コーヒー

コーヒーは血圧にとって良いの?悪いの?

コーヒーと血圧コーヒー

 

コーヒーを飲むと血圧が上がる、という話を聞いたことがあるでしょうか。

飲み続けると高血圧になってしまうのではないかと懸念する声もあるようですが、実はまったくそのようなことはありません。

コーヒーを飲むことによって、血圧にどのような影響をもたらすのか。

実際良いのか悪いのか、さまざまな視点からご紹介していきます。

 

 

コーヒーを飲むと血圧は上がるの?下がるの?

以前までは、コーヒーを飲みすぎると高血圧になるといわれていました。

それは、コーヒーに含まれるカフェインが一時的に血圧を上昇させてしまうからです。

普段からコーヒーを多く飲まない人がコーヒーを飲みカフェインを摂取すると、一時的な間ですが、血圧が上昇します。

 

しかし、運動をしたときや友人と遊んだ時よりも小さな上昇値であり、数時間で元の数値に戻ります。

カフェインに対する耐性というものは飲み続けることですぐにつくため、定期的にコーヒーを飲んでいれば一時的な血圧の上昇もしなくなります。

 

 

 

実は血圧を下げてくれる飲み物であるコーヒー

コーヒーに含まれている成分の中には、クロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールは抗酸化作用があり、高血圧に良い影響を与えてくれます。

コーヒーと健康に関する大規模な研究も行われており、その中でもコーヒーを3~6杯飲んでいる人の方が、血圧が上がりにくい(出典:スマホ診ラボ「コーヒー、お茶と高血圧予防」より)と報告されています。

 

 

そのため、定期的にコーヒーを飲むことで、血圧を下げてくれる効果を期待できるのです。

研究はまだ終わっておらず、明確に血圧が下がる理由は判明していません。

もしかしたら、ポリフェノールの他にも良い作用をもたらす成分が含まれているかもしれません。

 

 

血圧サージの危険性は?コーヒーと関係はあるのか

普段からカフェインを摂取していない人がコーヒーを飲むことで、一時的に血圧が上昇することはご紹介しました。

コーヒーを飲むことによって上昇する血圧は、歩く時よりも少ない数値ではありますが、他の要因と重なってしまうと「血圧サージ」の危険性もあります。

血圧サージとは、なんらかの要因が重なり血圧が危険なほど急激に上昇する現象です。

 

 

人は、普通に生活をしているだけで血圧が上昇したり、下降したりしています。

コーヒーを飲むことによる血圧上昇もそのひとつといえます。

それ自体は問題がありませんが、血圧を上げてしまう要因が複数重なってしまうと、血圧サージの危険性が高まります。

 

 

例えば、前日に深酒をして起きた次の日の寒い朝に、急に運動をして煙草を吸う。

深酒、寒い朝、急な運動、煙草、このどれもが血圧上昇に関わりますが、一気に行ってしまうことで急激に血圧が上がってしまいます。

コーヒーも同じで、普段から飲み慣れていないという人は、ゆっくりと落ち着ける時間に飲むことで、血圧サージの危険性を回避することができます。

 

 

 

カフェインがもたらす血圧への影響とは?

そもそも、カフェインを摂取すると、なぜ血圧が上がるのでしょうか?

カフェインは、眠気を覚ましてくれるような覚醒作用や、体脂肪の燃焼を促進してくれる交感神経刺激作用といった、色々な作用をもっています。

この中で、交感神経刺激作用が血圧の上昇に大きく影響をします。

 

 

交感神経を刺激すると、人はやる気がでて疲労を感じにくくなります。

体内ではどうなっているかというと、心臓の動きなどが活発になり結果として血圧が上がっている状態です。

この効果は約2~3時間程度しか続かないため、血圧も数時間で元の数値に戻ります。

 

 

コーヒーの効能で血圧が上がるとどうなるの?

コーヒーは、血圧を一時的に上昇させるカフェインを含んでいます。

しかし、血圧が上がることで体にとって良い効果がある場合もあります。

 

 

例えば、冷え性で悩んでいる方は心臓の動きが活発になり血圧が上がることで、体温を上げる効果が期待できます。

低血圧の方などは血圧が上がることは望ましい効能ではないでしょうか?

 

 

しかし、継続的にコーヒーを飲んでいると、カフェインに耐性ができてしまい作用しづらくなります。

そのため、血圧を上げる効果を期待する場合は、飲み続けるのではなく間隔をあけると良いかもしれません。

逆に、血圧を上げたくないという場合は日常的にコーヒーを飲む習慣を身につけると良いでしょう。

 

 

コーヒーに含まれるポリフェノールは血圧を調整する効果あり!

