コーヒーの挽き方で味の違いが出る!あっさりから濃い・苦いまで

ご自宅でコーヒーを入れていますか?

コーヒーを入れる際、抽出器具を揃えることや抽出方法を知ることは

もちろん必要なステップです。

 

その中でも「コーヒー豆の挽き方と量」を知っておくことは美味しいコーヒー

入れるには欠かせないポイントです。

 

この記事を読んでいただけますと、

「美味しいコーヒーを入れる為の豆の挽き方」がご理解いただけます。

では、解説してまいります。

 

 

コーヒーの挽き方で味の違いがでる

コーヒー 挽き方 味の違い

 

コーヒー豆の挽き方には、まず挽き具合による段階があります。

【粗挽き/中挽き/細挽き/極細挽き】と大きく分けて4段階あります。

名前の通り、粗挽きがコーヒー豆を挽いた時、コーヒー豆一つひとつが大きいのが特徴です。

一方、細挽きになるとコーヒー豆を挽いた時、コーヒー豆は一つひとつ細かいのが特徴です。

 

また焙煎の具合によっても異なります。

浅煎りよりも、深煎りの方が、カフェインが抜けている分、軽くなっています。

ですので、深煎りの豆の場合は、豆の量を少しだけ多めにする方が良いです。

 

挽き方(粗挽きから極細挽きまで)と焙煎度合いによる豆の量を調節することで、良い味が出るように調整してみると良いです。

 

挽いた時の豆の大きさが違うため、お湯とコーヒー豆が触れる面積も必然的に変わります。

粗挽きと細挽きでは豆の大きさが違う為、同じ方法でコーヒーを入れたとしてもコーヒーの味に大きく差が出るのです。

 

コーヒーの挽き方で味の違い|あっさりから濃い・苦いまで

コーヒー 挽き方 味の違い

 

コーヒーの挽き方によって味が変わることをお伝えしてきました。

では、実際に挽き方によってどう味が変わるのでしょうか?

 

ハンドドリップで入れた場合の味の違いを、

粗挽き、中挽き、細挽き、極細挽きの4段階で分けて説明します。

 

結論からお伝えすると、

・粗挽きで入れたコーヒーはあっさりしたコーヒー。

・中挽きで入れたコーヒーはバランスのいいコーヒー。

・細挽きで入れたコーヒーは濃いめのコーヒー。

・極細挽きで入れたコーヒーはとても濃く、苦味のあるコーヒー。

となります。

 

合わせて、焙煎具合によって、豆の量を調節することも加えて下さい。

 

抽出器具によって、企業がおすすめする挽き方ももちろんありますが、

ハンドドリップなどご自分で入れる時は気分に合わせて

このようにアレンジして楽しむことができますよ。

 

 

コーヒーの挽き方で味の違いがでる|そして美味しいコーヒーを入れる方法が違う

コーヒー豆の挽き方によって味がどう変わるか

粗挽き〜極細挽きではコーヒーの味がまるで大きく変わります。

そしてコーヒーを入れるのに様々な抽出器具があります。

抽出器具によって美味しいコーヒーを入れるのに適した挽き方があるのでご紹介します。

 

ポイントは、コーヒーを抽出している間、お湯と接する時間が長いほど粗くします。

 

コーヒーの挽き方|粗挽き

コーヒープレス、パーコレーター、ネルドリップなどに向いてます。。

 

コーヒーの挽き方|中挽き

コーヒーメーカー、ハンドドリッパー、サイフォン、直火式エスプレッソマシーンなど。

 

コーヒーの挽き方|細挽き

水出しコーヒーなど。

 

コーヒーの挽き方|極細挽き

エスプレッソマシン(ポンプ式、ピストン式)など。

 

例えばですが、コーヒープレスで入れる際、コーヒーとお湯が接する時間が長いので粗挽きがおすすめです。

しかし極細で抽出したら、コーヒー豆とお湯が接する面積が増えるため、とても濃く苦味が強すぎるコーヒーとなってしまいます。

抽出器具にあったおすすめの挽き方で入れることで、バランスのいい美味しいコーヒーを入れることができますよ。

 

 

 まとめ

ここまでコーヒー豆の挽き方がなぜ大切か、挽き方によって味がどう変わるのか、

そして抽出器具によっておすすめの挽き方についてご紹介してきました。

 

お店でコーヒー豆を挽いてもらうお時や、ご自分でミルを使って挽く時の参考になると幸いです。

ぜひこちらの記事を参考に、コーヒーの挽き方にこだわって美味しいコーヒーを入れてみてください。