健康

カフェインレスコーヒーの効果|全て良いわけではない

カフェインレスコーヒー健康
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

カフェインは、既に風邪薬や鎮痛剤などに、使われていることは、既によく知られています。

またコーヒーを飲んでいる人の方が、がんのリスクが少なくなることも分かってきています。

しかし人によっては、カフェインの影響の度合いが大きく作用する方もいます。カフェインの過剰摂取を恐れて、カフェインレスコーヒーに変更するとどんな効果があるのか、注目してみましょう。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの効果

カフェインレスコーヒーとは、通常のコーヒーから、カフェインを90%以上除去したコーヒーです。

ですので、カフェインレスコーヒーの効果を考えるということは、カフェインのデメリットがなくなることと考えることが出来ます。

カフェインレスコーヒーの効果はカフェインのデメリットがなくなること

カフェインの取りすぎで起きやすいと言われるデメリットには次のようなものがあります。ただいずれも個人差があります。

  • カフェインの依存性
  • 頭痛を起こす場合がある
  • 眠れなくなる
  • 胃液の分泌を促進するので空腹時に飲んでしまうと胃痛の原因になる可能性もある
  • 利尿作用が強く影響すると脱水症状につながる可能性もある

ただしいずれも飲み過ぎの場合です。飲み過ぎの目安は厚生労働省や諸外国の各機関でも公表されていますが、あくまでも一般論です。体格の違い、体質の違いがありますので、これ以上飲むと体調が悪くなるという目安を個人レベルで知っておくと良いです。

なぜならカフェインは適量であれば健康に良い効果があるからです。

  • 覚醒効果
  • 集中力がアップする
  • 脳卒中や心臓病のリスクを軽減
  • ガンの予防や肝臓・腎臓の健康効果
  • ダイエット効果

適量であればカフェインは体に良い効果をもたらしています。また個人レベルでカフェイン耐性が低いのであれば、コーヒーの他に、緑茶や紅茶にコーラやチョコレート、それにエナジードリンクや健康ドリンクなどの摂取にも注意が必要になります。

特にエナジードリンクの中には、コーヒーよりもはるかにカフェイン量が多いものが複数あります。カフェイン中毒で病院に運び込まれる事例で最も多いとされるのは、エナジードリンクの飲み過ぎです。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの効果は妊娠中にも安心

カフェインレスコーヒーは、コーヒー好きのお母さんにとって安心できる効果がある飲み物です。

妊娠中には、カフェインが禁止されているわけではありません。

しかし諸外国の食品基準でも、カフェインは一般の件的な成人の半分を目安として示されています。

アメリカ・カナダ・EUでは、妊娠中の女性に対して、1日の摂取量は 200mgとされています。

一般的には、コーヒー一杯(150mlのコーヒー)のカフェインは約90mgですので、一日に2杯飲んだら、それ以上は飲まない方が良いことになります。

でもカフェインレスなら、90%以上が除去されていますので、1杯のコーヒーのカフェインは8〜9mgですから、一日に3〜4杯を飲んでも心配することはありません。

またカフェインは赤ちゃんにも影響します。カフェインの影響度合いは体重との関係性で見ることができます。体の大きな大人にとっては、なんでもない量であっても、赤ちゃんや体が小さい子供には飲ませてはいけません。

授乳中のコーヒー好きのお母さんは、カフェインレスコーヒーにすることで、安心することができます。さらに確実なのは、カフェインゼロのノンカフェインコーヒーです。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーに変えると得られる効果をもっと詳しく

カフェインレスコーヒー

カフェインのデメリットがなくなることがカフェインレスコーヒーの効果であると前述しました。

コーヒーをカフェインレスにすることで、得られる効果をもう少し具体的に解説します。

得られる効果には個人差がありますが、一般的に言われることは次のとおりです。

  1. 睡眠の改善
  2. 頭痛や貧血の改善
  3. 冷え性の改善

カフェインレスコーヒーの効果|睡眠の改善

実は日本人をはじめとして東アジア諸国のお茶を飲む文化のある国の人は、カフェインに対して耐性があると言われます。

カフェインが効きにくいと言われるのです。詳しくは次の記事をご参照ください。

欧米諸国がコーヒーやお茶を飲み始める数百年以上前から日本ではお茶を飲んでいました。そのためカフェインへの耐性が欧米諸国の人よりも強いのかもしれません。

しかしそれでも個人レベルでは、夕方以降にコーヒーを飲むと夜眠れないという人がいます。(欧米のカフェでは午後3時で閉めるお店もあります)中には、コーヒーを飲んだことを忘れてしまい、眠れない理由を悪く考えてしまうケースもあるかもしれません。

