セブンコーヒー|ミルクも含めたカロリーは?どれくらいなのか

 

セブンイレブンのコーヒー

 

仕事で一息付きたい時や、運転のお供に

ついつい立ち寄っては欲しくなります。

 

それがルーティンとなって、毎日何杯も飲んでいると

カロリーなんかも気になってきませんか?

 

コーヒーだけではそんなになさそうですが、

機械横のミルクはカロリーどうですかね。

 

今回は、セブンイレブンのコーヒーと、ミルクのカロリーについてお話します。

 

セブン|コーヒーとミルクのカロリーはどれくらい?

セブン コーヒー ミルク カロリー

 

セブンイレブンのドリップコーヒー

コーヒー単体ではいったいどれほどのカロリーがあると思いますか?

 

セブンのコーヒーは

・ホットコーヒーR 7kcal

・ホットコーヒーL 11kcal

 

・アイスコーヒーR 9kcal

・アイスコーヒーL 11kcal

 

・キリマンジャロコーヒーR 7kcal

・キリマンジャロコーヒーL 10.5kcal

というふうになっています。

 

Lサイズの場合、ホットでもアイスでもカロリーに変わりはなく

Rサイズだとアイスの方が2kcal多くなっています。

 

見てもらったとおり

コーヒー自体にはカロリーはほとんどありませんね。

 

では、カフェラテはどうでしょう。

・ホットカフェラテR 92cal

・ホットカフェラテL 132kcal

 

・アイスカフェラテR 69kcal

・アイスカフェラテL 105kcal

ミルクが入った途端、一気にカロリーが上がりましたね。

 

機械でカフェラテをボタンを押すと、

最初にミルクが出てきますが、これがカップのほとんどを占めます。

 

その後に出てくるコーヒーはちょっとなので、

セブンのカフェラテはほとんどミルクからなるため、カロリーも多いというわけです。

関連記事

コーヒーには様々な抽出方法があり、それぞれに味の特徴やメリット、デメリットがあります。今回は、「コーヒーを自分で淹れているけど苦味やえぐみを感じる」「ドリップ以外の方法でコーヒーを淹れてみたい」「初心者でも簡単にコー[…]

水出しコーヒーの作り方

 

セブン|ミルク(コーヒーフレッシュ)のカロリーの秘密

セブン コーヒー ミルク カロリー

 

ドリップコーヒーの機械横には

無料で好きなだけ使えるミルク(コーヒーフレッシュ)と砂糖が置いてあります。

 

このミルク(コーヒーフレッシュ)は

一つ5mlあたり6〜12kcalあります。

 

あんな小さいのに、コーヒー1杯分と同じかそれ以上とは驚きですね。

それを2つ3つと入れていけば、あれよあれよカロリーは増えてしまいます。

 

やはりカフェラテと同じように

ミルクだけあってカロリーは高いようですね…

っと、ちょっと待ってください!

 

この一見ミルクなコーヒーフレッシュ

本当はミルクではないことを知っていますか?

 

実はこれにはミルクは一滴も入っていません。

その中身は水と油なんです。

 

正確には植物油脂と水をかけ合わせ、

水と油が混ざるように乳化剤という添加物を加えています。

 

さらに、とろみをつけるために増粘多糖類という添加物が加え

見た目をミルクにするためにカラメル色素で着色し、

PH調整剤で保存をきかせます。

 

ミルクに見えてミルクではないため、腐りにくく、コスパもよいので

コーヒーマシーンの横に置かれて無料で提供されています。

 

カロリーのこともありますが、健康を考えるのであれば

あまり体に良いものではありません。

 

 

セブンコーヒー|セルフミルクとカフェラテのカロリーを比較

セブン コーヒー ミルク カロリー

 

セブンでカフェラテが飲みたい時

 

コーヒーを頼んで自分でミルク(コーヒーフレッシュ)を入れるのと

はなからカフェラテを頼むのとでは

どちらがカロリー的に低いのでしょうか?

 

値段的には、完全にコーヒー+ミルク(コーヒーフレッシュ)の方がお得です。

だって、ミルク(コーヒーフレッシュ)は何個使っても無料ですから。

 

 

ホットのレギュラーコーヒーの場合をみると

コーヒーにミルク(コーヒーフレッシュ)を入れる場合は、

大体1〜3個ぐらいではないかと思います。

 

ミルク(コーヒーフレッシュ)1個12kcalとすると、

3個入れると36kcal

コーヒーの7kcalと合せて43kcal

 

それに比べてホットカフェラテは92kcal

ミルク(コーヒーフレッシュ)7個入れて同じくらいです。

 

コーヒー+ミルク(コーヒーフレッシュ)の方がカロリー的には低いと言えますが

 

カフェラテはミルク多めなので

同じ割合で作ると、ミルク(コーヒーフレッシュ)を入れるほうが

結局はカロリーが多くなります。

 

まとめ

 

セブンでコーヒーを頼むと

コーヒー自体にはほとんどカロリーはありませんでした。

これはサイズを変えても、大きな変化はありません。

 

しかし、ミルクをたっぷり使ったカフェラテでは一気にカロリーが増えます。

サイズの違いでも差は大きくなります。

 

また、コーヒーマシーン横にあるミルク(コーヒーフレッシュ)は

 

容量が小さいので、さほどカロリーは無いように見えますが

それでも、その小ささでコーヒー1杯分のカロリーを持ち

カフェラテと同じミルク量ではそれ以上のカロリーになってしまいます。

 

それでもそんなに沢山入れるものでもないので、

カロリー的に見れば、低くカフェラテを作ることが出来ますが

健康的にみると、あまりおすすめできるものではありません。

関連記事

コーヒーにはダイエットの効果があると言われています。本当にそうなのか、調べてみると、論文がありました。紹介します。そこで、この記事では、コーヒーダイエットのポリフェノール(クロロゲン酸)効果や飲むタイミングなどを詳し[…]

コーヒーでダイエット