似てるだけあって、混ぜみたらどうなるのでしょう?

実は二つをまぜたココアコーヒーという飲み物があるんです。

 

今回は、味は正反対なのにどこか似ている、コーヒーとココアの違いや相性についてをお話します。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーとココアの違い

ココア コーヒー

コーヒーは苦くて大人の飲み物。

ココアはあまい子供の飲み物。

なんとなくそんなイメージがありますが、どこか似ている気がします。

二つはどういう関係なんでしょうか?

 

ココアとコーヒーの違い

ココアの原料はカカオ豆、コーヒーの原料はコーヒー豆です。

両者は同じ熱帯地域が産地になっています。

二つの製造過程を見てみます。

 

ココアの製造過程

ココアは原料のカカオ豆からつくられます。

カカオ豆を砕いて外皮を取り除き、

これを炒ってからすりつぶすと、ドロドロのカカオマスになります。

ちなみに、ここまではチョコレートの作り方とおなじです。

 

ドロドロなのは油脂(カカオバター)が多く含まれているからですが、

この油脂を取り除き、取り除いたかたまりを砕いて粉にしたのがピュアココアです。

ココアがあまいのは、この後、ピュアココアに砂糖や粉状のミルクがまぜられているためです。

 

 

コーヒーの製造過程

コーヒーは原料のコーヒー豆からつくられます。

コーヒーはココアよりずっと簡単です。

 

コーヒー豆を煎ったら完成です。

レギュラーコーヒーならこの後に砕いて粉にします。

インスタントの場合は一度液体にしてから、水分を飛ばします。

産地や原料が豆までは一緒でしたが、製造過程を見ると別物ですね。

 

 

コーヒーとココアは健康面では全然違う

コーヒーとココアは、とても似ているイメージがありますが、実際には原料からして違います。

コーヒーは、コーヒー豆が原料です。

「コーヒーノキ」の種子がコーヒー、コーヒー豆です。

ココアは、カカオマスが原料です。

 

コーヒー豆には、カフェインとクロロゲン酸が含まれており、覚醒作用やダイエット効果などが確認されています。

ココアには、カフェインはあまり含まれていません。

成分であるカカオポリフェノールが、抹消血管を拡張させるので、体を温めてくれる効果が期待できます。

またポリフェノールが活性酸素を抑制しますので、老化現象を抑制する効果も期待できそうです。

これらの効果から、ココアは健康に良いとされています。

 

 

スポンサーリンク

ココアコーヒーの作り方は混ぜるだけ

あまいココアと苦いコーヒーは、真逆の味にみえてどこか親近感があります。

この二つをまぜたらどんな味がするのでしょうか?

それはすでにあなたが飲んだことのある味かもしれません。

 

インスタントコーヒーならココアパウダーと混ぜるだけ|混ぜる割合は

ココアコーヒーの作り方は、インスタントコーヒーを使えば、ものすごく簡単です。

適量のインスタントコーヒーと、適量のココアパウダーを混ぜて、お湯を入れると出来上がりです。

ものすごく簡単です。

 

ココアはすでに砂糖やミルクが入っているからあまいですが、本来のココアは、カカオ100%のチョコレートのように苦いものです。

言い換えれば、ココアパウダーとコーヒーをまぜることは、コーヒー+カカオ+砂糖+ミルクになります。

苦いコーヒーと苦いカカオをまぜて、そこに砂糖やミルクを入れてあまくしたもの。

味のイメージがつきやすいようにいえば、コーヒーかカフェラテにチョコレートを入れているようなもんです。

ほろ苦くてあまい飲み物。

つまりはココアコーヒーって、カフェモカのことなんです。

 

コーヒーとココアを混ぜると名前はカフェモカ

ココアコーヒーは見た目的にホイップクリームやシロップが乗ってませんが、味はエスプレッソにミルクとチョコレートシロップを加えた、カフェモカと同じです。

なので、ココアとコーヒーは相性ばっちりのおいしい飲み物です。

カフェモカが家で簡単につくれるのはいいですね。

 

スポンサーリンク

コーヒーとココア|カフェイン量の違い

コーヒーもココアのカカオも元は似たようなものです。

コーヒーといえばカフェインというぐらい、コーヒーにはカフェインがたくさんふくまれています。

ココアはどうなんでしょう?

 

カフェインはココアにほとんど入ってない

コーヒーのカフェインはカップ一杯(150ml)につき60mgです。

それに対してココアは?

「ココアはやっぱり森永」で有名な森永のサイトでは、「ココアのカフェインはわすか。コーヒーに含まれる量よりはるかに少ない」とありました。

数字があるところだと、ブルボンでは、ココアのカフェインはコーヒーの1/20。

バンホーテンでは、1/10でした。

計測のし方や商品により違いがあるようですが、150mlあたり6㎎とか3㎎で、コーヒーと比べて、圧倒的に少ないことは確かです。

 

 

コーヒー+ココアのカフェイン

ココアのカフェイン量はコーヒーの1/10以下だとすれば、同じ量のコーヒーを飲むより、ココアコーヒーにすれば、カフェイン量は半分近くになります。

カフェインが苦手ならカフェモカにして飲むのも一つの手ですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーとココアの違いや相性をお話してきました。

コーヒーとココアは産地が似ていて、豆から作られるまで似ていましたが、その後の製造過程はだいぶ違っていました。

なにより、ココアのあまさはすでに砂糖やミルクで味付けされていたんですね。

 

ココアとコーヒーは相性がよく、まぜ合わせた味は、よく知られたカフェモカの味です。

ココアにはカフェインが少ないので、カフェインを控えてるなら、

ココアコーヒーを試してみてはどうでしょう?

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました