コーヒー

緑茶コーヒーの作り方|簡単だが注意点あり!代用も可能

スポンサーリンク
緑茶コーヒーの作り方コーヒー

緑茶とコーヒーを混ぜるだけで作れる緑茶コーヒーは、作り方はとても簡単です。

この緑茶コーヒーがダイエットに効果的と言われて、緑茶コーヒーダイエットなるものが流行っています。

作り方は緑茶とコーヒーがあれば良いので、簡単お手軽ですが、物はインスタントやペットボトルでもいいんでしょうか?

緑茶とコーヒーの作り方の割合は?

緑茶以外のお茶でも、同じ作り方でいいのか?

など、緑茶コーヒーの作り方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

緑茶コーヒーの作り方

緑茶コーヒーの作り方

緑茶コーヒーの作り方はとっても簡単です。

誰でも出来る作り方なので、ぜひ試してみてください。

 

作り方はコーヒーと緑茶を混ぜるだけ・注意点は

カップ1杯分の緑茶コーヒーの作り方は、以下の通りです。

緑茶100mlと、ブラックコーヒー100mlを混ぜます。

緑茶コーヒーの作り方は、それだけです(笑)

 

どちらかに、どちらかを注ぐだけの作り方です。。

作り方の割合は、コーヒーと緑茶を1:1で作ります。

 

コーヒーも緑茶も、材料は、インスタントでもペットボトル飲料でもなんでもありの作り方です。

つまりは、緑茶のカテキンやテアニン、コーヒーのポリフェノールやカフェインといった成分が、ちゃんと入ってれば、作り方としてはOKなのです。

ただし、作り方の注意点は、砂糖やミルクは入れないことです。NGです。

ダイエット目的で飲む場合の作り方としてなら、の話です。

 

でも、たぶんダイエット志向の人がほとんどだと思います。

砂糖がNGの理由は、血糖値を上げ、糖質なので脂肪として体に溜まる可能性があるからです。

ミルクのNG理由は、コーヒーのポリフェノールの吸収を下げてしまうからです。

 

緑茶コーヒーの味

気になる緑茶コーヒーの味ですが、まろやかで飲みやすいブラックコーヒーといった感じ。

ブラックコーヒーが苦手な人には、飲みやすく感じると思います。

ブラックコーヒーが好きな人だと、薄くて物足りなく感じるかもしれません。

 

口コミを見ると、「意外とおいしい!」、「これなら続けられそう!」という意見が多くありました。

もちろん、中にはおいしくないという人もいますが、割合としてはおいしい派が多いようです。

 

スポンサーリンク

緑茶コーヒーの作り方|緑茶を他のお茶で代用

緑茶コーヒーの作り方

緑茶コーヒーは、成分さえちゃんとあればいいので、作り方は緑茶じゃなくても、他のお茶で代用できます。

 

でも、どのお茶が、代用するのには向いているのか?

緑茶に含まれているカテキン、カフェイン、テアニン。

この3つの含有量を他のお茶と比べてみます。

 

カフェイン比較|コーヒー、緑茶、その他のお茶

カフェインがお茶の種類で、どれくらい違うのか比較してみます。

カフェインには、覚醒作用と、血糖値上昇、脂肪燃焼効果があります。

「日本食品標準成分表 2015年版」によると、100mlあたりの中に含まれるカフェイン量は、

  • コーヒー 60mg
  • 煎茶 20mg
  • ほうじ茶 20mg
  • 烏龍茶 20mg
  • 紅茶 30mg
  • 玉露 160mg

 

緑茶といっても、烏龍茶と紅茶以外はほうじ茶も含めて緑茶なんですけどね。

カフェインはコーヒーにもあるので、作り方はどのお茶でも良さそうですね。

 

 

緑茶コーヒー|量(カテキン)比較|その他のお茶

次は色んなお茶のカテキンの量を比較してみます。

カテキンは、腸内環境を整え、血糖値を抑え、脂肪燃焼に効果があります。

 

『図説 食品成分表』によると、150mlのお茶に含まれているタンニン(カテキン)は、

  • 玉露 16.9mg
  • 煎茶(中) 44.3mg
  • ほうじ茶 53.2mg
  • 烏龍茶 70mg
  • 紅茶 103mg

 

カテキンは重要成分ですが、どのお茶にもしっかり入ってるので、作り方は他のお茶でも大丈夫そうです。

むしろ、緑茶以外の烏龍茶や紅茶の方が多いようです。

 

緑茶コーヒー|量(テアニン)比較|その他のお茶

次は、テアニンの量を比較してみます。

テアニンにはカフェインの覚醒作用を打ち消すリラックス効果と、過食予防の効き目があります。

同じく『図説 食品成分表』によると、150ml中のテアニン(アミノ酸)の量は、

  • 玉露 33.1mg
  • 煎茶(中) 40.1mg
  • ほうじ茶 4.3mg
  • 烏龍茶 30mg
  • 紅茶 49mg

 

ほうじ茶が少ないですが、その他のお茶はおおよそ同じくらいです。

テアニンも重要成分なので、作り方次第で効果は落ちてしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

緑茶コーヒーの作り方について説明しました。

といっても、作り方は、ただ緑茶とコーヒーを同じ分量で混ぜ合わせるだけです。

お茶もコーヒーも、成分さえ入ってれば何でもよく、インスタントでもペットボトル飲料でも、作り方は同じでかまいません。

ホットでもアイスでも、作り方は同じでOKです。

 

緑茶以外のお茶に変えても代用が出来ます。

作り方も同じです。

ただ、お茶の各成分(カフェイン、カテキン、テアニン)を調べていて一つ気になったことがあります。

どのサイトもこの3成分の比率がてんでバラバラなのです。

 

おそらく、お茶をいれる時の温度や抽出時間で変わってくるのだと思います。

ですが、基本的にどのお茶も3つの成分は入っているので、あまり気にすることはなくていいですが、緑茶だと成分のバランスが取れているので、基本的には緑茶での作り方がオススメです。

一番は自分が飲みやすく、ダイエットを続けやすいものがいいので、自分に合う作り方を見つけてみてはどうでしょうか。

 

 

  1. コーヒーのおすすめの飲み方|ダイエット効果と美味しい組み合わせ
  2. コーヒーダイエット色々!痩せるには緑茶やバターを入れて効果UP!
  3. 緑茶コーヒーのダイエットの効果|作り方と痩せない場合
  4. 緑茶コーヒーの効果効能について|果たして期待できるのか
  5. 緑茶コーヒーダイエット|口コミから見る!本当に痩せる?
  6. 緑茶コーヒーで痩せない理由は何?痩せるまで時間がかかる?
タイトルとURLをコピーしました