コンビニコーヒーショップ

ローソンコーヒーはやはりタンブラーで飲むのがお得で美味しい

ローソンコーヒーコンビニコーヒー
スポンサーリンク

ローソンコーヒーと他のコンビニコーヒーとの大きな違いは、やはりタンブラーとの関係性です。

タンブラーをユーザーに使ってもらうことで、エコになるし、10円割引で囲い込みにもなる。セブンイレブンはきっと意地でもタンブラー対応はしないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローソンコーヒーはやはりタンブラーで飲むのがお得で美味しい

ローソンはやはりタンブラーが注目ポイントですが、他にもローソンコーヒーを飲むために知っておくべきポイントがあります。

当記事はそのまとめ記事ですので、詳しくは各ページの”読んでみる”からご覧ください。

 

ローソンコーヒーのマチカフェ 買い方が変わった

ローソンコーヒー

ローソンコーヒーのコーヒーブランドであるマチカフェが2011年に始まり、少しずつ変化をしてきてきました。当初はファンタジスタという黒いエプロンをしたコーヒーの専任スタッフがいて、コーヒーを入れてくれて手渡ししてくれていました。

現在は、徐々に他コンビニと同じ要領でコーヒーを入れるセルフ方式に変わってきています。

ローソンコーヒーのマチカフェ 買い方が変わった
気がついたら、新型のコーヒーマシンの導入と共に、コーヒーの買い方が変わってました。以前コーヒーを入れてくれていた、黒いエプロンのスタッフさんの姿もなくなりました。

 

 

ローソンのアイスコーヒーの特徴と買い方

ローソンの アイスコーヒー

セブンイレブンの独走状態は、ホットコーヒーにおいては顕著ですが、アイスコーヒーについては、どうなんでしょう。

戦略的に取り入れたタンブラーは、ホットコーヒーは熱いまま、アイスコーヒーはやはり冷たいことと、周りに水滴がつかないので、置き場所を濡らしてしまうことを考えなくていいので、気楽にアイスコーヒーを飲めます。

またマチカフェで夏に扱う飲み物はとても数多くバリエーションがあります。ラテの種類も多いですし、ラテ付きの満足度はとても高い気がします。

ローソンのアイスコーヒーの特徴と買い方
ローソンのアイスコーヒーのカップがプラスチック製から、紙製に変わりました。エコなんですね。だったら、タンブラー持ち込みがさらにエコ。そして、氷も溶けにくいし、ぬるくなりにくい。コーヒーマシンもタンブラー用途も考慮してると思われるサイズ感。

 

 

コンビニコーヒーのカフェインレスはローソン!カフェイン量比較

コーヒー カフェイン量 コンビニ

コーヒーの健康作用がさまざまに効果があることが発見されています。しかし、一方では個人差によって、カフェインが苦手という方もいます。

そんな方には、ローソンでカフェインコーヒーを飲むことができます。カフェインがダメという方は、本来はカフェインが完全に入っていないコーヒーが良いのかもしれません。一般的にはカフェインレスコーヒーとは、コーヒーからカフェインを除去したものです。ですので、僅かにカフェインを含んでいるものです。

コンビニコーヒーのカフェインレスはローソン!カフェイン量比較
コンビニのドリップコーヒー 安いし美味しいですよね。 運転中や仕事で一息付きたい時は、立ち寄って飲みたくなるものです。 そして、ついつい何杯も飲んでしまいます。 でも、こんなに沢山飲んで大丈夫かなって...

 

 

ローソンのコーヒー豆・自宅でもマチカフェの味が楽しめる?

ローソン コーヒー 豆 (1)

マチカフェ10周年にローソンは、マチカフェのコーヒー豆を販売を始めています。

これで、ローソンで販売しているコーヒーを自宅でも飲めるのかと言いますと、実はローソンのマチカフェコーヒーは、エスプレッソ抽出なので、自宅にエスプレッソマシンをお持ちでない方だと、何か違うという味になると思います。

焙煎やブレンドなどに配慮された豆ですので、美味しいコーヒーが入れられると思いますが、自宅でコーヒーを飲む方が一番利用している抽出方法は、ドリップです。

ドリップ式とエスプレッソ式では味が全然違いますので、スッキリした味に感じられるはずですエスプレッソ式は、ブラックも美味しいですが、ラテにして飲む方が多いので、コーヒーの味は濃い方が美味しく感じます。

ローソンのコーヒー豆・自宅でもマチカフェの味が楽しめる?
マチカフェで使われているコーヒー豆が、マチカフェ10年記念で、2021年2月から販売されている。自宅でローソンのコーヒー豆でコーヒーを入れたときに、味が違うと感じた人。それはマチカフェのマシンがエスプレッソ抽出だから濃いめに出るからです。

 

 

ローソンコーヒーでタンブラー持ち込みで割引!やっぱりお得!

ローソン コーヒー タンブラー

ローソンコーヒーの特徴といえばタンブラー利用が認められている事とささやかながら、10円割引も魅力です。(セルフマシンの場合は対象外)

タンブラーが利用を認められていることは、かなり好印象です。保温保冷が可能になりますし、夏はアイスを入れると、コップの周りに結露ができてしまいます。水滴で机の上を汚してしまう可能性が高いですが、真空断熱のタンブラーなら、そんな心配も不要です。

ローソンコーヒーでタンブラー持ち込みで割引!やっぱりお得!
タンブラーでコーヒーを飲むならローソンが得です。他コンビニは積極的ではありません。タンブラーを選ぶときには、マシンに収まるサイズに注意。メニューをオーダーするときには、容量にも気をつけて。

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. コンビニコーヒーの比較とタンブラー
  2. ローソンコーヒーはやはりタンブラーで飲むのがお得で美味しい*当記事
  3. コンビニコーヒーのカフェインレスはローソン!カフェイン量比較
  4. ローソンコーヒーのマチカフェ 買い方が変わった
  5. ローソンのアイスコーヒーの特徴と買い方
  6. ローソンのコーヒー豆・自宅でもマチカフェの味が楽しめる?
  7. ローソンコーヒーでタンブラー持ち込みで割引!やっぱりお得!
タイトルとURLをコピーしました