そんな人はカフェインレスコーヒーを試してみると良いです。コーヒーを飲んだリラックス感はそのままで、カフェインレスコーヒーの効果で睡眠不足が解消される可能性があります。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの効果|頭痛や貧血の改善

コーヒーと頭痛の関係については、一口で言いにくい関係性があります。

ですので、人によってはカフェインレスコーヒーによって頭痛が抑えられる可能性があるということになります。実は、逆の影響を受ける場合もあるからです。

カフェインを摂取すると、脳の周りの血管を収縮させます。

ですので血流が悪くなることで緊張性の頭痛を起こしやすい人は、カフェインレスコーヒーに変えることで、血管収縮が起きにくくなりますので、頭痛がしにくくなる効果が得られます。

しかし現在コーヒーを毎日飲んでいる方がカフェイン摂取をやめた場合、脳の周りの血管は拡張し血流が増えることで偏頭痛につながる可能性があるのです。

またカフェインにはミネラルの吸収を抑える作用もあります。

カフェインをとりすぎると、鉄分や亜鉛の吸収を邪魔してしまう可能性があるのです。その結果、貧血を起こしやすくなっている方は、カフェインレスコーヒーに変えることで、貧血を防止できる効果が期待できます。

ただ亜鉛の吸収には、コーヒーのタンニンという成分もまたミネラルと結合して、吸収の邪魔をすることがわかっています。

貧血傾向がある方は、カフェインレスコーヒーに変えても効果が見られない場合、ノンカフェインコーヒーにした方が良いかもしれません。

カフェインレスコーヒーの効果|冷え性が改善

適量であれば薬にもなるのがカフェインですが、取り過ぎてしまうとデメリットがあります。

冷え性傾向がある人は、カフェインの取りすぎの可能性があります。

そもそもコーヒーはそんなに飲まないという方でも、紅茶や緑茶はどうでしょう。特に緑茶は、日本人は人によって1日に何杯も飲んでいます。

お茶にもカフェインが含まれています。

適量のカフェインは血行を良くする効果も期待できます。特に末梢血管の拡張し血行が良くなるのです。カフェインには前述のように脳血管を収縮する作用がありますが、抹消血管は拡張するという作用もあるのです。

しかしカフェインは多く取り過ぎてしまうと、自律神経のバランスに悪く影響し、体の冷えを引き起こすと言われています。また利尿作用により、体内の水分が排出されることで体温が下がりやすくなることも、影響していると考えられます。

ですので冷え性傾向がある方は、カフェインレスコーヒーに変える事で、冷え性が改善するという効果が期待できるのです。

またカフェインレスコーヒーも良い効果だけではありません。デメリットもありますので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

カフェインレスコーヒーに変えることで、人によってはいくつかの効果が期待できます。

当記事で紹介した以外に、胃の状態が改善することも可能性としてはあります。しかし空腹時にコーヒーを飲むことでおこる胃液の分泌には、コーヒーのもう一つの主成分であるクロロゲン酸というポリフェノールが影響しています。

カフェインレスコーヒーには、クロロゲン酸が含まれたままですので、改善されない可能性の方が強いと考えられます。空腹時にコーヒーを飲むことを辞めるのが一番の対策です。

胃もたれや胃酸過多の状態にあるのなら、空腹時のコーヒーをやめることです。

関連記事一覧

  1. 健康
  2. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  3. カフェインが効かない!は本当だった!|日本人の場合
  4. コーヒーのカフェイン効果!何時間まで眠くない?
  5. インスタントコーヒーでもポリフェノール効果は同じ?
  6. カフェインレスコーヒーは健康に良いのか?味はまずいのでは?
  7. 亜鉛とコーヒーの気になる関係性
  8. カフェインレスコーヒーの効果|すべて良いわけではない*当記事
  9. ノンカフェインコーヒーの効果|原料はコーヒー豆以外
  10. コーヒーのカフェイン量と比較|コーヒーが1番ではない
スポンサーリンク
コーヒー好きblog