カフェインの作用についてご紹介してきましたが、コーヒーに含まれる成分はカフェインだけではありません。

クロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールも含まれており、このポリフェノールは健康に良いと注目をされています。

長年コーヒーと健康についての研究を行っている機関からは、1日に3~4杯のコーヒーを飲んでいる人は命の危険にかかわる病気になりにくいと研究結果(出典:国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループHP)が報告されています。

 

これは、ポリフェノールに下記のような効果があるためと考えられているようです。

  • 血糖値の改善
  • 血圧の調整
  • 炎症を抑える作用

コーヒーを飲んでいる、飲んでいないという違いだけで結果に差が出るほど、ポリフェノールは体に大きく影響を与えるようです。

 

 

 

インスタントコーヒーでもいいの?血圧への作用の違いとは

手軽に飲めるコーヒーといえば、インスタントコーヒーを思い浮かべる方も多いでしょう。

インスタントコーヒーにも、もちろんカフェインやポリフェノールは含まれていますが、レギュラーコーヒーと比べると含まれる量が異なります。

 

 

レギュラーコーヒーとは、豆を挽いて抽出するタイプのコーヒーのことです。

お店などで飲むコーヒーや、コーヒーメーカを使ってドリップするコーヒーなどが当てはまります。

一方、インスタントコーヒーは粉にお湯を注ぐだけでできるコーヒーです。

 

 

インスタントコーヒーの場合、一度抽出したコーヒーを粉にしているため、含まれているポリフェノールの量も少なくなってしまいます。

レギュラーコーヒーと比べると、5分の1ほどしか含まれていません。(出典:UCCグループ・研究活動ページより)

そのため、血圧を下げる効果をより期待するならば、レギュラーコーヒーをおすすめします。

しかし、カフェインが含まれる量はどちらも変わらないため、血圧の上昇効果を期待する場合は、お好みのコーヒーを選んでみてください。

 

 

コーヒーと血圧の関係とは?

コーヒーに含まれるカフェインとポリフェノール。

このどちらもが血圧と関係していますが、もたらす効果は真逆です。

カフェインによる交感神経刺激作用で血圧は一時的に上昇しますが、ポリフェノールの抗酸化作用により血圧が上がりにくくなります。

飲み方や飲む回数などによって作用は変化するため、自分の血圧の状態をしっかりと把握してから飲むと良いでしょう。

 

 

また、コーヒーにはカフェインが含まれていない、もしくは少量しかふくまれていないコーヒーもあります。

一時的でも血圧の上昇が気になるという方は、カフェインレスコーヒーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

コーヒーの飲みすぎは注意!血圧のためにも正しい飲み方を

高血圧の予防になる、もしくは冷え性改善のためにと、とにかくコーヒーをたくさん飲めば良いかというと、そうではありません。

血圧の上昇作用があるカフェインは、1度に大量摂取をすると体に悪い影響を与えます。

不眠症や脈拍数の増加、血圧も上昇しすぎて高血圧になってしまうなど、飲み過ぎは危険です。

 

 

コーヒーであれば、1日に4~5杯ほどであれば問題がないカフェイン量であると言われています。

しかし、カフェインはコーヒー以外にも含まれているため、コーヒーの飲み過ぎには注意をしましょう。

 

 

血圧の薬とコーヒーの相性は?一緒に飲んで良いの?

現在、高血圧で病院にかかっており、血圧の薬を飲んでいる場合は、飲み物に注意する必要があります。

血圧を下げるための薬として降圧剤があります。

色々な種類がありますが、中にはカフェインと一緒に摂取をすると体に悪い影響を与えてしまいます。

 

他にも、コーヒーに含まれる成分と相性が悪い薬は多くあります。

血圧の薬だけでなく、現在なにか薬を飲んでいるという方は、十分に注意をしてください。

気になる場合は、薬局の薬剤師や医者に相談をするようにしましょう。

 

 

 

まとめ

以前は高血圧になるといわれていたコーヒーですが、実は血圧にも良い影響を与えてくれます。

一時的に血圧の上昇は起こりますが、毎日飲み続けても高血圧になることはありません。

また、飲み続けることで、血圧を下げてくれる働きを持っています。

飲み過ぎには注意が必要ですが、ほっと一息つく際には、ぜひコーヒーを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  1. 尿酸値はコーヒーで下がるって本当?効果と飲み方を紹介!
  2. コーヒーで血糖値を下げる!?コーヒーの正しい飲み方とは? 
  3. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!健康効果!
  4. コーヒーに利尿作用があるのはなぜ?効果的な飲み方紹介!
  5. コーヒー効果|主成分のカフェインとポリフェノールが作用してくれる
タイトルとURLをコピーしました